読書の欠片ネタバレあり
08≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10
スポンサーサイト  [Edit]
-------- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
|
Op.ローズダスト 上・下  [Edit]
2006-07-21 Fri
 防衛庁特殊部隊ダイスと、この国が持つべき言葉への希いの物語と来たらこれはもう福井さんの独壇場ですね。しかも今年3月出版された時よりさらに状況がタイムリーになったような;。ここでほぼ壊滅したお台場来週行くんですが(…)、こーいうことが起こっても全然不思議じゃない気がする…というか、ホントに今の日本だよなーと思う。遺憾の意を表明してるその時もミサイルが飛んできてる呑気さが…自分も含めてだけど。今回Tプラスがバージョンアップした上に、実際それ使われて臨海副都心壊滅ですから「目に見える危機」は随分スケールアップしちゃいましたね…このまま行くと、作品増えるに比例してもっともっとと危機的な小説内状況を演出しなきゃいけなくなりそうで心配。あんまりソッチにばかりは走らないで欲しいですが、でもその底にあったのはやっぱりいつもの福井節でした。福井さんの描きたいのは壊すことでも再生させることでもなく、そういう大多数の人の中に今現在もあるものなんだよなーというのは今回もちゃんと伝わったです。

 オペレーション・ローズダスト。あわよくばの外交アドバンテージを狙ったものの9.11からの情勢の変化によって破棄された計画の生き残りたちが作り出す「状況」は、自分が今いる場所で新しい言葉を生み出そうとした存在を育もうとしなかった土壌そのものを掘り起こすかのように副都心を壊滅に追い込んでいく。彼らを利用し強引に国家改造をしようとする「集まり」は組織の枠を飛び越えて枝を伸ばしており、でもそれを阻止しようとする個人もまた組織の中に存在している。構造は例によって同じだけど、今回はどの陣営も日本人だというあたりがポイントでしょうか。考えないといけないことは外との関係じゃなく内側にあるんだよなというのがより強く出てたような気がするわ。

 前半メインになるのは、ローズダストと根を同じくしながら逸れてしまい、感情をなくしたままもう一度彼らと会って全てを終わらせるためだけにダイスの中で生きてきた朋希と、彼とコンビを組まされるハム(公安)の脂身・並河警部補。得意の組み合わせだし、どっか世慣れないズレた朋希の反応といいこういうタイプ描かせたらうまいよな~。最初は行@イージスと似たタイプかと思ったけど、朋希はもっと素直でしたね。行じゃなかなか覗かせてくれなかった訓練キャンプ時代の話でもその性格の違いがこの先の話を象徴してるかもしんない。そういう意味じゃやっぱり朋希が主役なんだけど、割とすんなり人間を受け入れる質の彼の話はFINAL Phase前に落ち着くべき場所に落ち着いたかなと。「集まり」の方は保身に回り動こうとする個人を静止したり組織同士の足の引っ張り合いが日本人らしく(…)黒幕としては弱かったけど、後半組織の中で自分のするべきことを全うしようとする男たちの引き立て役にはなってくれたしね。

 でも実は今回一番響いたのはローズダスト側だったのよねー。朋希の物語や並河との関係、組織や国の思惑を超えて「自分で」動こうとする男たちの物語もそれぞれに読み応えはあるんだけど、多視点すぎるとやっぱり一つひとつは弱くなるもんね。延々と続く「状況」にもかなり筆が割かれてるので「人の物語」がブツ切れになるのもちょい惜しい。だけどラストのローズダストたちの思いが語られるところには泣かされちゃって、チクショウやっぱり福井節にやられたーと…。イージスの宮津にも通じるところがあるけど、復讐だけでなく思想だけでもなく、自分の生をかけて誇りと意味を失わないために闘ってる人間には弱いんだよなー…。もうちょっと彼らの内面の話が読みたかったな。特に一功の思い…ラスト朋希の「ここにいるよ」に震える背中が、やっと見えた本当の一功だと思うから。リーダーとしての一功だけでなく、そういう素の姿を見たかった。

