読書の欠片ネタバレあり
08≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10
スポンサーサイト  [Edit]
-------- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
|
【映画】ハチミツとクローバー  [Edit]
2007-01-16 Tue
 外見がかなりそっくり目(森田以外)の割に原作とは大分違いましたね~。まあ二時間で収めるのはむずかしいか。行き場のない想いを抱え込みながら表面上は何事もないように過ごす(でも皆だだ漏れ)という「時間」こそが原作かなという気もするので、その時間がない以上5人の間に引かれた微妙なラインは原作未読の人にはピンとこないかも。森田とはぐちゃんが急速に惹かれあった分、他の3人はちょっと置いていかれたかなあ。

 その中で一番原作テイストだったと思ったのは、原作では行くことのなかった海のシーン。5人であの場所にいることがとっても自然だった。みんなが誰かへの想いを抱えてて、他の誰かを追っている姿を痛みとともに目に焼き付けながらも、5人で共有するこの時間や景色がいつまでも続けばいいのにと願ってしまうような時間で。原作の不器用感やキラキラ感があってこのシーンは好きだったな。しかし竹本よ、青春サイコーって…痛ッ;

 以下つれづれと。

・伊勢谷がかっこかわいかった~~。天才肌で自信家でも森田とはかなり違うキャラクターだったけど、この映画の中では一番の自分的ポイントだったかも。はぐちゃんへの想いにパニくるところとか、時々見せてくれる周囲への深い愛情とか、原作森田の好きなところはあんまり描かれてなかったけどね。でも懐いた人にだけ見せる無防備な笑顔がめっちゃかわいくってさ~~笑。木彫りの小鳥はちょっと微妙だったが…あんなテキトーにウケ狙いで作ったお土産じゃなくはぐちゃん限定の小鳥のブローチがよかったのになあ。

・カセリョー、眼鏡かけると別人!(花よりも~と)。でも真山もヤツのいいところはほとんど出番なくてダメなとこばかりクローズアップされてたような…気の毒。つか、あの理花ちゃんがホントによかったのか真山よ…<コラ

・竹本…ゴメン、漫画の時は思わなかったけど、あのハーフパンツスタイルは大学生として確かにありえなかったわ。小学生かと思った…笑。自分探しも時間がなくて中途半端だったが、それよりも森田に「あんたしかできないんだ」はそりゃ違うだろうとつっこんでしまった。

・蒼井優はひとり次元が違う感じがはぐちゃんぽかった。あゆは踵落としがない分、性格が原作よりもめそめそ自虐してなくて、リアルの女の子としてはこっちのが好きなタイプ。

・とにかくメインが森田とはぐの芸術世界で通じ合う2人だったんであとの3人は割食ってたけど、さらに割食ったのが大人扱いの先生か。予告で見た堺さんの横顔があまりに素敵だったので期待してたんだけど、先生自身の傷っつか埋まらない空っぽな部分とか、そういうのが全然なかったのが淋すぃ…。そんなカオさせたら滅茶滅茶ハマるのに…!そんでもって当たり前っちゃ当たり前だけど、秘めた想いとかも全然なさそうでしたね…。それどころかはぐちゃんに近寄っても怒らない先生なんて~~笑。まあ今回は青少年メインだからそこまで手が回らなかったのよね、る~~。

・でもって全員片想いストーリーというよりは、才能が有り余ってるのに使い道を知らなかった森田の自分探しストーリーという気がしないでもない。竹本…そこまで奪われて…涙。

ハチミツとクローバー ~恋に落ちた瞬間~
media mix | 羽海野チカ
CM:0 | TB:1 |
ハチミツとクローバー 10巻  [Edit]
2006-09-11 Mon
 完結。こんなに早く最終巻が出るとは思ってなかったけど、9巻のあと最初から読み返してました。私にとってどんな作品だったのか、正直まだ収まりきってないとこもあるのだけど、きっともう何年か時間が経ったらまた読み返すんじゃないかなと思う。

