読書の欠片ネタバレあり
08≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10
スポンサーサイト  [Edit]
-------- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
|
ボトルネック  [Edit]
2006-09-21 Thu
 二年前に恋した人が亡くなった東尋坊へ、ようやく弔いに訪れた高校一年生の嵯峨野リョウ。しかしその時声が聴こえ、強い眩暈とともに海へと落ち…気がつけば自宅のある金沢の街中で目覚めたのだった。けれどそこは自分の代わりに「生まれなかったはずの姉」サキがいる世界、リョウは二つの世界の「間違い探し」をすることになるー

 金沢~福井、北陸取材旅行の話はこれだったのね。作者が学生時代金沢で過ごしたことは知ってたので、ローカルな街並みがやたらリアルなのはさもありなんという感じ。しかし町名も忠実にここまで念入りに金沢を再構築する意味はあったんだろーか。もちろん北陸の空や風、それに室生犀星が重要なファクターなのは言うまでもないんですが、なまじよく知ってる(というほど知り尽くしてるわけではナイが)街なだけに、読んでる最中何度となく現実に引き戻されて困りました…笑。小説読んでる間はその中にトリップしたい方なので、どこかにある、でもどこか知ってるところと似ている気がする風景の方がするっと入ってくるのかも。まあ地元民じゃない方はそんなことは思わないかな?例えば「転校生」や「ふたり」と尾道が切り離せないように(古い)、そういう効果を狙ったのかもしれませんが。(?)

 それはともかく本編。うん、米澤穂信だなと。主人公の性格といい、ある意味突き放した視点といい、ストレートじゃない着地点といい。私、基本的には後味の不安定な話は苦手なんですが、米澤穂信に関してはこれはこれでいいような気がしてます。つか、「フツーの爽やかさ」を期待する方が間違ってるよな。この作者が描きたいものはそういうものと違うと思うので…。米澤穂信的には世の中ハッピーエンドで終わるというのが嘘くさく思えるのかもしれない。完成形じゃなく、まだどちらに転ぶか分からない途上形を描きたいのかもね(もしくは自分がハッピーエンドを信じてないから描けないか)。そこが、爽やかではないけど思春期特有のうまくいかなさ、持て余し気味の自尊心に通じて持ち味になってるような気もする。

 誰とも関わらないように生きているつもりでも、世界は互いに影響しあってできている。リョウの生き方に共感はできなくても想像することはできる。そこで作者の問いにはたと考え込むわけだ、「あなたならどうする?」と。うん、最初から「リョウの物語」を綴っていくというよりは、ちょっと離れたところからの視点を感じるかな。意識的にか無意識にかはわからないけど。…そうだなあ~やっぱり私には変わらないものはありえないとしか思えないか。取り返しのつかないものはある。間違うことなんてしょっちゅう。だけど永遠に続く絶望はないと思う。思いたい。間違わないでまっすぐな道を行けたらよかったか?そうすれば自分も世界も幸せになれると?…そんなものでもないだろうと思う。

 さてリョウの選んだ結末はどっちだったんでしょうねえ。これが本格ミステリなら答えは論理的に導かれるのだろうけど、さて?普通に読んだら終わらせる方に背中押されたように読めますが、ひねくれて受け取ることもできるでしょうか。「思考に限界はない」…一番印象的だった台詞で、そしてリョウもあそこまで辿り着いていながら、なんであのラストなんだ米澤穂信…いろいろ想像中…(フェイドアウト)

 フミカの存在はどういう位置付けなのかイマイチ分からず唐突だったかな。作者も知ったこっちゃないと一刀両断だったけど、想像力がメインテーマなのにそれでいいのか・笑。あとオレンジのスクーターも存在感でかい割に役割不明で気になるってば。何か心理学的な意味でもあるのかな~。

ボトルネック 米澤穂信(新潮社)
novel | 米澤穂信
CM:0 | TB:0 |
夏期限定トロピカルパフェ事件  [Edit]
2006-04-26 Wed
 小鳩くんと小佐内さんが自らの性癖を封印し「小市民の星」を目指す「春期限定いちごタルト事件」のシリーズ第二弾。これは面白かった~~今まで読んだ米澤本の中で一番のお気に入りかもv。シリーズキャラクターとして私的には「古典部」より魅力的で、ミステリとして面白く、そして作者の特徴であるちょっと苦味の強い青春ものとしても段違いに昇華してるような気がする。これまで培ってきた方向性とキャラがしっかりかみ合ってるというか、イーイ感じにブレンドされてるなあ^^