 そんなわけでとっても福井さんらしい物語だったのだけど、今回ちょっとマニアック度高かったような…。脇の人にまで人生があるのが福井小説で好きなところだけど、心理心情生き様だけでなく行動の一つひとつ、視線が捉える建物や街や武器の一つひとつに細かい描写がついててさすがに読み疲れました・爆。アクション描写なんてコ・マ・送りで見てるみたかったもん。普通ならさくっと読み飛ばすとこですが、なまじ福井節が好きなだけにもったいないと思って一生懸命読んでしまったけど。福井さんマニアだから(オイ)それぞれほぼ本物そのまんまで考証も現実に即してるんだろうけど、でもここまで細かく精確に描写されるとリアルさが却って薄れるような気がするのは私だけだろーか?もちょっとその辺、何もかも描かずに余地残しておいてもよかったような。その分ひとの心に焦点当ててじっくり読みたかったなという気もします。佐伯・矢島の解説ジャマさMax!

 ところでこれ文芸春秋じゃナイ。こんな同じ世界観で繋がってるんだから(729SOF育ってるしー)てっきり講談社かと思ったわ。

Op.ローズダスト(上) Op.ローズダスト(下) 福井晴敏(文藝春秋)
コメントを読む(2)
『日本沈没第二部』と比較して  by よっちゃん
このままで日本人はいいのかというテーマでは『OP』の「熱さ」が圧倒します。
『沈没』は正直、期待はずれでした。
でも『沈没』に好感を持ちました。
>よっちゃんさん  by banri
こんばんは。
福井小説はアツいですね、確かに。
国家論や防衛論はともかく感覚的に近い所も多々あるので基本的に福井節は肌に合うのですが、今回はちょっと読み進むのに時間かかっちゃいました;
日本沈没は昔のも今のも読んでませんがSFなんでしょうか…
novel | 福井晴敏
CM:2 | TB:1 |
C-blossom -case729- 2巻  [Edit]
2006-01-04 Wed
 完結。いや~お見事でした!ここまで全編福井テイストを生かしてくれるとは正直期待してなかった。紛れもなく原作のアナザーストーリーだったわ~~vv。その分ひょっとしたら二巻ではあんまり霜月さんらしさを出せなかったかもしれないんだけど(少女マンガテイストっていうか)、表情、言葉、言葉にはならない思いまで、紙の上に映し出しあますところなく伝えてくれたその理解力と画力に拍手~~^^

 とにかく人間ドラマとして読みどころいっぱいでv。トマジュー飲んでがんばる渥美本部長とか(違)16歳行とか(もっと違)。渥美を中心とした新体制がダイスを刷新しようとする時に当然起こるだろう旧体制派との軋轢を予想してあちこち網張っておく手腕ももちろんだけど、何と言っても渥美の魅力は人を見、任せることができるところですね~。冷静で明晰な判断力と青臭いとこがなんともいい漢なんだよな。この時すでに「イージス」事件の大元になった命令は実行されてるわけだし、渥美自身もそれに関わっているのだろうけど…だからこその言葉なんだと思う<「できれば人は殺したくないと思っている」。そしてそれが多分「放したいけど放せない」行と通じるところでもあるんだろうな。

 東谷の高木に父親を重ねる思い。東谷→行へのねじれた感情の元はそこだったのだね。単に自分にできないことをやってのける行へのコンプレックスじゃなく、東谷って人間を占める大きな存在がきちんと描かれてたのは大きかった。ラストの東谷の顔がさ~~もう。最初からずっと見続けてきた背中にやっと届いたと、こんな状況でも嬉しそうな顔にこっちが泣きそうになったよ…脇にいたるまでそれぞれの人生を抱えてるのが福井小説の魅力だと思うv