 本誌でたまたま読んで衝撃だった61話。いつの間にそんなことになってたのか、「選んで」とか「決めたんだな」とか、センセと森田とはぐちゃんの間で一体何があったの?!?と思ってたんだけど、そんなことは特に何もなかったのね…。センセがはぐちゃんのために全部投げ出すのなんて恋愛じゃなくても全然あり得るわけで、よく竹本あれで分かったよな~と…私は全然わからなかったです(よかった…私だけじゃなくて)。ホント、境目ってどこだったんだろうね。

 でもセンセのあんなカオ見たらさーああ、って。センセの中にも、はぐちゃんが描き続けることを望んでるのかはぐちゃん自身を望んでるのかきっと分からない部分があったと思うんだけど、それは分けられないものなんでしょう。だからはぐちゃんが「決めた」のが一般的な意味で秀ちゃんを選ぶことじゃなくて描き続けることでも、それでいいかな…と。何より一旦タガの外れた心は正直だし。リカちゃんと二人で共有してた空っぽの世界ももう辛くはないんだと思ったらそれだけでもう。

 野宮すっかり素直になって…。お前もMか。…気長にガンバレ。

 カオルおかえりー。やっぱり幸せなヤツだった。そしてやっぱり森田の兄だった。森田と二人して今度こそ解脱かな<自分探し

 竹本。ラストは本当に泣けて仕方なかった。悲しかったわけじゃなく、苦しかったわけでもない。変だけどうれしかったというのが一番近いかもしれない。はぐちゃんと竹本がリカちゃんとセンセのようにも見えたよ。恋は実らなかったけど大事なところでちゃんと繋がっているように。言葉で言えるようなことは何もないけれど、ただただ涙流して感じた気持ちは残ると思う。今はまだどんな意味がなんてわからなくてもそれでいいや。



 ハチクロ以外の短編が二編。暗記パンにやられたー。

ハチミツとクローバー 10 (10) 羽海野チカ(クイーンズ)
コメントを読む(4)
ハチクロ10巻。  by 瑛里
バンリさんこんばんは。
10巻読み終えました~
最終話はもう涙涙涙涙。
なにかを読んでこんなに泣いたのは久々。
先生は私の中では本当に意外でした^^;;
バンリさんの感想(コーラス本誌の)をチラ見してたから、そんなに驚かなかったけど、何も知らなかったら、きっと、あゆ並みに(笑)驚いてたと思います。
境目がどこだったのか、教えてよ先生(笑)
モンゴル以前なんですよね~~?
どのへんなんだろう。
そして真山とか竹本とかも気づいてたんですね。。。^^;;
はぐ→先生は、最初読んだときは、それでも
恋の一つの形なんだと思ったんですが・・・
うーん、そうではないみたいですね。
ていうか、恋っていうとやっぱり違和感があるかなあ。とにかく、好きな気持ちには変わりないから、恋愛の一つの形には違いないのかなあと。。。
最終話の竹本くんはすごく良かったです。
1巻の最初と、ラストを竹本くんがしめてくれてよかった。

私はカオルみたいな気持ちはすごいよく分かるんですね。てか、それがツボの一つなのだと思います。
創り出せない苦しみ。まだ、私は、受信アンテナであることがアイデンティティ、というふうには達観できてないのかもしれません(^^;;もちろん美術関連は子供のころからあまりの才能の無さにとっくに諦めがついていますが、笑、じゃあ他のジャンルなら?とか思ってみたり。。。
ハチクロがこんなにも心にドカンときたのはただの恋愛模様ではなくて背景にそれが入っているからだと思います。

はぐちゃんは先生の従兄弟の子供ですよね。
なんだろう。大叔父?
泣きましたー…  by banri
瑛里さん、こんばんはですv
ハチクロ10巻読みましたよ~。なので勝手にコメント移動させちゃった。いいよね?(殴)ゴメン・笑
ラストは私もぽろぽろ泣きながら読んでました。
最後だけ何度も何度も。
ホント最初と最後が竹本だったのはよかったと思ったです。

