読書の欠片ネタバレあり
08≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10
スポンサーサイト  [Edit]
-------- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
|
虎児と竜二とバッテリー  [Edit]
2007-01-31 Wed
 こないだ相方が映画「バッテリー」の試写見てきまして、「結構感動やったわー」だそうな。たいてい第一声は「面白かった」「まあまあ」「よく分からんかった」くらいなんで、相方的には割りとめずらしい反応です・笑。ちなみに相方原作は読んでませんー。で、そう素直に感動なんて言葉が出てくるってことは、原作よりだいぶ理解しやすい一般的な感情描いてるんだろうな~と思ってたんですが、そーか家族ものだったのか、納得。

 滝田監督が地元出身の縁で今日来県しててテレビ・ラジオ出てたの見聞きしてたんですけどね(あ、ちなみに豪ちゃんも一緒でしたが、そのビバップな髪型は何…驚)。巧の友人関係や成長もさることながら、家族関係がだいぶん大きな部分を占めてそう。テーマが全然ちがうじゃん~って感じだけど、原作のテーマは結構読者を選ぶと思うんで、案外映画の方がよかったりしてね。原作、万人に理解されることは拒んでるからね~。まあそれがあさのさんの「バッテリー」だよなと思うし、それを貫いたとこは私もすごいなと思ってるんだけど、もしあれがもっと普遍的な成長物語だったとしても記憶に残るいい話になったような気がするからさ(ベタ好き・笑)。

 あ、今オフィシャルサイト見てみましたが…ヒ、ヒロインいるんだ?!(吃驚)


 さて本題「タイガー&ドラゴン」、めちゃめちゃ面白かった~~!実はこのドラマの第一話にあたる「三枚起請の回」のシナリオ感想がちょうどblog切り替え第一弾だったんですよね~。記念すべきentry-1。クドカンのドラマは気になりつつも観てなかったし、とりあえず脚本から入ってみたんだけど、小説と違って脚本だけじゃやっぱり面白さってイマイチわからず。ギャグや演出のテンポとか実際見てみないとなと思ってたんですが、いやー本で読むのより実際動いて噺してる方が断然面白かったです。上手い!!

 噺の途中に劇中劇が挟まるアイディアはありふれてても、そのテンポがすんばらしい。途中で隣に座ってる人がその出演者になったり途中同じ役が別の人に入れ替わったりしつつ、現実をリンクしていく。西田敏行の女装はサイコー・笑。そして笑いを忘れた男・虎児が語る実録・ノンフィクション落語がまた面白いんだ。本来の古典と違ってサゲに多少無理があることもあったけど、ただやたら現代風オリジナルに崩すんじゃなくって、あくまで古典を大事にして、その上で作ってると思えるとこもよかったんだ。笑って笑って泣かされた~。笑顔に泣かされるのってストーリーテラーとして一番すごいかもしんない。悲しいことを悲しくじゃなく語れるのって才能だね。

 何気に最近自分、長瀬率高いような気がするんですが…そーか長瀬ってヤクザ役のオーソリティだったのね。ずっと「白線流し」のイメージで見てたよ…笑。唇舐める仕草が確かに強そう(何が)。そんでもって岡田准一に二度目惚れしますたv(一度目は「FLY,DADDY,FLY」。「花よりも~」は惚れなかったす) 勢いあって結構情けなくって、いつもあんなださださなインナー着てるのにそれでもカッコいい。虎児との関係も好きですねえ。EDで見つめ合う二人の角度(身長差)もヤヴァイ(何が)。

 西田敏行の落語堂に入りすぎ。古田新太の明鴉は反則…涙。あれは難しい落語だよね~噺だけだと微妙なんだけど、あんな風にされると泣かずにおれますまいて;

 蒼井優ちゃんかわいい&おもしろー!!容赦のない蹴りやパンチが素敵すぎです。はぐちゃんと全然違うもんな~すごい女優だわ。

 ヤマピーひょっとしてクドカンファン?「かしこまりィ」の原形がここに…

タイガー&ドラゴン「三枚起請の回」 タイガー & ドラゴン DVD-BOX
media mix | あさのあつこ | 宮藤官九郎 | 落語
CM:0 | TB:1 |
小朝・茂山・昇太の京極噺  [Edit]
2006-08-04 Fri
 もう10日以上経っちゃったけど、ちょっとだけ感想を。やー思ってたよりあっさりだったもんで…(言い訳)

 まずは昇太の「新釈・妖怪噺」。や、見た目がどう見ても若手なので呼び捨てにしてましてスミマセン…志の輔と同期だそうなんですが、実年齢差で絶対そうみてもらえないで自分ばっかり損をするとまくらでたっぷり笑わせてもらったので、これからは昇太師匠と呼ばせていただきます・笑。まくらはとっても楽しかった~地元には不似合いな程立派なホールの1ベルの音には私も驚いたし、笑点デビューネタもおもしろかったす師匠。でも噺っぷりは若いような気がしたよ。演技がというか。