 そして行。も~すべてが「あの行」につながるその姿と、今はまだ光を見つけられないでいるその顔が…それでも人でいることを諦めず生きようとするのがホントにホントに行っした><。ロープアクションはさすがに超人的すぎ!!と思ったが(可能なんですかあれは?!)「生きて苦しむ」方を選ぶのが行だよな。東谷の選択を受け入れたったことは、あんなニヴい行でも何か感じるとこがあったんだろーか…それが東谷にとっては迷いのない信念なんだと。行にとってははじめて「東谷」って人間を心に入れた瞬間だったかもしれない(基本的に他人はガンチューですから…爆)

 個人的には空での香奈の言葉が響いてさ~。「絶対また描かなきゃいられないようなものと出会えるよ」…今はまだ見えなくても、行がそれを見つけることを私は知ってる。だから今はまだ心から信じられなくても、東谷の「生きてもっと苦しめ」とともに忘れないで欲しい…「苦しみぬいた先にはきっと光がー」
 
 そんなわけで香奈が行らしい生き方を自分なりにきっちり受け取ってくれたのは、少女マンガ=恋愛方程式を裏切って嬉しかったすねv。差し込む一条の光に自分から近づこうとすること。人であり続けるためにあきらめないこと。…う~む、ホントに見事に福井テイストを堪能させてもらいました~。

C-blossom-case729 2 (2) 霜月かよ子(KCDX)
comic | 福井晴敏
CM:0 | TB:0 |
C-blossom -case729- 1巻  [Edit]
2005-09-14 Wed
 「6ステイン」の感想で、えー少女漫画の行?読む気しないわ~などと書いたんですけど………スイマセン前言翻します。それというのも、映画を観てきてから遅ればせながら公式ブログのログを読んでたら渥美さんに「買え」と言われてしまったからなんですが。…ハイ(買わせて)いただきましたッ(敬礼)。メガネ行にも正直ちょっと、いやかなりときめきましたし(笑)。あ~お祭り開催中に参加すればよかったなあ~~…って春~夏にそんなヒマなかったんだけどさ。

 てなわけで素敵に傍若無人そうな渥美&行と、見事にツヴォを突かれたアオリ文句「白熱する銃撃戦、炸裂する如月行の天然ボケ! 事件の裏で蠢く、キナ臭い陰謀と駅弁!! 行のむいた“うさぎリンゴ”の行方やいかに!?」にあっさり平伏しつつ、ホントに「こそばゆさに悶死」だったらドーシヨーと思ってたんですが、とりあえず1巻読んだところではそこまで砂吐くようなシーンはなかったです、ホッ。つか砂吐くような行は行じゃないぃぃぃ。2巻でもこのままどうかニヴいままでいてください。絵も白と黒のコントラストがはっきりしてて、いい感じに甘さを消してくれてます。そして天然さと完全に返事のタイミングがずれてるとこはとっても原作テイストでした~駅弁~~!!私的にはうさぎリンゴより真面目に不可解そうに駅弁を見送る行推奨でvv

 話は福井さん原作で、「920を待ちながら」の直後ってことになるのね~。「920」で摘発した防衛庁予算の横領事件に端緒を発する、その時に捕まった松宮課長の口を封じようとする市ヶ谷中枢に根を張る横領グループの黒幕と、この機会にその膿を一掃しようとする新内事本部長=渥美(きゃ~v)サイドの攻防戦。黒幕側の工作員東谷は行と訓練キャンプで一緒だったらしく強いコンプレックス&歪んだ憧れ(多分…殴)で突っかかってくるのに、行は相変わらずの無関心で火に油注ぎまくり(笑)。福井さんらしいひっかけとどんでん返しもあって、なかなかどうしてストーリーもしっかり福井テイストで進んでいってるわ。「920」~「イージス」に繋がる雰囲気は想像よりずっときちんと継承されてるのが嬉し。福井作品として齟齬がないと思う…あとはこのままラヴにさえ移行しなければアナザーストーリーとしては十分及第以上でしょう!2巻ではダイスを刷新するだろう渥美本部長の手腕も楽しみです、ふふふv

