読書の欠片ネタバレあり
10≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12
スポンサーサイト  [Edit]
-------- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
|
新世紀エヴァンゲリオン 11巻  [Edit]
2007-06-25 Mon
 もうとっくにオリジナル突入かと思ってたけど、この辺もアニメで見たような…記憶がうっすらと。てか、今度こそ本当にアニメのラストか。ちょっと遡って海馬の中をさすらってみたところ、「裏切ったな!」という例の台詞にぶちあたりました。してみると、やっぱりカヲルくんもアニメ版とは結構違うみたいですね。感情を超越してたアニメよりは「人間」らしいかもしれないなあ。シンジの気持ちも、漫画の方が多少理解できます。アニメほど自覚なく他者に依存し甘えてなくて。

 でも「人間らしい」とは言っても、レイと違って自分の感情が芽生えるだけの時間がなかったのが気の毒というかもったいないというか。カヲルくんがこだわったシンジへの感情ってのは結局のところレイが残したものでしかないわけで、レイの感情を理解できないままに憧れて、それをなぞることで一足飛びに自我を得たような錯覚に陥ったのかなと。時間があれば、人真似じゃない自分の感情も生まれたかもしれない、あれがただひとつの自由なんて結論に急いで飛びつかなくてすんだかも。もっともっと、レイのように時間をかけていろんな感情に触れられる時間があればよかったのにね。

 でっと。アニメで出てきた意味不明な用語の数々は、多少解説が入ってなんとなくわかるようになりました。なんとなくね…。白き月(アダム)、黒き月(リリス)、人類(リリン)とか。要はご老人方は異星人を勝手に神に祭り上げたかったわけよね?(あ違う?笑) 異星人も迷惑なんじゃないかと思うが…。 てゆか補完計画ってそゆことかい、アホくさっ笑。 でもそのアホくさいことを真剣にやってるんだから質が悪いというか、いい迷惑というか。まあそもそもそういう話なんだからしょうがないですが。

 わたしはカヲルくんの本名や、エヴァの観念的というか哲学的なとことか隠喩とかにはそんなに興味がないんだけど、庵野さん的メインはやっぱりそういう世界観や、大きな意味で人間の本質とか性とかだったんですかね。わたし的にはキャラの人生って視点で追ってしまうので、多分ところどころ監督の意図と噛み合わないんだと思います・笑。一体新生エヴァで何をやりたいのやら…?

 貞本版は庵野設定を引き継ぎつつ、キャラの生や感情を描こうとしてるんだろうと思ってるんですが、もしか本家が方向転換して先にやられちゃったらヤですね・笑。まあ人間そう簡単には変われないので大丈夫だとは思いますが~。

新世紀エヴァンゲリオン (11) 貞本義行(角川A)
comic | 貞本義行
CM:0 | TB:0 |
新世紀エヴァンゲリオン 10巻  [Edit]
2006-04-17 Mon
 そろそろアニメを追い越す頃かと思ってたんですが、まだ覚えのあるところでしたな。「多分私は3人目だと思うから」のあたり。ほぼアニメと同じだけど、やっぱりアニメよりは少し分かりやすい。そして追加シーン(だよな?)は人工呼吸っすか…笑。まあでもカヲルくんについてはアニメではほとんど語られなかったんで、その点でも補完してくれるみたいで。一応人間だったんだね…(爆)むしろアスカに近いってか、フツーの男の子の表情がかわいいぞオイ。

 しかしダミーシステムはどうせならもちょっと説明してくれませんかリツコさんっ(^-^;;ユイさんの魂はサルベージしてエヴァとダミーの両方に使われてるんでしょうかー…レイの魂はユイさんの一部なのかな?魂ってなんだ?記憶や感情はそこには含まれないのか…容れ物が変わる度にリセットされる白紙の魂。アニメでは3番目のレイに涙を知った2番目のレイの心がほんの少し受け継がれてるのか?と思った気がするんだけど、うーん…これは白紙の魂に含まれてるユイさんの心の残滓かもな。心のほとんどはエヴァに宿る魂の方にあるのかもしんない。そして2番目と3番目はやっぱり全然別人てことねきっと;

 貞本版でさみしさや切なさや触れ合う喜びを知って、少しずつ人間になっていったレイはやっぱりもういないのね…3番目がいるから、シンジたちがそれを悲しんであげられないのはかわいそうだ。だからリツコのしたことは自分のためであれ、シンジたちのためにもいいことなんだよ。やっぱりレイのためにとことんまで泣かなきゃ…そしてレイの心を知っておいて欲しかったけど。でも「心届かず」なんだな;;

 ああ、ひょっとしたらいつかカヲルくんが届けてくれるかもしれません?レイの心を受け取っても今は全然理解できない彼が、これから自分自身で誰かと繋がりたいと願うようになることで。理解できないことが苛立たしく、取り合えず気になる(笑)らしいから、ただのちょっかいだけに終わらないだろうな~。3番目は…どうだろ、これ以上人間らしくはなれそうもないから、これからはカヲルくんとの関わりが中心になるんじゃないすかね。半分ほど人間かどうか怪しい彼ですが(オイ)レイもそうだから別にいいのか。老人たちや最低男の計画はともかく、青少年たちの行方は気になります。原作が原作だから(…)明るい未来はあんまり期待できんが、その辺は貞本氏にがんばっていただきたいなと。ここまで描いたんだからさ~。

新世紀エヴァンゲリオン (10) 貞本義行(角川A)
comic | 貞本義行
CM:0 | TB:0 |
| 日々是好日 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。