 先行掲載された二つは短編ミステリとしてもかなり秀逸。特に「シャルロットだけはぼくのもの」は、私倒叙ミステリって後味悪いのが多くて苦手なハズなのに、これはもうすっかりお馴染みになったキャラの個性や関係がそれを打ち消してくれて全然オウケイでしたねー楽しかった!でもその楽しかった夏の一日が、最後まで読んで戻ると全然違って見えてくるから不思議です。

 いくつか好評価も聞いてたし、読む前にちょろっと仕入れてた前情報は「小佐内さんがすごいんです」…笑。前作でも面白かった裏で進行する小佐内さんパートだけど、今回もその期待を裏切らなかったですね~~というか、私は「狼」な小佐内さん推奨派なんで(アレ?)、この点小鳩くんよりも小佐内さんを理解してたかもしんない。「おいで、キャンディーをあげる」で事が表面化した時点で大体分かったもん(笑)。でもあくまで大体、だよ。タイトルも二重写しになってるけどそこから更にひとひねりあって、それがこんな風に進むとは~~。謎の原因と結果がキャラの個性と結びついて必然になって、単なるミステリで終わらない「どうなるの~~?!」感がたまりません。これでもう秋・冬が出るのは決まったわけで期待大vっすね。次のスイーツは何だろ~~(違)

 今回もカワイイ表紙に加え、タイトルのトロピカルパフェだけじゃなく「小佐内セレクション・夏」プラスα(食べてぇ~)でスイーツ感も前作よりパワーアップしてるけど、ビター感も増してますな。いいねえ~こういうのが重要なお年頃ってさ。これからこのうまくいかなさをどうやっていくのか…それは、本当になりたいのは「小市民」なのか?ってことでもあると思うんだけど。他にはないのかな?いつかはもっとうまくいく方法が。一人じゃ無理でも、二人ならさ。

 「狐狼の心」を持つ全然フツーじゃない二人だから、こーいうミステリシリーズならその個性的なキャラを貫くのもアリのはずなんだよね。でもこの作者はそうしないんだ。二作目にして軋みを上げはじめる二人の関係、そもそも大前提の、このキャラにしてこの目標は無理があるんじゃ的「めざせ小市民の星」をこんなにまともに超えるべき壁としてリアルに描いてくれるとは。解説によれば「ビルドゥングス・ロマンを目指す」という作者の言葉は「古典部」を念頭に置いてるんだろうという話だったけど、私はこれもそういう方向に行くような気がするなあ~。

 小鳩くんに比べて小佐内さんはいろいろ抱えてそうだよね。怖かったから発言といい、家でも嘘をついてる発言といい。怒らないしちっとも悲しくないといいながら泣いたりね。嘘つきな小佐内さんだから、一見冷静なその姿も嘘かもしれない。だから小鳩くんが自分の「理」を認めて同意してくれるのは複雑な気持ちなんだろなあ~と思う。小鳩くんはちゃんとこの涙の謎を解けるのかな?……まあこの作者のことなので、涙や「ごめんね」の方が正反対の意味だったりということも考えられるわけですが…そう、「おいで、キャンディをあげる」のように…爆。ま、でも今んとこ「狼」の後ろにまた別の小佐内さんがいる方に一票だけどね。

 つーわけで、前作に続き今回も章タイトルがよかったー本のタイトルも最後まで読むと甘くて苦い、忘れられない夏の味でまさに「事件」というに相応しいかったですね。いろんな要素に表と裏の二つの側面があって、そして更に三つ目の側面もあるんじゃないかと思わせてくれる。何とも読み応えのあるシリーズになってきたものですv

 おまけ…「キャドバリーのチョコレートもあげるから」「わあい、じゃ、行く!」に妙にウケた…笑

夏期限定トロピカルパフェ事件 米澤穂信(創元推理文庫)

