読書の欠片ネタバレあり
10≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12
スポンサーサイト  [Edit]
-------- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
|
ぶらんこ乗り  [Edit]
2006-11-02 Thu
 ぶらんこをこぐのが誰よりも上手だった小さなおとうと。今はもういないおとうとが、4歳の時からおはなしをいくつもいくつも書いてきたノートを開きながら、高校生の「私」はあの頃を思い出す。天才と呼ばれ、声を失い、庭の大きなぶらんこで夜通しどうぶつたちの言葉に耳をすませて、必死にこっち側にしがみつこうとしていたおとうとのことを。

 どんな話だったか書こうとするのはむずかしい。理不尽で不幸な出来事だとか家族の絆とか、ストーリーとかテーマとか、そういうのじゃあないのです。ただ、多分ひとりだけ違う世界に生まれ落ちてしまったおとうとの孤独な世界に、その弟からはきっと手の届かない星のかすかな輝きのように見えてただろう、小さな灯りがぽつぽつと灯っているかのような、そんなものがたりでした。語り手は姉なんだけどね、読んでる間おとうとといっしょに「あちら側」からこっちを見ていたような気がする。もちろんおとうとのいた世界がどんなところだったのか、どれほどの孤独を抱えてきたのか、それは共感なんかできるわけもないんだけど、彼が姉や犬や家族の引力にどれだけか救われてただろうと思うとぎゅーっと締めつけられるのだ。「ときどき暗闇で小箱から取り出すように思いかえす」ものがたり、というのが一番近いかもしんないです。

 やっぱり普通の名前はないのだね。今回は宮沢賢治というより星の王子さまのような印象でしたが。でも例えばおとうとの声やはんぶんだけ毛が生えていることに意味のある犬や、動物たちが教えてくれたというおはなしに何か寓話を読み取るというよりも、解説にあったように「偉大なウソツキ」って思うのがピッタリな感じです。そしてこれだけ悲劇が来る~来る~という予感をずっと忍ばせておきながら、沈みっぱなしにせず最後にはそっとみんな掬い上げてくれるのね。出てくる人物のせいかユーモアのある文章のせいか、意外と力強い読後感も残ります。学生時代吉本にスカウトされたというのもあながちウソじゃないかもしんない・笑。おとうさんの作った小箱の話や、300本の発毛剤、冬の動物園が好きだったな。

ぶらんこ乗り いしいいんじ(新潮文庫)
novel | いしいしんじ
CM:0 | TB:0 |
プラネタリウムのふたご  [Edit]
2006-10-10 Tue
 山間の村のプラネタリウムで拾われたふたごの赤ん坊は、泣き出したその時にドーム上に輝いていた彗星の名をとってテンペルとタットルと名付けられた。三方をパルプ工場に、北側を禁猟区の山に囲まれたその村で、解説員の泣き男を父とし、日に六回ずつ日の出と日没、季節ごとに移り変わる夜空を見て一緒に育ったふたごは、やがて訪れた手品師の一行をきっかけにそれぞれ別々の空の下で生きていくことになるー

 初いしいしんじ。主に通称やあだ名で呼ばれる人々と、どこか外国のようでいてでも少し前の日本にも思えるような風景の物語は、宮沢賢治に通じるような印象がありました。かっちりした名前で規定されない世界は境界が緩やかで、今自分がいる世界と重なってすぐ側に存在しているかのようで、普通に道を歩いていたらいつの間にか入り込んでいたみたいな。そこではテンペルとタットルが村人や遠くから働きにきている工員たちに手紙を配達し、プラネタリウムでは時々風船が舞ったりのアクシデントがあっても季節ごとに変わらずに空を映し、山では冬の解禁期だけは男たちが山言葉を使って熊を追っている。目に見えない「まっくろくておおきなもの」に囲まれていた世界でそれでもささやかな出来事に彩られていたふたごの日常は、手品師としての道を歩き出したテンペルとプラネタリウムで時々オリジナルの解説をするようになったタットルとに分かれてからも、特別ドラマティックに転がり始めるわけではなく、でもやっぱりそれぞれささやかな出来事で淡く塗り重ねられていくのだ。

 「どんな話」かと聞かれればそんな感じで(限りなくアバウトな感想)、「何の話」なのかと聞かれれば、私にはふたごの人生の物語と言うよりも、同じ星の下で緩やかに繋がった世界の話だなーという気がしたな。「うしろにまわした六本目の指を、みんな密やかにつなぎあっている」…それは手品師だけの世界のことではなく、人生の中で深く関ったひととの間にはきっと遠くにいても繋がっている特別な空間が生まれるのだ。とは言っても観念的宗教的な意味で繋がってるわけでも独りでも大丈夫ってことでもなくて、同じものを見て同じものをきれいだと言い合える誰か、心を慰めてくれる自分以外の誰かの存在を必要とする人間の姿がそこから浮かび上がってくるわけで。プラネタリウムが映し出す宇宙とちっぽけなひとの世界、どちらもちょっと淋しくて読みながら心許なさにざわついたりもしたんだけど、確かに側に在ると感じられる存在に支えられて意外なほどの強さで着地できたような気がする。

 というわけで、個人個人の人生に何が起きてもそれを包む世界の方はいつも変わらない凪のような静けさが全編を覆ってましたが、テンペルサイド・タットルサイドともざわざわと気持ちを揺らすエピソードがあってそれもよかったな。タットルの語るくらやみやかぜの鳥のものがたり。犬を失った後の兄貴の舞台はまるで目の前で見てるみたいに鳥肌が立ったよ…。泣き男も兄貴も栓ぬきも最初はみな独りでそれを淋しいとも思わずに生きていたけれど、誰かが側にいるというそのことが彼らの世界を動かしていくんだね。最初はふたりだけの小さな世界で生きていたテンペルとタットルもまた然り。決して楽しく幸せなだけの物語じゃないのに後味が悪くないのは、何も求めず関わらず生きていた時よりも空っぽじゃないから。宇宙の3分の2を占める「くらやみ」のように、そこに何かあると思えるからかもしれません。

 プラネタリウム行きたいなー…

プラネタリウムのふたご いしいしんじ(講談社)
コメントを読む(4)
初  by いわし
だったんですね。
プラネタリウム、行きたくなりますよね~。
そして兄貴の舞台は本当に見ているかのようにドキドキと読みました。
初でした  by banri
ちわです。いわしさんは他のも読んでたんだっけ。
後からいわしさんの感想読み直して「だから子供は~」の部分に納得・笑
でも想像してたより前向きな作風だったような。
兄貴の舞台のとこは一番鮮烈だったかも…他が割と淡々としてるだけにあそこのぎゅっと詰まった濃密な空気にはクラクラしましたねえ。
  by いわし
読もうと思いつつ、まだこれ一冊です。
そうですね、前向きですね。淡々と前向き。悲しみにはまり込みすぎない。鈴みたいな子が出てこないから(笑)、悲しいことがあっても気分良く(?)読めますね。

あの魔女(?)の新聞記事のところも好きです。
  by banri
あはは、鈴のように妄想に逃避するコはいなかったですねえ~
なんとなく人の力じゃどうにもならない世界とか運命とかを描く作家なのかな?というイメージだったんだけど、意外と諦めとかなくて自分の意思で動いてるとこがね<前向き
最近のはどうなのかな~。とりあえず、私も図書館に入ってないんで「ぶらんこのり」買ってこようと思ってます(薄い・笑)
novel | いしいしんじ
CM:4 | TB:1 |
| 日々是好日 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。