 巻末の原作者メッセージの「福井作品=少女マンガ的?」にもミョーに納得…確かに原作は「BANANA」とかのロマンに近いもんはありますな、うん。

C-blossom (1) 霜月かよ子(KCDX)
comic | 福井晴敏
CM:0 | TB:0 |
【映画】亡国のイージス  [Edit]
2005-09-09 Fri
 公開終了ギリギリだったけど、思い立って観に行ってきましたー。原作ファンだし、あの原作を一体どうやって?と思ってたんですが、いやーいい出来でした!もちろん設定なんかは結構あちこち変えてたり、ごっそり削ったりはしてるんだけど、それが最初から2時間で出来ること出来ないことをしっかり見極めた上での信念ある再構築って感じ。単なる映像化じゃなく、ひとつの映画として一本芯が通ってた。原作知ってるにも関わらず手に汗握りましたー(いい具合に時間が経ってたので細部を忘れてたとも言うが・笑)

 まずは何と言っても俳優陣が素晴らしいvv。日本アカデミー賞最優秀主演男優賞が4人ってのは伊達じゃないっす。それぞれが自分の役にパーフェクトに入ってましたねえ。演技してることを忘れさせる存在感にすっかり魅入ってしまった。真田広之は原作の仙石イメージからはスマートすぎ?と思ってたけど、あの単純故に如月を黙らせる(笑)真っすぐな強さと泥臭さがしっかり出てたし、寺尾聰も「父親」の苦悩が、佐藤浩市v(v必須)も原作渥美の情報局トップでありながらどこか育ちの良さが残る理想家肌で実はアツい(=青い)とこがピッタリ。中井貴一も最後まで「いそかぜ」クルーと一線画した存在で在り続けたしね。

 原作ではつい行に目を奪われてたけど、そう言えば原作でも後半の主役は仙石だったんだよな~。そして宮津49、仙石48、渥美44と年が近く拠って立つ所が全く違う男たちの行動の対比と、それなのに重なっていく願いが読みどころでもあったのです。だからこの4人をメインにしたのは全く正しい^^。逆にもし行をメインにしてたら悪を倒して世界を救うヒーローものになっちゃったかも…。そういう意味で、勝地=行も良かった~。控えめな存在感(ほめてます)と硬質な表情、緊張感のあるアクションv。強いんだけど護ってやらねばと思わせる「息子」としてもハマってたし。

 帰ってきてからつい原作再読してしまったんだけど、やっぱり原作ではメインから脇の人々までもっと深く描き込まれてる。映画でその全てを語らせることはもちろん不可能だけど、一番印象的だったのが段々と浮かび上がってくる反乱クルーとヨンファ側との温度差。人の死や実際に傷つく姿が重くのしかかってくるのがハリウッド映画と違うところで、まさしく日本人だと思った。大上段に語られなかったけど平和とは何か、日本人とは何かってのが底に流れてるのが原作に通じてたなー。平和ボケとも言われるし戦わなければそれを手に入れられない者からすれば痛みも知らずただぬるま湯に浸かっていると言われても仕方がないかもしれないが、その代わり奪うものではないことも知っている。奪われたからと言って他人から奪うことに躊躇を覚える、甘いと言われても結局それが日本人のいいところでもあるんじゃないのか…。仙石の「生きろ」にも増してそんなことをつらつらと考えさせられなーと。