...More

 自分で書いててなんか違和感あるな…と思ってたんだけど、某所で感想拝見して気が付いた。「いつかはもっとうまくいく方法が。一人じゃ無理でも、二人なら」…そんなある意味爽やかそ気な方向(や、自分が好きなんだ…笑)と、私が米澤穂信作品に感じる苦さがちょっとベクトルが違うんだな。もっとこう不器用で頑なな感じ…がんばったからって、ちょっと成長したからって、そんなに全部がうまくいかないよみたいな。でもその限界、この年代でしかできない選択こそがこのシリーズの辿り着く先なのかな~とね。

 シリーズキャラクターの「定番」に頼らず二作目で早くも関係を軋ませてきた作者なんで、次もこちらのスタンダードな予想をさくっと裏切ってくれそうで楽しみー^^
コメントを読む(2)
  by 莉絵
 banriさん、こんばんは。待ちきれなくて、さっそく読んでしまいました「夏季限定」! 前作よりも、格段にこちらの方がいいですね。
「小市民」を擬態して、偽装して、徐々にメッキが剥がれてきて……。甘いスイーツとビターすぎる展開に、次回作が待ち遠しくなってしまいました。
>莉絵さん  by banri
こんばんは、さっそく読んでしまわれたのですね^^
「夏期限定」はミステリとしてもジュブナイルとしてもいいですよね~。厚い本じゃないのに何ともコクのある読み応えに満足気分で読み終わりました。
このスイーツ感とビター感のミックス加減がクセになりそう…この二人はこれからどこへ向かうのでしょうねえ。
novel | 米澤穂信
CM:2 | TB:1 |
犬はどこだ  [Edit]
2005-10-04 Tue
 順風な人生設計の果てに順調な就職を決めたものの、思いもかけなかった理由で辞めざるを得なくなった紺屋長一郎は、まだその失意から立ち直れていないながらも故郷で犬探し専門の調査事務所を開いた…ハズだったが、早速舞い込んできた依頼は失踪人探しに古文書の由来探し、そして探偵志願の後輩だったー

 作者初の脱・高校生もの。基本的にあんまりテンションの高くない米澤主人公キャラの中でもさらに青緑色<コラ(by黒木くんinパリ)。人生の理不尽さに抗うことに疲れてて無気力状態なのに、妙ーに真面目なとこはこの作者の持ち味だけど、これまでの作品に共通だったジュブナイル色はかなり薄いかな?

 これまでは一応「日常の謎」系のささやかなミステリだったけど、実は今までミステリ部分は、可能性としてそーいう考え方はアリよね、くらいで受け止めててどっちかというとジュブナイル部分が気に入っておりました(笑)。この「犬はどこだ」はもっとミステリ部分に力入れた感じですね~ちゃんと「正解」が用意されてるというか。その分あんまり「青春」って感じはしなかったす。それは別に紺屋の20代半ばって年齢のせいじゃなく、これまでの主人公たちみたいに発展途上感がなかったから?確かにそれまでの人生を一旦強制リセットすることになって、自分だけじゃなく他人の「理不尽な思い」にも諦め入って心を動かされなかった紺屋が、事件を通して他人への共感を取り戻す話ではあるんだけど…イマイチその辺がよく分からなかったのよね;くだらない理由で志半ばにしなきゃならなかったという共感が、そこまで劇的に紺屋を動かすというのが…。まあ、幼い頃の野犬事件といい、もともとは弱い者を守ろうとするとこがあったのかなーという気もするので、それなら今後はもちょっとやる気出して私立探偵って職業をやれるんじゃないかなと思ったりもする。でもそれも「元の自分を取り戻しただけ」であって、これから成長していくって感じではないもんね。多分ミステリ色の強いシリーズになるんだろうな~と思います。ハンペーも見かけ通りのテンション高いお調子者じゃないよな~と思うけど、どんな探偵になるのかは読めん(笑)

 というわけで「青春」抜きのミステリとして読んだわけですが。古文書の由来探しはそれこそ探偵雇う前に郷土資料くらい読もうよ…と思ったけど、「ものぐさ太郎」に絡んだ山中の城、みたいな民族学的ミステリは大好物なので、これがもっとメインの謎でもよかったな~。失踪の方はトラブルが明らかになるあたりから面白くなりました。身近なトラブルだしねえ;;トラブル自体もイヤンだけど、ウオッチサイトとか余計なお世話ですげーイヤ;ストーカーまでは十分あり得る話だと思うけど、そこからなかなかブラックな展開になったのが結構意外でした…そう来るのか(笑)。この「毒」はシリーズの今後を占うような気がして仕方ありませ~ん。…つまり、紺屋S&Rの仕事って毎回こういうアブナイ結末ばっかりなのでは?と(爆)海外のハードボイルドっぽくてそういうのもアリだと思うけど、やっぱりこれまでの作品とは大分趣きが違うっぽい。取りあえず同じミステリフロンティアの「さよなら妖精」とは全然系統違うよね~。なのでますます青春モノという路線とは相容れないような気がしまっす。どうなる紺屋&ハンペー。