 さていつも怖がらせられてばかりなので、今年の夏は怖がらせる方にまわりたいと怪談話の練習をする男の話が続いたところで、京極の本で怖い話を勉強しろと言う。京極=おどろおどろしい小説は全然違うな気がするが、文庫本の厚さネタでくすぐり、そして一冊の本を買って帰ったと。んでその本を開いてみたところが。「地響きがする…と思って戴きたい」

 ぎゃーっ(別に怖がってるわけではない)「どすこい」できたか~~;;いやー…正直「やべっ」と思いましたよ(殴)。だって私「どすこい」であんまり笑えないし…;雪の中を行進する四十七(力)士…これはむずかし~~。うーむかなり原作どおりに演ってくれちゃったんですが、意外と思いっきりリメイクした方が面白くなるかも…よ(無責任)。と、とにかく、これはちょっとアレでした、ええ・汗。ごめんなさい昇太師匠…。でも演りようによってはもっと面白くなるかもと、次の小朝聴いてちょっと思ったす。


 次が小朝師匠、出し物は当日のお楽しみになってたんですがあっさりバラしてくれました「豆腐小僧」です。最初からそのつもりだったのか、それとも前がすべった(あっ)空気をふまえて変更したものか、まくらなし。「豆腐小僧」はごく短い話なのでその前にもう一つ…と言ってオリジナルなのかな?鶴の恩返しならぬこうもりの恩返し、しかもこうもりはこうもりでもルーマニア生まれのあおいちゃん(自分が血を吸うとみんな青くなるから)のお噺から入ってくれました。小朝って女の子役上手いなあ~かわいいですあおいちゃん・笑。

 冷えてた空気がほどよくあったまってきたところで「豆腐小僧」へ。内心ドキドキだったんですが(一般のお客さんに受けるかと思って…<余計なお世話)上手かったです。さすが小朝!と思ったわ~。京極の原作そのまんまじゃなく、小朝らしく結構大胆にアレンジしてあったのがいい。別の芸人のつぶやきネタをメインに持ってきたのは本人もちょっと苦しかったんじゃないかと思うんだけど、多分妖怪という一般にはなじみの薄いキャラに感情移入させるための苦肉の策だったんだろうな~と。おかげで会場の空気も冷えることなく、一つ目小僧の兄さんの漢気もキラリと光り、狂言verと違って人情噺に仕上がってましたねー。うん、このくらい変えちゃっても全然問題ないと思うわ。自分がちゃんと納得できるキャラに仕上げることで嘘くさくなくなるというか、自分のネタになるんだなあーと思ったす。もっと聴きたかったな~。


 中入りを挟んで最後が狂言「新・死に神」。私的には人情ものっぽい落語ver.の方がお話としては好きだけど、何と言っても初・生狂言だったのでこれはいろいろと面白かったです~。動きとか節とか約束事とか。死に神役の方がさすがの存在感を放っておりました。これが千五郎さん?衣装もイカしてました…前には黒猫頭には鼻緒の切れた下駄、背中の「滅」は一字かと思ったら後半動きが激しくなって分かった「仏滅」だったのね。本を読んだ時と、あと古典(?)を聴いた時は主役は不幸男の方だと思ってたんだけど、間違いなく死に神の方っした<主役。オチは六儀集と同じくちょっと毒の効いたやつだったけど、後味は悪くなかったな~。それもやっぱり「死に神」の味かと。


 こんな感じでちょっとあっさり目の二時間でしたー。前夜に相方が行って来た志の輔主宰の「越中座」が「めちゃめちゃおもしろかった!」そうなんで、正直負けた…と思いましたが(殴)、めったにない機会で楽しかったですー。落語はホントまた機会見つけて聴きに行きたいなあ~。
media mix | 落語 | 京極夏彦
CM:0 | TB:0 |
落語はライブで聴こう  [Edit]
2006-02-13 Mon
 新潟方面の人って落語好きな方多いんだろうか…(多分関係ない)。若い頃から寄席に通い落語に造詣の深い著者が、中堅・若手中心に現代落語家22人の高座をその場その時にライブ感覚で綴ったもの。時間軸じゃなくて落語家毎にまとまってるので、私みたいな素人が読んでも特徴とか見えて面白い。当然同じ噺を別の人が演ってたりもするわけだけど、流派の違い、何より噺家の持ち味の違い、新しい挑戦かよく練られた十八番なのか等々、比べて読むのも一興だし。噺やサゲの工夫や意味とか教えてくれるのもありがたいっす。