 あと細々と。ジョンヒ役の彼女は日本人では出せないさすがの存在感だったけど、水中キスは映画だけじゃワケわかんなかったなと(笑)。部下役の安藤政信も味があった…原作じゃ生き残るんだけどね。あーいうとこも日本人の姿と対照的に描かれてたと思う。吉田栄作・谷原章介・豊原功補のエリートクルーたちは原作がうろ覚えだったんでイマイチ個性が掴めてなかったんだけど、ラスト泣き出すとこであの風間か!と思い出した~原作イメージよりカッコ良すぎ(笑)。吉田=竹中は読み返して一番違ってたかな。原作でヨンファに反旗を翻して宮津に本来の自分を思い出させる竹中の役割がいなかったような…どうだっけ?
 あと原作で渥美と瀬戸のやりとりが好きだったんで、岸辺=瀬戸にえ~~っと思ったものの意外としっくりきました…つかてっきり脳内で同期くらいの対等な関係に変換してたけど原作でもそれくらい年齢差あったわ…納得。

 そんな感じですが満足満足^^。都合でちょっと席を立ってしまったし原作も読み返したことだしで、DVDが出たらも一回観たい!原作未読の方は観てから読んでも面白いと思いま~す。

 →公式サイト
media mix | 福井晴敏
CM:0 | TB:0 |
6ステイン  [Edit]
2005-06-18 Sat
 短編集だけど、これこれ~!って福井節が炸裂でよかったす~~v。「終戦のローレライ」は潜水艦同士の格闘戦みたいなとこがあって、壮大すぎていくら精緻に描かれてもどこかリアルに感じられないとこがあったんだけど(男子はどうかわからんが…)、己の身体一つで勝負してる分感情と肉体が直結してて、だからより痛みを感じるというか…それに福井節がまた合うんだよね、うん。「920を待ちながら」は前知識なしだったし920という数字も覚えてなかったにも関わらず、出て来た途端ヤツだと分かりましたとも、ええv…てなわけで「イージス」の前に「6ステイン」を読んではいけません、めちゃめちゃネタバレです。イージスの楽しみが減る(笑)…確か別フレかどっかで福井さん書き下ろし原作の行の話がマンガ化されるって聞いてて、それはさぞ行が美形ヒーローになっちゃうだろうと(爆)読む気しなかったけどこーいう小説で読めるんなら嬉しいわーてかこの話をマンガ化したのかもしれないけど(?)

 ちなみにコレは感想ではなく前振りですから(笑)

------------------------

 (5/18の前振りから続く<殴)えーそんなわけでダイスを舞台にした6編からなる短編集です。そして主人公はそれぞれ、元市ヶ谷で今建設業界のサラリーマンだったり、現場には出ない事務屋だったり、子持ちの主婦隊員だったり、普段は市井で別の仕事を持つAPと呼ばれるアシスタントだったりと、長編なら主人公にはならないだろう人々なんだけど、だからこそ福井さんの描くこの世界観がここまで血肉を持って骨太なことに驚かされたわ。世界観ってより人物か。普段なら「脇」の人達にも人生があり思いがある。特殊な過去や能力がなくても、国の大事に関わるような事件でなくてもこれだけ読ませるんだからなあ~。読みごたえは短編とは思えない!

 不器用でカッコよくもないかもしれないけど、特筆すべきことのない人生に見つけた何か、賭けてもいいと思える誰かのために、やるべきことをやろうとする人。守ってくれる大きな力もない一人の人間としての戦いだけに、むき出しの身体にも精神にもじりじりとした痛みを感じながら、人との関わりもまた直接響いてくる。こーいう人の生き方と関わり方こそ福井さんの本領発揮だよなあ~vv潜水艦戦より断然リアルだと思います(しつこい)。お気に入りは「いまできる最善のこと」「媽媽」「サクラ」もよかったな。

 ちなみに「920を待ちながら」は別格ってことでv。これは構成もイージス並っていうか、どっちなんだと思わせておいて途中でひっくり返すのがすごく上手い。…ったくもう昔から天然でかわいいやつめ<しりとりv

6ステイン 福井晴敏(講談社)
novel | 福井晴敏
CM:0 | TB:0 |
<<Prev | 日々是好日 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。