読書の欠片ネタバレあり
09≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11
スポンサーサイト  [Edit]
-------- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
|
Book Baton  [Edit]
2005-07-02 Sat
 今のとこ唯一のブログ友達v瑛里さんから回していただいたので答えてみまーす^^

★Book reading right now (今読んでいる本)

   PC横に積んであるのは、
    「いつかパラソルの下で」(森絵都)→美容院で読了
    「透明な旅路と」(あさのあつこ)
    「FLY,DADDY,TLY」(金城一紀)
    「天切り松闇がたり 昭和侠盗伝」(浅田次郎)
    「幽 vol.003」(メディアファクトリー)

★The last book I bought (最後に買った本)

    「天切り松闇がたり 昭和侠盗伝」(浅田次郎)

★Five novelists(or writers) I read a lot, or that mean a lot to me
 (よく読む、または特別な思い入れのある 5 人の作家、または小説家)

    小野不由美
    京極夏彦
    宮部みゆき
    恩田陸
    浅田次郎
    北村薫

 あれ6人になった…まいいか。これは何度も再読した作家…かな。一冊一冊の好き・嫌いに関係なく、もはや作家自身に引力・重力・妖力(笑)を感じる方々。文章が私の好みにどストライクで惚れてます。例えば新規開拓に疲れた時には、きっとここに戻りたくなる。
 基本的に、いろいろ手を広げるよりは一人の作家をしばらく追う方。そして好きな本(作家)がいーーっぱいあるよりも、すごーーーく好きな本(作家)が少しあれば幸せなタイプ。でももちろん、これからもストライクな文章を求め続けますv
 最近はなかなか再読するヒマがないので不利ですが…池波正太郎や福井晴敏の文章にもかなり惚れてます。翻訳ものはもともとあまり読んできてないので…小学生の時は海外の児童文学やミステリばっかり好んで読んでたのになー?

★Five books  I read a lot, or that mean a lot to me
 (よく読む、または特別な思い入れのある5冊の本)

    「赤毛のアン」(モンゴメリ)
    「星へ行く船」(新井素子)
    「銀河英雄伝説」(田中芳樹)
    「姑獲鳥の夏」(京極夏彦)
    「十二国記」(小野不由美)

 こちらは自分に大きな影響を与えてると思われる本。これがないと今の自分には多分なってない。自分を作った5冊ってことで…。あとこれにマンガも足さないと自分にならないけど(笑)
 「アン派かジョー@若草物語派か」って書いてたのは恩田さんでしたっけ。ここにはアンを挙げたけど私ジョーも大好きだったです。スイマセン両刀で(爆)。若草~は小学生の時の愛読書でアンは中学生だったからかな<影響。京極は最初にインパクト大きかったのは「魍魎」の方だけど、「姑獲鳥」は読み返せば読み返すほどその構成にやられたんだよなー。「十二国記」は…あ、もう言わなくていいですか?(笑)

 う~ん、懐古館とお気に入りで語ってんのと同じっすね。

★Five people to whom I'm passing the baton (バトンを渡す5名)

 いないのでこのバトンはここまでです~。でもblogは感想書くには適してそうな感じなのでちょっとハマりそう(笑)。同じ本の感想繋げるのって楽しそうよねv
  
コメントを読む(3)
  by 瑛里
ああっ、私も星へいく船や銀英伝や京極を入れるべきだったか(笑)
十二国はなんか別格すぎてここに挙げるのを越えてしまっているかも。
私はアンはあまり印象に残らなかったですね、いちおう続編の何冊かまでは読んだはずなのですが。。。ばりばりのジョー派?(笑)
若草物語といえば読んだ当時は「すっぱいライム」のイメージがつかめなかったり、なんでメグの本名がマーガレットなわけ?と変なところで引っかかったりしていたものです(笑)
私も  by いわし
なんでマーガレットがメグになるのかナゾでした。「ブランマンジェ」というナゾの食べ物が気になってました(とことん食い意地が)。今ではコンビニでだって売ってますけどね。説明書きがついてて、「コーンスターチで作った」って、それだってなんだかわからないところが(笑)。
アンは数年前に全部読みましたが、けっこう面白かったです。
恩田さん、『常野物語』が好きだったので、新刊が気になります。予約せねば(図書館に……)。
>瑛里さん&いわしさん  by banri
恩田さん流で行けば私はバリバリのジョー派になるハズなんだけどねー。そうそ、外国の児童文学と言えば食べ物関係にはこう惹かれるものがあるよね!私はピッピに出てきた「レモネード」が気になって気になって(笑)。アンも料理関係は充実してたし(だからか?!<アン派)
マーガレット=メグは当時スルーしてたような気がするけど、リチャード=ディッックはどーしてそうなるのか今もナゾ…(何だったかなあ~)
「常野~」は私も好きだったんすよ。続編私も予約してこないとなー(最近恩田さん続くよ・笑。今「小説以外」借りてます)
blog | バトン
CM:3 | TB:2 |
| 日々是好日 | Next>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。