読書の欠片ネタバレあり
08≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10
スポンサーサイト  [Edit]
-------- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
|
古道具 中野商店  [Edit]
2006-06-08 Thu
 普段あんまり女流作家(「流」っつうと文学で恋愛なんだよななんとなく)には触手が伸びないもので、川上弘美も実は初だ。でもこれは読もうと思ってたのよねー古道具とか古本とかそれだけでふらふらっと手に取りたくなりません?ちょっと薄暗くて狭くて玉石混合で、でも落ち着く感じ…好きだ~。

 そんなわけで読む前は古道具(骨董にあらず)をキーワードにしたちょっとした日常の話かな?と思ってたんだけど、読み終わってみればいくつかの恋物語という印象。や、店主の中野さんが40代半ばくらいにしてどこか腰の落ち着かない根無し草っぽいせいか、なんとなく大人になりきらなくても居心地良くいられるような、この「中野商店」って場所がある意味主役だったような気もするんだけど、自分的に残ったのは3人の女性たち。バイトのヒトミ、中野さんの姉のマサヨさんと愛人のサキ子さん。最初は無口で生きにくいタイプのタケオ目線で読んだり、中野さんのキャラにも興味あったりしたけど、読んでるうちに段々「男」の影が薄くなっていくのよねこれが。男たちの想いはほとんど語られないし、そもそもどうでもいいみたいだ。分からないもの、別の生き物、それでいい。「恋愛」そのものじゃなく、何て言うか「女の子」の物語だったなーと。

 連作短編を通して一応20代のヒトミとタケオの、はじまりも終わりも曖昧な恋を追ってはいるんだけど、印象的だったのはむしろ30代(多分…)のサキ子さんと50代半ばのマサヨさん。二人の恋愛模様はほとんど語られないけど、所々で見せる表情や短い言葉でどんな恋をしてるのか、どんな気持ちでいるのか分かっちゃう。自分の気持ちも相手の気持ちもよく分からなくてもてあまして泣くしかないヒトミより、傷つきながらも最後は自分で決めて笑える二人は大人で、かわいい。まあ恋愛や女のドロドロしたとこを敢えて見せてないからだとは思うけどさ・笑。二人にはまた恋をして欲しいな。いくつになってもこんな風に「女」なのは悪くないと思う。

 タケオが何も言わないから、はじめようにもはじまらず、自分の気持ちを終わらせることもできないヒトミの恋。どうしたらこの気持ちを無しにできるのか…教えてほしいサキ子さん。サキ子さんみたいにできたらカッコいいのにな。なのに苦しいとかさみしいとか思わないくらい誰もいないのに慣れちゃって、気が付いたら3年くらいあっという間に経っちゃって、もう全然他人なのに会っちゃったらまたばかみたいに簡単に好きになるのって、すげありそうな気がする自分がイヤだ…笑。

古道具 中野商店 川上弘美(新潮社)
コメントを読む(4)
ご無沙汰してます  by ざれこ
TBさせてもらいました。この本、男の影薄かったですね。そうですよねー。年齢関係なく女の子のお話、って感じでしたね。タンメン食べながらどろどろした会話を飄々としてる彼女たち、ステキでした。
こんにちわ  by june
ふわふわとした雰囲気なのに、ちょっとした動作や会話が妙に生々しかったりで(↑ざれこさんが書いてるように、タンメン食べながらだったり)、不思議な感じでした。
男の人は薄かったですよね。特にタケオくんなんて、最後まで謎でした、
いくつになっても。  by ましろ
コンバンハ。この作品、ほんと確かに女の子の物語ですよね。
わたしもいくつになっても恋をして、女でありたいと思います。
サキ子さん、格好いいー!わたしもご指導をばー!とか(笑)
でも、500円のぺらぺらしたワンピースが似合っちゃうヒトミも素敵だと思うのデシタ。
>女の子たちへ(自分含・笑  by banri
みなさまこんばんは。コメントTBありがとうございます~
私にしてはめずらしく女の子モードな感想だったのですが、お仲間がいてくださって嬉しいです・笑。

>ざれこさん
タンメン、いつも食べてましたねー。私マサヨさんが「50代は女の子じゃない?」っていうところがすごく好きで。タンメン食べながら泣いてなぐさめてほしいし、マサヨさんが落ち込んでる時は甘えさせてあげたいし、お友達になりたいです・笑。

>juneさん
エロ小説書いてもちんちろりんで命拾いしたわねでもさらりとしてるのが不思議で、でも好きでした。
サキ子さんが「やっとやめられそうと思ったから」というまでって描かれてないけどいろいろ辛かっただろうな~と思えるような「さらり」なので尚更。憧れます。

>ましろさん
さらに社割で300円でしたね…ぺらぺら、確かに・笑。はじまりこそ曖昧だったけどヒトミの恋しいって気持ちは素直に伝わってきてかわいかったです。何も言ってもらえなかったらそりゃやせるわ…そのどうにもならない気持ちとぺらぺらのワンピースがやけにマッチして切なかったんですよねー
novel | 川上弘美
CM:4 | TB:4 |
| 日々是好日 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。