読書の欠片ネタバレあり
10≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12
スポンサーサイト  [Edit]
-------- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
|
邪魅の雫  [Edit]
2006-10-11 Wed
 久々の京極、相変わらずクドい!…が、そのクドさにいそいそと浸かりにいく自分がいたりして。場を替え人を替えて語られるその人にとっての現実と認識。一見無関係な批評論や世間論。微妙に異なる人間像…。尽くされる言葉に首まで浸かってまんまと騙されたいんですよねー。前回の「陰摩羅鬼」はベースが哲学思考だっただけに(苦手なので)ちょっと消化不良だったんですが、その点今回は読みやすく京極の文章に楽しく入っていけました。

 今回の主役は益田と青木でしたね~。一応事件としては榎さんのお見合い問題(?!)が絡んではいるけど、この若造二人の抱える内面や拠って立つ処の不確かさと、そこから出る行動が事件の鍵になってるというか。今回関くんでさえなんだかちょっと大人に見えました(つか攻入ってるぞどうしたんだ大丈夫か関くん・笑)。…とはいえ、どうせならもっと事件の中心に巻き込んでこの二人の世界をグラグラ揺さぶって何か落としてくれてもよかったかなー。事件そのものはそんなに複雑な構造ではなく、関係者たちも過去の事件に比べると小物というか、世間的には理解されないほどの確固たる自分を持ってる人がいなかったような気がするので。とてもフツー…今回は「個人の世界の小ささ」が一つのテーマではあるけど、簡単に理解できちゃうところがこのシリーズにしては物足りないんじゃないかと。もっとこう、超個人的だけど圧倒されるような世界を持つ人が出てきて欲しいですね、うん。

 そういう意味では、つまり「彼女」の世界が弱かったということかもしんない。京極堂が落とすべきは「彼女」だったのだろうけど、一体憑いていたものは何だったんだろう?タイトルからすればそれは「邪魅」ってことになるんでしょうが、これまで京極堂が憑き物落としをした人々と比べると憑かれ方に自主性が感じられないわ。それもまた今回の事件の特徴の一つですが。まあね、最後を読んでああそっか、とは思いました。目の前に立ったらバレるもんなーそりゃ妄想しかできないわ。そうか「邪魅」じゃなくて「蜃気楼」なのか?

 うーむ榎さんの忘れられない女かあ~。榎さんを探偵からただの男にしてしまうほどの(?)女だというのに、一体どんな女だったのか、どんな関係だったのか、何をそんなに忘れられなかったのか…全ては謎。どうせ描くならそこだろうという気もするが、榎さんのそんな過去知りたくない気持ちもあるんだよね。ラストがどんな気持ちだったのかも。うーんでもやっぱり気になる…<「教えてあげないよ」

 それにしても「陰摩羅鬼」の時も思ったことですが、やはり闇が薄れて行ってるような気がします。過去の因習・宗教・地域性・強烈な体験…そういったものが持つ独特な暗さが、この時代のそこここにまだ残る暗がりと相まって混沌とした闇を生み出し、そしてそれを解体し照らすのが京極堂の憑き物落としだったんだけど…街からも人からも暗がりがなくなりかけているようで。時代なのかなあーさみしい…。軍時代のあれこれも闇部分だけど、できればもっとずっと過去から続く因縁の方に惹かれるのだよ。思えばそういう闇に囚われた人々は、何を間違ったとしても理解されない世界を持ってたとしても、どこか哀しさがありました。そこに単なる猟奇性や奇抜な事件性だけでない深みがあって、落とす京極堂の方もそれでこそ真骨頂なのだけど。「塗仏」のあの人とか「瑕」の彼とか今回の彼女にはその点哀しさがあんまり感じられないんだな…彼女には、まあ、ちょっと同情はするけどね。

 山下・石井の復活が楽しかった。丸くなったなあ~笑。ニューフェイスの郷嶋は意外とマトモで今後もなかなか使えそうな男だったわ。薔薇十字探偵社の看板(?)ロゴには一体どんな意味が…?益田と青木はちょっと成長つか地に足が付いたような今作でしたが、次回は願わくばレギュラー陣が活躍してくれるといいなあ~。そして何よりも暗がりの復活を~~!

