読書の欠片ネタバレあり
10≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12
スポンサーサイト  [Edit]
-------- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
|
ONE PIECE 45巻  [Edit]
2007-03-09 Fri
 なんか…いろいろと重要な新事実や新展開が明らかになったと思うんだけど、その割にいまいち緊迫感がない・笑。盛りだくさんなのにパンツに全部持っていかれたような!

 まずはルフィの家系がど~んと。ガープ中将って今まで表紙連載にしか出てなかったっけ?本編に出てきたか忘れた…んだけど、まさかそういう設定とは思いもよらず。ドラゴンのこともこんなにアッサリ語られると全然大変そうな気がしねぇ…ここはギャグにするところなの、ねえ?!笑 でもってじーちゃんもとーちゃんもファストネームが同じってことはエースは実は従兄弟とかそんなんかもね。フーシャ村が「友人」のところなんだったら、生まれた村は別にあって、そこが滅びた王国の末裔の島なのかもですが。あと長老が言ってたダダンて?お、お母さん??

 コビーとヘルメッポ。…えーと。そっちとこっちと時間の流れ違いますか?笑 まあ元気そうでなによりです(←あんまり思い入れがないのがバレバレ)。しかし六式の技って曹長クラスで使えるものなの?CP9の特殊技能かと思ってました。そんじゃ将校クラスになったら楽勝なんじゃ(あわわ)…ま、まあにぎやかな宴になってよかったす。ロビンちゃんが子どもみたいに肉ほおばってたのが嬉しかったな~v。あと、ガープの扱いに慣れてる部下が気に入った・笑。

 新しい船と新しい仲間。フランキーって見た目よりずっと大人だから仲間としてはどうかなあと思ってたけど、結局ここに落ち着いたか。しかしチョパん時と似た状況だったのに妙に感動が薄れるのはナゼ。ロ・ロビンちゃん…やっぱりあなたって大人・笑。あーでも一家たちの気持ちは泣かせたわ…ほんとにみんなアニキに救われたんだもんね。2億の使い道、サウザントサニー号立派でかわいい船でよかったわ。船の内部探検した~い。鍵付き冷蔵庫もあってよかったねサンジv(あ~でも生け簀の魚の無事は保障できませんが…笑)

 3人目もようやくゲト。最後まで引っ張って引っ張った割にはなし崩し的合流だったけど、ゾロ的にもあれでオッケーだったんすか?>ケジメ そしてルフィとチョパはウソ=そげを気づかないままか…(ち~ん) そげキングとして共有した思いが宙に浮いちゃうのはもったいないような気がするんだけど、そのうちまたアッサリ知ることになるかな?手配写真とトータルバウンティの件もあるし。(手配写真といえば………ぐるぐるって;;) サブタイトルの「5人目」「6人目」は結局欠番かなあ~。

 エースvs黒ひげとシャンクスvs白ひげ。えと、シャンクスの目の傷って最初からあったよね。じゃあ傷つけられたのは闇の実を食べる前ってこと?「わかるか?!」って…わかりません…。あのどうにも好きになれない男にどんな秘密があるのか。何を危惧してるのか。人の倍生きてるってことに関係あり?わかんないけど、エースは考えてみれば相当長く黒ひげを追ってるわけで、対黒ひげの話はエースにあげたいなあ。大怪我だけしてバトンタッチはいやだ…

 結局青キジがバスターコールを許した理由はイマイチわからなかったんだけど(ケリってどんなケリなのか…)、残した言葉は気になる~。ロビンちゃんが生きている限りオハラは滅びないという意味なのか、それとも地図からは消えても実際は…なのか。サウロの「遺志」じゃなくて「意思」なのもひょっとして…とかちょっとは期待してるんだけどね。しかしようやくグランドライン半分か~。ゴールが遥か遠くに思えるけど…とにかく最後まで辿り着いてくれれば。お願いしますよWJ。

 ふう。ほんとに盛りだくさんだったんでW7を後にする感慨に浸ってるヒマがあんまりなかったですね。しかも↑新たな疑問ばっかり・笑。でも懐かしい顔ぶれも大集合はうれしかった。個人的にはスモーカー…相変わらずカッコいいっスvv