本誌ネタばれ、私もすっごく驚いたのであゆ並みにい・言わなきゃ…と思ったんでした・笑
よかった、センセの気持ち知らなかったの私だけじゃなくて…

達観…はは。まあ確固たるものがあってそう言ってるんじゃ全然ないけどね;生きていくための知恵(by真山)っすか
創る人と想いを共有できないのは淋しいし、そういう意味ではハチクロも読んでて寂しい部分がありました…
片想いよりもそっちのが痛かったかもしんない。
でもまあ何かは探さんとね。
瑛里さんもあがいてくださいなv
  by 瑛里
バンリさんコメント移動して下さってありがとうございます^^
いまだに最終話のページを開くたびに
もう条件反射のよーに涙がドバーと(^^;;

境目のところ(笑)描いてほしいんだけどなー。(描かれてな、、、い、ですよね?)
「人が恋におちる瞬間をみてしまった」のが
ハチクロならば、
先生のもあっていいじゃん!(爆)
秋にスピンオフ編があるそうですが、
何をやるんだろうなあ?

暗記パン、よかったですよねー。
羽海野さん、ハチクロ以外の作品も描けるじゃん、だいじょうぶ、と思いました♪(えらそーに、、、^^;;)
  by banri
へースピンオフ編?何人かやってくれるのかなあ?誰だろ、美和子姐さんと山崎とか?笑
センセ視点の話読みたいですねえ~~。
センセのさみしいなあが沁みまくって私としては、センセが幸せなら細かいことはまあいいやなんですけど(殴)、ホントいつからなのやら。
センセの言ってた「3つ目の答え」って自分のことなんですかねえ…?

別短編、も一つの方も運ちゃんの彼がちょいローマイヤ先輩入っててよかったすv
comic | 羽海野チカ
CM:4 | TB:0 |
ハチミツとクローバー 9巻  [Edit]
2006-09-05 Tue
 うっ堺さんカッコえーやん…くわえ煙草の横顔にずきゅ~んと…やべ。

 本誌で衝撃だったセンセの告白が一体いつから?何があったの~?の空白を埋める第9巻。森田とはぐちゃんが二人とも正念場を迎えておりました。恋愛以外でってとこがこの二人らしー。惹かれ合うのはとっても分かるけど、恋人っていうと全然ピンとこなかった二人だからねえ。特に森田…ド器用でひとのことには気が回るくせに、自分のこととなるとホント無自覚なヤツ。というか、どちらも恋愛がないと生きていけないタイプじゃないからしゃーないのか…

 森田は本当ならちゃんと恋をすることもできただろうね、森田父のように。はぐちゃんと同じ道を歩いて支えにもなれたと思う。だけどカオルを残して自分だけ光の方に行くには兄ちゃんだいすきすぎたんだな。それはもう縛られてるとか意識もしないくらい当たり前のことで。もういいよって言ってやりたくても言えないくらい近過ぎて。最後その後悔をはぐちゃんにぶつけちゃったんだなあ…カオルとはぐちゃんは違うのにね。まあカオルのことは心配してないです。つーか本人気付いてないけど幸せなヤツだなあと思うぞ。森田も今度こそ自分が何やりたいか考える番でしょう。ま、なんだかんだ言って森田だからね、大丈夫だろ。

 センセは隠すの堂に入りすぎですね。てっきりはぐちゃんはセンセの気持ちを知った上で選んだのかと思ってたけど、うーむ、はぐちゃんにとって恋は二の次ってことが分かっただけでした…。ま、はぐちゃん→センセは恋じゃないかもしれないが愛情には違いないし、一緒にいる形はそれぞれだしね。センセが幸せそうだったからそれでよいことにします。