邪魅の雫 京極夏彦(講談社)
novel | 京極夏彦
CM:0 | TB:0 |
小朝・茂山・昇太の京極噺  [Edit]
2006-08-04 Fri
 もう10日以上経っちゃったけど、ちょっとだけ感想を。やー思ってたよりあっさりだったもんで…(言い訳)

 まずは昇太の「新釈・妖怪噺」。や、見た目がどう見ても若手なので呼び捨てにしてましてスミマセン…志の輔と同期だそうなんですが、実年齢差で絶対そうみてもらえないで自分ばっかり損をするとまくらでたっぷり笑わせてもらったので、これからは昇太師匠と呼ばせていただきます・笑。まくらはとっても楽しかった~地元には不似合いな程立派なホールの1ベルの音には私も驚いたし、笑点デビューネタもおもしろかったす師匠。でも噺っぷりは若いような気がしたよ。演技がというか。

 さていつも怖がらせられてばかりなので、今年の夏は怖がらせる方にまわりたいと怪談話の練習をする男の話が続いたところで、京極の本で怖い話を勉強しろと言う。京極=おどろおどろしい小説は全然違うな気がするが、文庫本の厚さネタでくすぐり、そして一冊の本を買って帰ったと。んでその本を開いてみたところが。「地響きがする…と思って戴きたい」

 ぎゃーっ(別に怖がってるわけではない)「どすこい」できたか~~;;いやー…正直「やべっ」と思いましたよ(殴)。だって私「どすこい」であんまり笑えないし…;雪の中を行進する四十七(力)士…これはむずかし~~。うーむかなり原作どおりに演ってくれちゃったんですが、意外と思いっきりリメイクした方が面白くなるかも…よ(無責任)。と、とにかく、これはちょっとアレでした、ええ・汗。ごめんなさい昇太師匠…。でも演りようによってはもっと面白くなるかもと、次の小朝聴いてちょっと思ったす。


 次が小朝師匠、出し物は当日のお楽しみになってたんですがあっさりバラしてくれました「豆腐小僧」です。最初からそのつもりだったのか、それとも前がすべった(あっ)空気をふまえて変更したものか、まくらなし。「豆腐小僧」はごく短い話なのでその前にもう一つ…と言ってオリジナルなのかな?鶴の恩返しならぬこうもりの恩返し、しかもこうもりはこうもりでもルーマニア生まれのあおいちゃん(自分が血を吸うとみんな青くなるから)のお噺から入ってくれました。小朝って女の子役上手いなあ~かわいいですあおいちゃん・笑。

 冷えてた空気がほどよくあったまってきたところで「豆腐小僧」へ。内心ドキドキだったんですが(一般のお客さんに受けるかと思って…<余計なお世話)上手かったです。さすが小朝!と思ったわ~。京極の原作そのまんまじゃなく、小朝らしく結構大胆にアレンジしてあったのがいい。別の芸人のつぶやきネタをメインに持ってきたのは本人もちょっと苦しかったんじゃないかと思うんだけど、多分妖怪という一般にはなじみの薄いキャラに感情移入させるための苦肉の策だったんだろうな~と。おかげで会場の空気も冷えることなく、一つ目小僧の兄さんの漢気もキラリと光り、狂言verと違って人情噺に仕上がってましたねー。うん、このくらい変えちゃっても全然問題ないと思うわ。自分がちゃんと納得できるキャラに仕上げることで嘘くさくなくなるというか、自分のネタになるんだなあーと思ったす。もっと聴きたかったな~。