ONE PIECE 巻45 (45) 尾田栄一郎(WJ)
comic | 尾田栄一郎
CM:0 | TB:0 |
ONE PIECE 44巻  [Edit]
2006-12-05 Tue
 vsCP9ついに決着…ですが、この巻の主役はメリーでしょうやっぱり~~~~!正直、ルフィが何をどうやってルッチに勝ったのかはあんまり分かってないんだけど(コラ)、ラスト3話ですべてはDoでもよくなったよ…あのバスターコールを正義だと言う海軍のことも、青キジの思惑も、よく分からなかったルッチの過去も(これはさらにあの背中の過去があるってこと?)、どんどん扱いが粗末になっていくスパンダのことも。あでもジュゴン人魚だけはどうでもよくないけど…あの見開きはスゲかった…

 W7から突き落とされたGM号がきっと鍵になる、でも一味のために最後の力振り絞ってそれこそバラッバラになっちゃうんじゃないか…と思ってたメリー。その絵を見たらどんなに辛い気持ちになるだろうと想像してたのに、ぎりぎりまで頑張ってくれたメリーがアイスバーグを確認してホッとしたように後を託したのを見て、静かに受け入れることができたような気がする。こんな見事な生き様を見せられちゃ、漢になるしかないじゃナイ。「決別の時は来る。男の別れだ。涙の一つもあってはいけない」…でも泣けるよやっぱりこんな追憶の淡雪見せられたらさああああ…!!本当に楽しい日々だったね。こんなにはっきりと別れを見たのに、これから先GM号がいないなんてまだ全然実感湧かないよ…だから何だかお別れの言葉が出てこない。

 ギア3。ゴム人間は骨もゴムでできている…という理解でいいのか?まあそれなら膨らむし縮むかもね…???…ま、いっか(オイ)。しかしこの先彼らの前に立ちはだかる相手がもし比例直線で強くなったらどうなるんだ。ゴム人間も鉄を斬る剣士も壁を蹴り破るコックも最初から人間離れしてると言えばそれまでだけど、これ以上遠くへ行かないで~笑。

 ロビンちゃんおかえり~~v。ありがとうと言いかけたルフィの口を押さえて、これだけは自分から言いたかったんだよね。W7に来る前までの、皆から一歩引いてた時とは違う自分になったから。大人なんだけどなんだか可愛い。これからはコーヒー以外も欲しいと言えるようになるといいね。サンジも張り切るよ・笑。しかしサンジには可哀想だけど(つか最初っから相手にはされてないが…)フランキーが大人でお似合いなんだよねえこれが。アニキはどうすんのかなーこれから。

 ウソップせっかく帰ってきたのにまた行っちゃった…こっちもそろそろ決着付けないとね~もちろん残る方向でひとつ。憧れのエルバフがいるからちょっと心配なんですけども。何につけ決別の時ってのは来るものだけど、ここでウソが別の道を行く理由はないよね?ね?

 青キジはホントにロビンちゃん以外は全滅させるつもりだったのかなあ~一体何を考えてるんでしょう。どこまで政府寄りなのかがイマイチ分からず…独自の基準で動いていそうなのに、まだ自分なりの正義は見つかりませんか?

 さて一段落着いたとこで、何やら懐かしい顔ぶれがこの後続々だとか…楽しみですなあ~~~v

ONE PIECE 巻44 (44) 尾田栄一郎(WJ)
comic | 尾田栄一郎
CM:0 | TB:1 |
ONE PIECE 43巻  [Edit]
2006-09-05 Tue
 この巻変態率高し。もはやみんなサイボーグの域?!ナミは妖精と言うにはあまりにムーミン似だし、サンジは002ばりに足燃えてるしゾロの剛力羅も剣士と言うより格闘家?ギャグならいいけど船長はマジ心配…「お前に勝てればそれでいい」なんて、それだけ手強いんだろうけどルフィにはやっぱり強気な目で笑ってて欲しいっす。チョパは取りあえず大丈夫そうでよかった~フランキーはあちこちでいい働きしてくれますね。

 ナミvsカリファ。カリファはあの中では可愛気あって憎めないわ。おマヌケ…「無礼者!」も結構好きだ。新・クリマタクトもすごいですが、やっぱりナミの容赦のなさが一番おステキです<ナイスビリビリ<服

