読書の欠片ネタバレあり
10≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12
スポンサーサイト  [Edit]
-------- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
|
風が強く吹いている  [Edit]
2007-02-07 Wed
 初しをん。ただ女流作家というだけで手を出してませんでしたが、陸上ものということで手に取ってみました(「一瞬の風になれ」の流れで)。表紙を見れば、ああ箱根駅伝ねと分かり、おまけに登場人物の特徴や性格も大体分かるという。登場順に表紙を確認→イメージ定着みたいな感じで、そのせいか途中まで漫画を読んでるような感覚だったわ。いや、別に文章がラノベ並みに漫画ちっくなわけじゃないんだけど、読みながらコマ割りが頭に浮かぶというか。

 安普請で二階踏み抜いたり、実はここは陸上部の寮だったんだと印籠みたいに表札掲げてみたり、Tシャツの背中に宣伝文句入れたり(マメにレタリングしてあるところがポインツ)、金と時間のすべてを漫画に捧げてるのを粘着質だから長距離に向いてると断言したり…って漫画だよね・笑。てかこのまま漫画にしても面白いんじゃない?とか思いましたよ。表紙の絵じゃアレなので、ついつい脳内で別のキャラ絵(グリーンウッド成長ver.)に置き換えて漫画のコマ割りで読んでたけど違和感ないない。

 しかしそのおかげで主要人物が10人という多さにも関わらずそれぞれの個性がはっきりと描き分けられてて、すんなり入っていけたのは確か。そして、てっきりもともと陸上部の話だと思ってたらほぼ素人軍団だという、最初はえーさすがに1年足らずでそれってミラクルすぎない?!と思った設定をアリかも…と思わせてくれたのは、速さを追求するエリート型陸上部にはないそれぞれに合ったやり方でただ毎日毎日走り続け、段々長い距離を走れるようになっていくことに「楽しさ」があるから。一緒に目指すものがあるってことにわくわくさせてくれるから。それが毎日走る力になり、そうなれば身体も慣れるし、そのための訓練さえすれば長距離は短距離ほどの絶対的な素質を必要とせずちゃんと早くなれるという単純さにいつの間にか納得させられてたりして。

 これを支えてるのが何といってもハイジですね。静かな情熱には素質的には王子寄りの私だってうっかり心を動かされそうになるもん。中まで入って掻き回すことのない心地いい距離感と、ちゃんと見ててくれるという安心感。彼に動かされてみんなが「走る」意味を考えていく。表す術を知らなかった感情を言葉にしようとする。走やハイジのように走ることが生きることにつながる人種と、他のメンバーとではそれぞれ意味や重みは違うんだけど、それが逆に気持ちいいのだ。選ばれた人だけじゃなくて誰にでも新しい世界が開かれる可能性があるようで。熱血スポーツものとはまた違った一体感がうれしくなるような本でした。

 人間関係も割りと淡々としてるけど、そのベトつかなさが却っていい感じでしたー。ムサと神童とか、ニコチャンとユキとか、アツい友情が展開されるわけじゃないのに、近くにいるのが自然な感じ、黙ってても気心が知れてて居心地いい感じが好き。ハイジと走も確かに同じラインにいるようなつながりが…走る才能にかけてはピカイチでも人間関係Lvの低い走がハイジの示す先に何があるのか知りたいと、一生懸命ついていこうとするのが師弟愛というか兄と弟というか。個人的にはハイジと王子もよかった~。走りの素人には王子は一番感情移入しやすかった上におかしい人なのでお気に入りです。気が付いたら後半は漫画的なコマ割りは鳴りを潜めてて、心の動きやそれぞれにとっての走る意味を、しっかり文章で読ませてもらったな~と。ただ、全部作者に言われちゃったので、もーちょっとだけ感じる余地を残しておいてくれてもよかったかなという気もちょっとしたけどね。

 でも読みやすいしゴールまでしっかり連れてってもらえて満足っした。ラストみんなが集まってきた絵もいい絵だな~。女流作家にしてはカラッとした作風も気に入りました。恋愛もすごい薄いですね…薄いというか恋愛以前というか、ニブいにもほどがあろう…笑。他の本も読んでみよーと思いますv

風が強く吹いている 三浦しをん(新潮社)
コメントを読む(2)
  by 瑛里
あれーバンリさん、初しをんでしたか。
意外!
私もようやく読めました。前半は、
まんがみたい・・・
という思いがぬぐいきれなかったのですが
(私のイメージ的にはスラダン^^;;)
後半はさすがの筆力で一気に
読ませてくれたと思います。
しをんちゃんは恋愛色薄めですよ。
どっちかというとBL風味げふんげふん
エッセイもまた雰囲気ちがって楽しいですよー
  by banri
初なのです。
あ、やっぱり前半はマンガっぽかったよね?
スラダンか~わたし脳内少女マンガだったわ、なんでだろ・笑
いやいや、でもおもしろかったですよ。
女流って感じじゃなくて気に入りましたー。
…これはそんなBL風味でもなかったよね?笑
novel | 三浦しをん
CM:2 | TB:1 |
| 日々是好日 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。