読書の欠片ネタバレあり
10≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12
スポンサーサイト  [Edit]
-------- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
|
夏目友人帳 3巻  [Edit]
2007-02-09 Fri
 人間修行だった前巻から、また対妖に戻りましたね。雰囲気のある妖がたくさん見れて嬉しい。ひとと同じような感情を持ちながらひととは価値観や想いの行き着く先が違う妖と、一瞬触れ合って離れていく感じが好きなんだけど、自分から積極的に友人帳を使おうとするようになった夏目は、一面では確かに成長しつつ、でもどこかあぶなっかしい。

 やさしいひとたちからもらうばっかりで返せないことを引け目に思ってる夏目だから、その分も妖に返そうとしてるような気がするからかな。確かに夏目にとっては妖側のが楽に息できて居心地よさそうだな~と思うけど、ひとの中では自分をそのまま受け入れてもらうことを最初から諦めてる夏目が妖側に傾いていくのはちょっとさみしい。ひとを求める気持ちもなくさないでほしいな…っていうか、まだそれが怖いんだよね、夏目は。

 誰かのために何かできる存在になりたいってのが今の夏目の精一杯なんだけど、ひととの(あるいは妖との)関わりってそれだけじゃないよー…ということにいつか気づくといいです。蛍の話のように、いるだけでいいという誰かと会えるといいね。

 …ってわけでレイコさんはどうだったのかなーとか思うわけですが。これをやろうとすると一話読切にならんと言われたけど、気になるんだよ~描いてほしいなあ。最後までさみしくはなかったことを祈りたい…というか、まだ語られていないエピソードが、うっかり「ひとなんて」方向へ行ってしまいそうなあぶなっかしい夏目の行く先を照らしてくれるといいです。

 この中では「闇に光るのは」が好きだなー。やっぱり緑川さんの描く「恋」はいいです。あと塔子さんのタイヤキ。こんなにほのぼのしてるのに、夏目の中にはどうしても越えられないラインがあってそれが切ないのだ。

 ビジュアル的に好きなのは蝶をつけた紅峰さんと、強引なくせにどっか律儀で気の長い鼠さん。あと道案内のひとつ目さん(手乗りサイズ)。雛はフツーにかわいいんだが緑川さんっぽくなくってちょっと違和感だった・笑。絵、違くないっすか…?

夏目友人帳 3 (3) 緑川ゆき(花とゆめ)
comic | 緑川ゆき
CM:0 | TB:0 |
夏目友人帳 2巻  [Edit]
2006-09-10 Sun
 夏目の妖怪修行第二巻。…というよりもむしろ夏目が修行をしてるのは対人間なんだけどね。今日も今日とて人間の思惑も常識も超えた妖たちと半強制的に関わりながら、それまで距離を置いていた人間関係に少しずつ近づいていく。今回「友人帳」はあんまり出番ないけど(レイコスキーなので寂)、心が冷たかったり怖かったりするだけのものじゃないと思えるようになったんでしょう、ちょっと人慣れして成長したな~。でも「ヒト」としてひとくくりにするのが精一杯で、塔子さんとも友達とも個人的な感情で付き合うところまでは行ってないような…そういう意味ではまだまだ未熟者。手探りでちょっとずつ近づきながら、いつか特別な誰かと心を合わせられるようになるといいよね。前巻の燕や、この巻のアカガネのように、誰かを想う心に触れることで夏目にもそういう気持ちが育つといいなーと思います。

 つーか作者も女子描けなくて味気ないみたいですが、私も緑川さんの女の子好きなんで夏目だけだとちとさみしいんだよお~っ。緑川さんの漫画は簡単に気持ちが交差しない分、近づきかけたり立ち止まったり、その間の表情とか空気が好きなんです。遠くから見てるだけでも、君がそこにいることが幸せだと伝わってくるのがな。

 というわけで時雨さまと笹田女史、アカガネとアサギで補給。今回一番好きなのは柊だけど<お面スキー。夏目にもいつかそんな日がくるでしょうか?律@百鬼夜行抄だと友達いなくても全然気にならないのだけど(司ちゃんいるし~家族がいるし~)、夏目には妖の世界じゃなくてヒトの世界で楽しいことや幸せを、見つけてほしいと思うのだ。

夏目友人帳 2 (2) 緑川ゆき(花とゆめ)
comic | 緑川ゆき
CM:0 | TB:0 |
夏目友人帳 1巻  [Edit]
2005-10-14 Fri
 妖怪モノです、人間率低め(笑)。幼い頃から人外のモノが見えるせいでひとと上手く関われなかった夏目と、祖母が遺した「友人帳」の名前を返してもらおうと夏目の元を訪れる(襲ってくる?!)妖怪たちとの、煩わしくも賑やかな日々。

 ニャンコ先生のまねき猫姿はかなり力が抜ける系で、見慣れればかわいい…かなあ?(笑)猫じゃないのに仮の姿が長かったせいで無意識にねこじゃらしに反応するのがご愛嬌v。愛想はいいけど人慣れない感じの夏目少年は、特殊な環境の割にごくごく普通のコって感じ。ささやかな出逢いがこれから彼をどう変えていくのか楽しみっす。ところで私、すっかりレイコさんのファンになってしまった~美人で乱暴v。ストレートに恨んでるという強面の彼妖(カレ)がアイドル親衛隊に見えて仕方ありまセン(笑)

 「友人帳」に残るレイコさんと妖たちとの結び付きが、誰かと心を通じ合わせることをほとんど諦めてただろう夏目の心を開いていくんだね。ひとであれ妖であれ、誰かを求める気持ちを感じ取っていくことで、夏目の感情がちょっとずつ豊かになっていくんだよなあ~^^。田沼くんとは今後もうちょっと仲良くなれるんでしょーか。

 この中では四話が好き~~燕がカワイイvv緑川さんの女の子もすごく好きなのに女の子率めちゃ低いからなあ(笑)相手に自分の姿が見えなくても姿を目で追うだけで、声が聞こえなくても手を振って呼ぶだけで幸せそうな燕と、人間だからこそそれが切ない夏目の気持ちがクロスして、胸がいっぱいになりますです。初めて自分から誰かのために動こうとする夏目がぐんぐんいい男のコになっていくのも嬉しいv。それに緑川さんのお面は顔を隠してるのに表情以上に感情を伝える不思議な力があるのよね~^^。鳥お面も垂申面もいい味出してるんだよな~…って垂申はあれはああいう顔なのか(爆)

夏目友人帳 1 (1) 緑川ゆき(花とゆめ)
comic | 緑川ゆき
CM:0 | TB:0 |
| 日々是好日 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。