 狩人vs嘘つき狼。足技もヒートアップしてましたが、目の前のことだけじゃなく先を読んで動ける硬軟どちらもオウケイなとこがサンジよね。ルフィが、自分が強くなけりゃ皆を守れないと思ってるのが、気負いすぎなんじゃないかと心配してたりするんだけど、その点サンジの「おれにできねェ事をお前がやれ!」の方がワンピらしいと思ったり。「状況を読め」でよく伝わったよな~~さすが元祖3馬鹿<殴

 ゾロvsカク。駄洒落合戦ですか…?そしてそれもうキリンと違う生き物だから。「頭が高ェ!」「貴様もじゃ!」がごもっともです。カクは全てが終わったらどうするのかな~カリファとカクは殺し屋から足洗わせてW7で再出発させたいような気も。空駆ける能力よりは船大工に役に立ちそうな気がするキリンの力と技の数々…下働きからやり直せや。

 しかし今回一番カッコよかったのはウソップだ!はじめて(オイ)ウソをカッコいいと思ったかもしれん…自分の事のよーに自慢するサンジがかわいいー笑。パチンコだから銃と違って包みも投げれるのね!尾田っち(ウソじゃないのかよ)すげー!と思った~「確かに届けたぞ」久々に心浮き立つ展開だv

 ようやく頑なだった心がほどけて、子供の頃のように素直に感情を出せるようになったロビンちゃん。もうすぐだから待っててね!取りあえず手錠が外れたら、そのパンダ、ボコボコのバキバキにしてやってくれる?(爽)。心も身体もボロボロなのに皆への信頼だけで動いてる、子供のようなロビンちゃんが愛しくってしゃーないです。早く合流して~~><

ONE PIECE 巻43 (43) 尾田栄一郎(WJ)
comic | 尾田栄一郎
CM:0 | TB:1 |
ONE PIECE 42巻  [Edit]
2006-07-05 Wed
 始まりましたvsCP9。人数多いので個人戦、なのでしばらくはブツ切れも仕方ないかな。ジャブラ以下CP9居残り組にはさっぱり思い入れがないので雑魚には早めに退場していただきたいなと…って早速二人逝ってくれたか。この調子で誰も脱落せずにロビンのとこまで行って欲しいんだけど…う。サンジとチョパがピーンチ;<脱落

 アニキ・チョパvsチャパパ・ヨヨイ(名前なんだっけ…)。相手は雑魚いけど新ユニットのコントは和ませてもらったわ。アニキ小細工なし真っ向勝負で勝利じゃないっすか、強ェ。限界突破のチョパは一体どれだけ強いのか。意識のないアレを突き動かしてるのは破壊衝動だけなんでしょうか。ランブル効果切れはあるのか?自分を傷付けないうちに救ってやって~

 サンジvs秘書、改めナミvs秘書。最初っから女を殴らない騎士道を貫くつもりならこの組み合わせは無理じゃんよ;自分が死ぬことよりも、今はロビンを救えるかどうかなのに…そのことはサンジが一番よく分かってると思ってたんだけどな。「鍵のことはすまなかった」なんてらしくない~。ナミは見直してくれたけど、迷いで中途半端な負けだった気がして私的には微妙…アラバスタん時みたく頭脳戦で鍵だけ奪ってくれてもよかったんだけどな。次は絶対吹っ切って「らしい」バトルを希望(祈)。反対にナミは男らしくってカッコよかったー謎を解く鋭さといいツッコミといい「慣れてますから!」といい本領発揮っすね。…つーかサンジ…全身ぺたぺたするするやられたのか…そりゃ面白かったろ>カリファ

 ゾロ・そげvs動物園組。キリン…キリンって強い、の?いや戦闘モードのゾロの心を乱すあたり確かになかなか(違)。ここはカリファの鍵が届くまで漫才&逃げの一手?それともあの「刀」で新技披露かな。このユニットもおかし楽しいです。ゾロのもう一つのアイデア、ゼヒ聞いてみたかったな。

 ラスト、ルフィvsハトブラザーズ。の、前にぃ…なんだあ??<ギア3。アニメ用のミニキャラかと思ってたら違ったのね…(そこじゃなく)。体内エネルギーの分配を調節して特定の部分を強化してるんでしょか、ランブルボールみたいに。まあいいや、とにかく勝て。そしてようやく笑顔の戻ったロビンを取り戻してくれれば。

 バスターコールあんなウッカリってオイ。これは青キジに責任取って止めてもらわんとな。一体どこで寝てるのかあの男は…それとも何か裏で画策中?