 竹本…どんまい(オイ)。センセの腕の赤い噛み痕が胸をえぐる痛みがリアルっした…つらいわなー;しょうがないよ青少年たち、だって相手がはぐちゃんだし。はぐちゃんにとって生きることは描くことなんだもんね。そう、最初からハチクロはただの青春恋愛模様じゃなくて、何かを創り出すことが大きなテーマになってたのでした。正直に言えば、それは想像するしかない世界だったのだけど。創れるヒトがうらやましいけどね、私も。だけどカオルのようにそれが苦しくなることはなくて、受信アンテナでいることがアイデンティティだったりして(?)。そういう意味でも最初からセンセのポジションが近かったのかなあ。

 ところでセンセってはぐちゃんの何だっけ?叔父じゃなかったよね??

ハチミツとクローバー 9 (9) 羽海野チカ(クイーンズ)
comic | 羽海野チカ
CM:0 | TB:0 |
青春券  [Edit]
2006-04-29 Sat
 ハチクロ実写映画のスペシャルチケットです。ネーミングがらしくって痛っ(つか5枚綴りて18切符ですか・笑)。実写化とか出来にはあんまり期待してなかったんだけど、昨日完成試写会の記事読んで、あ、役者(伊勢谷か?)カッコいいかもと思って(殴)公式サイト覗いてきたらなかなかのキャストじゃないっすか?や、あんまりよくは知らない人ばかりだけど(オイ)持ってる雰囲気が…。TVドラマじゃなくて佳作良作だとちょっと評判になったような映画とかに出てたような、ちゃんと「役者」を持ってきたキャスティングに好感。どんな雰囲気を作り上げてくれるのか気になりますー映画とか役者さんに詳しい方、どうでしょう?あとスピッツとスガの曲が楽しみ。

 ヤツらほど迷走はしないけど、うまく行かないのは大人も同じだ・笑。青春券買っとくか…<買いませんて

...More

 (2006/05/02追記)
 コーラスに移ってからしばらくパラ見できなかったんだけど、先月(立ち)読んだらはぐちゃんがえらいことになってて。そんで森田が…だったものだから、これはとうとうこの二人も動き出すのか?でも…何だか何かが歯車ズレてるよ?!?どうなるの~~?!…って気になってまして。なので今日また続きをチェックしてしまったわけなんだけど…

 ええええー!!!!先生そうなの?!一体いつの間にそんなことが明らかになったの?!つかひょっとして皆分かってたの?竹本森田ですらっ?!?(オイ)私だけっ?!

 も、ゴメンまだ本調子でない森田のことも頭から吹っ飛びました…。先生~~~~!!!モンゴルもだからだったの?ずっと何かを噛み殺して生きていたのは知ってたけど。心臓の痛みも衝動も欲しいと暴れる本心さえも隠すことに慣れちゃって、その痛みさえ自分の一部になっちゃってる人。それがとうとう…「くそっ捨て身で来たな。勝てるわけねーじゃねーか」(by森田、でも9割方台詞うろ覚え<殴)。先生の中の「男」つか「ガキ」の部分が顔を出して、そして一度制御不可になったらもういつもの「先生」には戻れなくなったアナタが、すごくすごく嬉しいよ(涙)。欲しいものを欲しいとやっと言おうとしたカオが、相手も自分をただ一人の存在として必要としてくれた時の隠しようもないカオが、今までも何度も言ってきたけど今度は鎧うことなく零された一言が、これが本心だと告げてる(つかエピソード途中抜けてるんだけど、アレはちゃんと分かってる上で選んでくれたんだよね…ね?)