 あと捜査方法はちょっと気になったなー;。いくらネットで親しくしてて、事務所を開くことをアドバイスしてくれた人物っても、そんなペラペラ依頼内容喋っちゃうのってなんか違う…;これが、GENと二人で事務所を始めて、お互いネットで報告し合うってのなら全然いいんだけど、仕事とプライヴェートごっちゃになってる感じであんまりよろしくないかと。紺屋もチャットの中だとちょっと性格変わってるしね(^_^;;。私的には面白かったけど、紺屋とGENの会話とかネット関連の記述は割と不親切かも…?かなりオタク度高いと思います(爆)。あ~あとGENがMac使いなのはすぐ気が付いたんで、きっとこれが何か重大な伏線になるんだわ!と思ってたのにあっさり言っちゃったし、ちぇっ(笑)

 あとは紺屋妹の元ヤンっぷりに妙にウケたー。脇にこう、アナタ何者…って人が出てくるのが密かに米澤作品の楽しみだったり。ダンナも黙ってコーヒー煎れてるだけだけどどことなく曲者っぽくてまだまだ底があるような気がするしねえ?(希望)

犬はどこだ 米澤穂信(東京創元社)
novel | 米澤穂信
CM:0 | TB:0 |
クドリャフカの順番ー「十文字」事件  [Edit]
2005-09-10 Sat
 古典部シリーズ三作目。とうとう噂の文化祭が開幕し、作りすぎた200部の文集をどう売り切るかという大命題を前に走り回る4人(?)もさることながら、わらしべプロコトル、お料理バトル、乙女の戦い in 漫研、十文字事件と何とも賑やかでお祭りっぽく、細かいところがいろいろ楽しかった~^^

 特に今回は4人それぞれの視点で交互に語られるんで、いつもの省エネ奉太郎オンリー視点では味わえない楽しさがありましたねー。それでなくても4人とも(奉太郎でさえ)何割か増しでテンション高いし。そしてこれまで語られなかった里志と摩耶花の内面にぐぐっと踏み込んでるのが一番面白かったところv。え、何、この二人って実はラヴラヴ?奉太郎も知らないところで、深く繋がってるというかお互いをよーく理解してるというか。摩耶花も外には片想いですーって見せてるけど、里志の本心は知ってるみたいだし…なんだろ、気になる~~><

 でもまずは二人とも自分の拠って立つ場所を見つける方が先…なのかな?本当はラヴラヴなのにそれを隠してる謎もここにあるのかもしんない??里志は口癖の「データベースは結論を出せない」という自分が保って来た姿勢が揺らいできてるし、摩耶花は摩耶花で、憧れ目指すものにまだまだ遠い今の自分をやっぱり苦く思っているのだ。里志サイドの「微妙な男心」…自分にも何かできるかもと思ったのに結局またいつもの台詞を口にする屈折と、摩耶花サイドの漫画に対する思いと漫研の人間関係が今回一番の読みどころだったな~。

 そしてここまで続けて米澤穂信を読んできたわけだけど、ここでもやっぱり、簡単にはなりたい自分にならせてくれないのだね。まだまだ発展途上ーあるいは物語上で彼らがこの壁を越えられる日は来ないかも?!(オイ)それでもこの苦さを自覚するのがまず最初の一歩だと思うし、自覚した分は確実に成長してるのだ。才能と期待…自分の中に意外性のしっぽでもいい、いつか何かを掴むまでガンバレ~(ってか作者にそこまでがんばって書いて欲しい…笑)

 あと今回供恵姉が日本に帰って来てることにまず驚いたけど…相変わらず怪しい行動を(笑)。どう~見ても内情を知ってるとしか思えないんですけど。生徒会長か、転校していった彼女の方にもひょっとしたら隠された思いがあって、そちらと通じてる可能性もなきにしもあらず…と深読みしてみたくもなるってもんじゃーないですか。ねえ?