 中入りを挟んで最後が狂言「新・死に神」。私的には人情ものっぽい落語ver.の方がお話としては好きだけど、何と言っても初・生狂言だったのでこれはいろいろと面白かったです~。動きとか節とか約束事とか。死に神役の方がさすがの存在感を放っておりました。これが千五郎さん?衣装もイカしてました…前には黒猫頭には鼻緒の切れた下駄、背中の「滅」は一字かと思ったら後半動きが激しくなって分かった「仏滅」だったのね。本を読んだ時と、あと古典(?)を聴いた時は主役は不幸男の方だと思ってたんだけど、間違いなく死に神の方っした<主役。オチは六儀集と同じくちょっと毒の効いたやつだったけど、後味は悪くなかったな~。それもやっぱり「死に神」の味かと。


 こんな感じでちょっとあっさり目の二時間でしたー。前夜に相方が行って来た志の輔主宰の「越中座」が「めちゃめちゃおもしろかった!」そうなんで、正直負けた…と思いましたが(殴)、めったにない機会で楽しかったですー。落語はホントまた機会見つけて聴きに行きたいなあ~。
media mix | 落語 | 京極夏彦
CM:0 | TB:0 |
京極噺六儀集  [Edit]
2006-05-30 Tue
 7月に地元で演る「京極噺」を見に行くので予習予習。京極さんが以前茂山家の狂言の台本を書き下ろしたのは知ってたわけですが、この「京極噺」というステージが狂言と落語(+講談が入ることも)のコラボというのは、実はこの本読んで初めて知った。この「六儀(だいほん)集」収録されてるのは、ご存知(←必須)「豆腐小僧」と「狐狗狸噺」「新・死に神」(どれも狂言ver.)、あと落語ver.の「死に神remix」となっております。おお、先の二つは入手しそこなった豆腐小僧の豆本に載ってたやつなのね。あとは、このオリジナル台本を元に上演した茂山家台本と京極噺台本です。なので、基本は同じものがいくつか収録されてたりするわけですが、微妙に違うところもなかなか興味深かったです~。やっぱり演者によって間とか言い回しとかアドリブとかね、違っててナルホドなあ~と。茂山家の方々が寄稿された「よくわかる狂言の歴史」(注・そんなタイトルじゃありませんから)も、狂言初心者にはありがたかったです。

 さてご存知(もういい)「豆腐小僧」。今回は残念ながら実演は見れないのですが、「豆腐小僧双六道中ふりだし」とは特に関連はない狂言ver.ということで。台本で読んでもなかなか様子が浮かびますな。へ~こんなのなんだ~。お能よりとっつきやすそう。流派にもよるのかもですが。茂山家台本の方はさすがに演りやすいように変えてるだけあって、実際の狂言らしい言い回しや動作があってオリジナルより様式美があるような気がしたな。しかし基本はほとんどオリジナルと変わらず。妖怪と狂言ってのはこれまでなかったんですかね?なんかあんまり違和感ないんですけど・笑。

 「新・死に神」は今度の公演の演目。この後に続く落語ver.「死に神remix」と基本は同じ古典なのかしら??多分、去年志の輔を聴いた後、帰りの車の中で似たような噺を聴いた気が。元が同じだとしても、狂言ver.の方は筋もオチも結構ばっさり変わってて、落語よりは毒というか皮肉が利いてるのね。「豆腐小僧」も「狐狗狸噺」もそうだったから、多分狂言てそういうものなんだと(初心者)。対して落語ver.「死に神remix」の方はナゼかいい話になってるんだこれが・笑。人情噺というかちょっと教訓的でもあり。志の輔で聴いたのも同じオチだったっけな…覚えてねー(オイ)。ていうか…ひょっとして志の輔で聴いたのも京極作だったのか?ちょっと調べてみます…。ともあれ、今回は実際に狂言ver.を見てきます!