 生の落語は去年12月に志の輔を聴いたのが初めてだったんだけど、これがホントに面白くて。これ読むと、中堅どころの実力派なんですね~【嬉】<地元ヒイキ。小朝や鶴瓶やこぶ平(九代目正蔵)らと「六人の会」っていう東西の壁を超えた研鑽会なんかをやってるというのはその時も聞いたけど、評判も高いようだし、単なる「ブーム」でないムーブメントになるといーすねv

 談志や桂三枝といったベテランも、改めてどんな落語家なのかというのを疑似体験してみたり、そこここで引き合いに出てくるもっと昔の名人と呼ばれる人たちの名演てどんなんだったんだろーと思ったりね。若手は名前を知らない人が多かったけど…あ、鶴瓶やこぶ平が、タレントとしては名前知れてるけど落語家としては割りと最近本格的に演りはじめた(でもって真面目に勉強して高座に賭けはじめてる)なんて話はなかなか新鮮だったわー。

 とにかく落語は演技力!体力!(笑)古典にも自分らしさをいれつつ芸を磨き、高座に座ってる落語家さんの姿をライブ感覚で覗き見できて面白かったす^^。一回でもライヴで聴いてるとこっちの受け取り方も違うもんだねー。何より、堅苦しいガイド的な本でなく、落語が好きっていう視点から見たレビューつか語りなのがよかったな。

 あー円紫さんシリーズ読み返したい…今読んだら、円紫さんの姿勢とか持ち味とか何よりその噺の持つ意味がもっとよく分かりそう~多分ね(笑)

落語はライブで聴こう 八木忠栄(新書館)
novel | 落語
CM:0 | TB:0 |
落語ライヴ  [Edit]
2005-12-01 Thu
 志の輔らくごに行ってきました~。本格的な寄席ははじめてだったんだけどすごく楽しかった。一時間くらいなのかなと思ってたら中入りを挟んで二時間半、あっという間にそこらのライヴくらいの時間が経ってましたねえ。噺だけでこの間飽きさせないんだからやっぱプロはすごい。テレビの司会とかだとそんなに思ったことなかったけどで見るより落語の方が断然面白いです、しゃべりが(当たり前・笑)。ご当地ネタや時事ネタの雑談のような枕からぐいぐい引き込んで気が付いたら本ネタに入ってた感じで、オリジナルの新作落語(清水義範作とか)も古典落語(「名人長二」)も楽しませていただきましたv

 TVとかだとなかなか集中して聴いてられないんだけど、やっぱり生は一体感っつかするっとその世界に入り込めますですね。一度このライヴの感覚を知ってからだとこっちの落語に対する心構えがぐんと違う気がする~。帰りの車の中で聴いてきた別の噺も実際演ってる姿が目に見えるようで面白かった^^。古典もいろいろ聴いてみたいわ~。


 いよいよ12月…今日はいい天気でめったにないほど立山がくっきり見えてキレイだったv。でもやっぱり基本は重たいグレー空の北陸の冬がやってくる…タイヤも替えなきゃ~~雪が降る><。週末は仕事と試合とクリスマス会の準備とか。買い物にも行かなきゃだけど、それよりいい加減このじゃまっ毛を何とかしに美容院に行きたいよおお。
memo | 落語
CM:0 | TB:0 |
タイガー&ドラゴン 「三枚起請」の回  [Edit]
2005-06-19 Sun
 クドカンドラマは実は観たことないんですが落語モノなのが気になってて。あ「GO」もこの人かーちょいと観てみたいかも。「IWGP」はどうでした?この本は連ドラ始まる前のスペシャル版のシナリオなんですが、今やってるドラマ本編は面白いんでしょっか。ギャグや演出のテンポ(これ重要)は観てみないと何とも言えないけど、落語のシチュエーションさながらのドタバタドラマを経て、笑いを失くした男・虎児が自分なりにその噺の人の心の機微を掴んで高座に上がるのは笑って泣かせる…かもしんない。虎児のキャラはいいと思うなあ~。取りあえず親のない虎児と親はあっても家を出てる竜ニが、お互い何か調子狂うヤツ→何となく気になる存在になりそうなのが気になる(笑)

 付録に本家「三枚起請」が付いてるのはいいですねー。ツッコミやボケも実際演ってる感じが出てて。最近は落語絵本みたいなのも人気があって、図書館でもいろいろ見たり読んだりしてるのですよ。例の「三千世界の烏を殺し~」って都々逸が利いてて面白い噺だったな。

タイガー&ドラゴン―「三枚起請」の回 宮藤官九郎(角川書店)
novel | 宮藤官九郎 | 落語
CM:0 | TB:0 |
| 日々是好日 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。