 悪いね青少年たち…大人だって時には青春スーツ着るんだよ(笑)


 あ、つか。そう思うと実写版堺って…ちょっと、違うような(や、堺さんは好きだけどさ~~・笑)
コメントを読む(2)
  by 瑛里
バンリさんこんばんは。
ハチクロ映画、みてきました!
森田さん(伊勢谷さん)カッコよかったですv
真山も素敵でした。もちろん、花本センセイも!
はぐちゃんも可愛かったし、あゆも美人さんでキャスト的にもかなり満足でした。
ストーリーの流れは原作からいくつか抽出したよーな感じでしたが、それなりに上手くまとまっていたと思いますし、何よりもキラキラとした切ない空気感がよかったです^^
学校や寮の感じもかわいかったvv細かいところが凝っているので、DVDが出たらよく見てみたいなあと思わされます。
>瑛里さん~v  by banri
瑛里さん、こんばんはですv
ハチクロ映画、私はすでにDVDで観ることになりそうな感じなんですが、オフィシャルとかみて実は一番ずっきーんとしたのが花本センセ@堺さんだったりして…。
いやー想像してたより全然カッコよくて(オイ)、原作テイスト漂う銜え煙草の横顔にがっつり持ってかれたんで、早く観たいっす。
キャストは雰囲気みんないい感じですよね~。
そんでもって空気感があるって何よりかも。ちょっと離れたとこからまぶしそーに見るんだろうなあ>自分
comic | 羽海野チカ
CM:2 | TB:0 |
ハチミツとクローバー 8巻  [Edit]
2005-08-26 Fri
 走れ野宮~ッ!いやもうホント本誌連載時は叫ばしていただきましたわ(笑)。「(無理)するっつの」…そうなのよ、そのカオが見たかったんだってばv。長年のガードは固くてまだ余裕ぶるかって感じですが、それも段々壊れかけて…ふふふ。この二人はほぼ幸せコースに入ったみたいすね。いや山田的にはこんなんで幸せになっちゃっていいのかとまだまだ悩むんだろうけど野宮的にはとっても幸せかと今(そこさえ良ければいーのか自分)。ハチクロ女子の一途さは自分にはナイものなので、幼い恋を宝物のように大事にしてる山田に言えることはないんだけど…野宮にしとけ?(言ってるし)別のカタチの恋をしたっていいんだよ。…と言葉にしないで世話焼いてくれる姐さんが好き。

 幸せコースと言えば、まさかリカちゃんがあんなにあっさり真山に落ちるとは意外だったな~。でもこっちも真山の泣き顔はよかったv。怒りながら泣いてるカオは今までの真山にはなかった、やっぱりガードが壊れちゃったカオで。涙もろいのより、泣きそうにない男の子が泣くとどうしてこうぎゅんぎゅんするのかしら…そしてむしろあの状態でも防犯ブザー仕掛けたり鞄を質に取ったりするあたりが真山の本領発揮かと。いや良かったねえ~リカちゃんのためにもさ。いいと思うよ、うん。それにリカちゃんが幸せになってくれれば、今度こそ先生も…

 センセとリカちゃんの回想シーンは思わず泣けたー;<「大好きよ」。あそこのリカちゃんが好きなんだ…守られるばっかりじゃなく、守ってあげられるヒトで。リカちゃんにとってもセンセが特別な人なのが嬉しい。今、もう一度言ってあげてほしいな。今度はセンセが縛られてるものから解放されるように…

 あとははぐと森田(&竹本)…だけど、こっちはまだまだ?自分の問題が片付くのが先かしら。はぐちゃんの選ぶ道もだけど、森田と森田兄の会話がめちゃめちゃ気になります。誰にカン付かれるんでしょー父親とか?竹本はこのまま静かにオトナになって諦めるしかないのか?!それもサミシイな(オイ)。しかし、森田とはぐって惹かれ合うのはとってもよく分かるけど、その先がどうも想像できないんで案外逆転で竹本って線もあるかなーと思ったりね。

ハチミツとクローバー 8 (8) 羽海野チカ(クイーンズ)
comic | 羽海野チカ
CM:0 | TB:0 |
<<Prev | 日々是好日 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。