 あと、この本には初演「京極噺」の時に上演された(多分)「巷説百物語~小豆洗い」の台本が載ってまして。原作は言わずと知れた、記念すべき又さん初登場の例の話。講談化は落語家の神田山陽。黄門さまやライオンちゃんのくすぐりはよかったんだが、オチはちょっといただけなかったなー。これじゃ最近の若者じゃん;<何となく気に入らなかったから。

 今度の公演、狂言「新・死に神」(茂山千五郎)の他の演目は、昇太の落語「新釈・妖怪噺」(新作かな?)と、小朝師匠はお楽しみにってことで何演ってくれるのかな~楽しみです♪

京極噺六儀集 京極夏彦(ぴあ)
コメントを読む(4)
を~  by いわし
茂山家(だけじゃないけど)、見に行くんですね~。どなたが出るんでしょう。どなたでも面白いと思いますが。
「死に神」関係は私は見たことないんですが、落語の話を新作狂言にしたものを更に「新」ということのようなので、もともとは落語みたいです。
私は数年前、一番最初にやったときかな、「豆腐小僧」と「狐狗狸噺」は見ました。

狂言に妖怪……出てきませんね。室町時代には妖怪はいなかったのかな? 魑魅魍魎はいそうだけど? お能には幽霊ばっかり出てくるけど?
狂言に出てくる人間じゃないものの筆頭といえば「鬼」ですね。かなり人間ぽいですけど。
リアルさを求めるのが狂言だからかな? ファンタジーは能におまかせで……。
お~  by banri
さすがいわしさん詳しいわv
いわしさんも京極噺行かれてるのね。うちとこは地元でこんなの演るのめずらしいから嬉し~笑。
今回は小朝師匠と同じ春風亭門下の昇太が出るです。師匠は何やるのかな?豆腐小僧(落語ver)かも。
「新」…へ~。書いたあと「死に神remix」は改作落語とかってどこかで(どこで…)見たような気がするので、やっぱり元は古典落語なんでしょうねー。これ面白いっすよ^^

狂言は鬼か。基本的な狂言を知らんので妖怪でも全然違和感がないという…笑。
能も鬼とか多いような気がしたけど(あれは面か)…ファンタジーって確かにそうかも……。
手持ちの  by いわし
『狂言ハンドブック』(笑)で「死神」のあらすじ読みました。落語は知りませんが、確かに狂言だと足元すくう感じになってるのかも? という気がしました。

妖怪って土地に縛られてますかね? 個人ですかね? 種類ですかね?(子泣き爺は一人なのか、あちこちにたくさんいるのか?)
狂言って固有名詞ってほとんど出てこないんですよね。地名なんかはたまに出てくるけど、そんなにたいした意味はないというか。だから特定のキャラクターを持ち込んだりもしてないのかな。
私も「豆腐小僧」よりは「狐狗狸噺」の方が違和感ないです。「そういう種がいるよね~」って感じで。
そこんとこ、茂山さんのお話も聞いてみたいですね(笑)。

鬼というのも、考えてみるとなんなんだろう、という気が……。
「抜け殻」だったかな、太郎冠者が寝ている間に、主人に鬼の面をつけられしまい、起きて水に写った自分の顔(鬼の面)を見て、「自分は鬼になってしまった」と嘆く話があるんです。
なんでそんな勘違いするんだ、ありえねー! って思うんですけど(笑)、それがオッケーな価値観(作り手も、観客も)ってどんなだ、と考えるとまたおかしい……。
死に神  by banri
やはし狂言版死に神も古典があるのですね~。そうそう、豆腐小僧もそうだしね<足元すくう。皮肉って笑うような感じすよね。
だからその鬼も話も、そこは笑いどころなのでは・笑

京極さんに言わせれば、妖怪を個人名詞にしたのは水木御大、とかそういう話を延々と語られそう…笑
種類というか現象というかだから、それで狂言に出てこなかったのかね~茂山氏は豆腐小僧は違和感なかったのかしら…
つーかキャラクターだから新鮮だったのかもね?
novel | 京極夏彦
CM:4 | TB:0 |
| 日々是好日 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。