ONE PIECE 巻42 (42) 尾田栄一郎(WJ)
comic | 尾田栄一郎
CM:0 | TB:1 |
ONE PIECE 41巻  [Edit]
2006-04-15 Sat
 ロビンの過去編がまとめて読めるとは思ってなかった~やっぱりコミックスでまとめ読みはいいわv。つーか…ロビンちゃ~~ん><よかったホント…やっと泣いてくれたね。

 麦わらチームが屋上に集合したところで過去編突入ー。ゾロさん、逸れやがって…ってそれマジ?なんだろうなーや、あの「…」がかわいかったので一瞬自覚あんのかと思ったんですが(笑)。サンジなんかウッカリ後ろ向きで飛び出てしまった上に新語まで…<藻っ・笑。いやでもなんだかんだ言ってゾロは大抵早いよね、最短距離だから(…)。サンジとゾロがほぼ同時ってのはめずらしーけど、でもやっぱそうでなくっちゃ。そげ様も含めて全員集合なのがうれしいv

 フランキーその技スパンダでなくても、うおォいって感じなんですけど…でもコイツってばやっぱりアニキだなあ~。つか目線が大人だ。だから全部終わっても仲間にはならないよーな気がする…てかW7皆大人だからな~~やっぱりここは3人目と6人目のダブルゲットだけでもいいかな?

 そして過去編、ちびロビンが~~かわいくていとおしいっす><。あんなに素直でよく食べる(オイ)コだったんじゃナイ。実を食べたのはたまたまだったみたいで、そのせいで妖怪扱いだし、叔父さん家では小公女みたいな生活だったけど、でもちゃんとやさしいひとたちもたくさんいてくれたみたいでよかった。いつか会えた時には、今度こそ離れないで一緒に行くためにオルビアママの道を一生懸命追いかけてるのがいじらしいったらもう…

 オルビアママ、ロビンによく似てて闘う女でカッコいいなあ。ううう…ナミ編もぼろぼろ泣いたけどホント弱いんだってば;。嘘をついても、自分の命を差し出しても守りたい親の想いも強いけど、ただ手をつなぎたい、抱きしめて欲しいっていう子供の想いも強いよ。「お母さんですか…?!」(涙)…よかった、せめてちゃんと抱き合うことができて。想いを伝えることができて。これからずっと長く辛い道を歩いていくロビンに、いつかはきっとオルビアが守ろうとした未来に辿り着くからと伝えたい。

 ロビンにとって欲しかったものをやっと手にいれ、そして全てを失った日…その重さに笑うことも泣くこともなくなって、コーヒーくらいしか欲しいと言わなくなっちゃった彼女がやっと言った一言、「一緒に海へ連れてって!!!」…子供の頃なら何も考えず言えた一言を、大人になった今のロビンが口にするのがどんなに勇気がいることか。それこそが小さい頃からずっと願ってきた、ロビンが一番欲しかったものなんだよね。もう大丈夫、ルフィたちにとって邪魔なのは頑なに手を拒むロビンの心の壁だけだから。それを突破した今、状況がどうだろうと世界や闇がどうだろうと関係ありませんわ(笑)

 宣戦布告カッコよかったーvできればルフィ&ウソだったらもっとよかったけど、今度はウソが本心を言う番ってことでこれからこれから。「オハラの悪魔たち」の真実と、空白の100年の謎も少しは明かされてきましたが。サウロも「D」なのね~、てことは血の繋がりじゃなくって、滅びたその王国の生き残りから派生した血筋なのかな。

 青キジ若い時からフケ顔(殴)…じゃなくって、正義なんて立場変わればひっくり返ることを知ってるからこそ自分なりにライン引いてるとこが若いくせに悟っちゃってますが、所々青いとこもちらほら…。ロビンを逃がすこともそうだし、タイムカプセルってことはサウロも生きてんじゃないかなー?なんて…。「仕方ない」は今もそうなのか?ポーネグリフを求めることは世界のためによくないってのが今も青キジのラインなのか??バスターコールの本意はどこにあるんでしょー。取りあえずオハラの時も今も全然変わってないとは思いたくないんですがね。

ONE PIECE 巻41 (41) 尾田栄一郎(WJ)
comic | 尾田栄一郎
CM:0 | TB:1 |
<<Prev | 日々是好日 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。