読書の欠片ネタバレあり
10≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12
スポンサーサイト  [Edit]
-------- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
|
さみしさの周波数  [Edit]
2005-08-20 Sat
 う~んう~ん、乙一合わないのかも自分(^_^;;。「せつない」とよく言われるけど、どうも私の切ないのツボと違うっぽい…。読んでても全然ぎゅうっとならないしざわっと沸き上がってくるものもないな;まあ一風変わった発想や感情の発露に他と違う乙一テイストは感じるけど。つか多分この人は別にせつない話を書きたいんじゃなく、「ヘンな話」が書きたいんだろうなーと。でも文章もなーイマイチこうしゃっきりしないというか私の好みでは…(こんなに薄いのに)思わず読み飛ばしてしまいそうに…むにゃむにゃ。他人との関わりも希薄なよーな気がしまっす。

 そんな中では「手を握る泥棒の話」はお芝居のようなシチュエーションに緊張感とコミカルさがうまくミックスされててよかったかな。どんでんがえしも効いてて特にラストの「ふふんと笑み」に、唯一プラスの読後感が残ったし。

 「失はれた物語」の発想も面白いとは思うんだけど、イマイチ自分の中で消化不良…自己完結だからか。書きようによってはぐっときた可能性もありかも。「未来予報」はこーいうの好きな人は好きでしょう(どんな感想だよ)。でも主人公がどうもな~小学生時代はまだよかったが。

 あーそっか分かった。どうも乙一の男性キャラ(少年~青年~オヤジ)に惹かれないからかも…私のタイプじゃないのだ(斬)。女の子もお人形さんみたいだしな~。唯一「手を握る~」の女の子の存在感だけが自分の中で立体的だったってことみたいです。

さみしさの周波数 乙一(角川スニーカー文庫)
novel | 乙一
CM:0 | TB:0 |
GOTH リストカット事件  [Edit]
2005-05-26 Thu
 図書館で読みかけて借りるのやめよっかなと思った本(オイ<でも一応借りて読んだ)。痛ぇーし;昔読んだ綾辻の「殺人鬼」とか大塚英志の「多重人格探偵サイコ」のよーに何とも合わない本だった…。どっちかってえと苦手な叙述ミステリっぽくもあり。初乙一だったんですが…選択間違えました?(爆)

GOTH―リストカット事件 乙一(角川書店)
コメントを読む(1)
  by 藍色
こんばんは。
トラックバックさせていただきました。

トラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
novel | 乙一
CM:1 | TB:1 |
| 日々是好日 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。