 しかしそれにも増して謎だったのは、漫研部長・湯浅さん…。最初は河内先輩ともグルで一芝居うったのかと思ったんだけど違うみたいだしねえ。手段を選ばず、友達もネタにするその関西商人的商魂が…素敵っした(笑)

クドリャフカの順番?「十文字」事件 米澤穂信(角川書店)
novel | 米澤穂信
CM:0 | TB:1 |
春期限定いちごタルト事件  [Edit]
2005-09-10 Sat
 てっきり主人公は女子二人かと思ったくらい表紙もタイトルも名前(小鳩くんと小佐内さん)も可愛らしく甘そうですが、中身まで甘いとは限らない~。ささやかな謎に彩られた一見能天気そうな日常の絵を描きながら、実はそれぞれが抱えてる思いはかなりビターだという二重構造がこの作者の持ち味っていうのが段々はっきりしてきましたねえ。語りは軽快なのにその読後感は意外と重くて、そこが何だか気になるのです。

 めざせ小市民ーついつい目の前の謎を推理してしまう自分を抑え、目立たず出しゃばらず知恵をひけらかさず、ささやかな小市民の幸せを掴もうとしている小鳩くん。名探偵という存在をパロディ化したようなスタイルを取りながら、これが見事にジュブナイルになってるんだな~^^。一言で言えば「未熟」だっていうこと。未熟な自分を自覚してて自分なりにそれを乗り越えていこうとしてるのに、そんな努力も「お粗末」の一言で一蹴されちゃー報われない(笑)。この「どうにもうまくいかない」苦さが何だかクセになりそうだ…というか、簡単には越えられない、なりたい自分っていう壁の前で七転八倒しつつそれでもいつかは…と思えるところで終わるのがホロ苦いけど悪くない、うん。

 しかも最初から徐々に明らかになっていく小鳩くん編に隠れるように進行する小佐内さん編が面白いっ。「ぼくが狐だったとたとえるなら、あれは昔、狼だったんだ」…小鳩くんに比べて固かった小佐内さんの箍が外れ隠してた本性が顔を出す。何て言ってもこれが一番のミステリじゃないか?(笑)う~んいいキャラだ~。私的にはこの路線を極めてくれても全然オウケイ!なんだけど、それじゃあせっかくの努力がやっぱり報われないしねえ。小鳩くんと二人、小市民の星を目指してがんばるがいいよ。継続は力なり(違)、小鳩くんも小佐内さんも目指してるものと多少違っても、いつか本当の自分のままでもっと上手くやる方法が見つかるかもしれない。そしていつか本物の狐と狼になるのだ!(…アレ?笑)

 前作の「さよなら妖精」に比べるとタイトルは断然こっちのがいいですね~。章タイトルも全部読んではじめて分かる、「羊の着ぐるみ」と「狐狼の心」で挟まれてるのがナイスv

 あ、そうだ一つ気になることが。アリス特製「春期限定いちごタルト」って一体どんな味だったんだ~~~><

春期限定いちごタルト事件 米澤穂信(創元推理文庫)
コメントを読む(2)
  by 莉絵
 はじめまして。トラックバックさせていただきました。小鳩くんと小山内さんの小市民を擬態するさまが、なんともいえずコミカルに見えてしまいました。小市民たれ、ということは、自らの個性的な人格を表しているわけで。
 小山内さんの甘いものを耽溺する、かわいさもいいですね。小鳩くんのずるそうで、でもずるくなりきれないあるいみ小市民的な心の動きも、これから変わってくるのでしょうか? 夏季も読んでみようと思います。
>莉絵さん  by banri
はじめまして、コメントTBありがとうございますー。
「擬態」っていいですね・笑。小鳩くんはそう言われてみれば意外と小市民さを内包してるかも…?でも小佐内さんは…まさに擬態。これからの変化や「小市民」の意味が本当に楽しみです。

米澤穂信のキャラは割と体温低めなのですが、自分から世間と一線引いてるかというとそうでもなくて、ストレートに自分を出せない枷みたいなのを皆持ってるような気がします。その不器用さとほろ苦さがなんだかジュブナイルでクセになるんですよね~。
novel | 米澤穂信
CM:2 | TB:1 |
<<Prev | 日々是好日 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。