読書の欠片ネタバレあり
08≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10
スポンサーサイト  [Edit]
-------- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
|
今年も  [Edit]
2006-12-31 Sun
 もうすぐ終りです。今年のことは振り返ってみても行き止まりの道があるばかりで、立ち竦んで途方にくれてしまう。近付くこともきちんと思い返すこともできそうにないから、なるべく振り返らないようにして今自分がいる足元だけを見失わないようにって、それだけ念じてきたけど。でも彰と野ブタ。のおかげかな、やっと力を抜くことができたのは。何度でも言うけど、それだけ会えたのは大きかったのだよ。

 ぎゅっと縮こまって丸くなってたのが息を吐くことができた。「できないことじゃない」って私にも思えたしね。それに幸せを祈れるやさしい気持ちになれた。ような気がする・笑。ありがとうね。あと、変わらずに自分の場所に立ってるあなたたちにもv

 さて、とりあえずのお楽しみは白虎隊(オイ)。それからまたひとつづつ好きなものを積み上げていこう。
memo | 野ブタ。
CM:0 | TB:0 |
野ブタ。をプロデュース  [Edit]
2006-12-01 Fri
 去年ドラマ化の前に手に取った時は10ページで挫折したんですが、最近DVDで一気観したドラマがあまりにすんばらしい出来だったのでリベンジ。彰が出てこないことも(ココ重要)、話が大分違うことも知ってはいましたが、もしドラマの良さが少しでも原作から来てるのなら感謝しなきゃな、と思ってさ。それくらいこのドラマの綺麗さや、孤独と背中合わせのやさしさに慰められたので。しかし結果は改めて脚本の木皿泉氏やプロデューサーの河野英裕氏にリスペクトを捧げることに…まあ多分そうなるだろうと思ってたけどね<オイ。原作の良さ…綺麗だったところ…思いつかなひ…;

 共通する部分と言えば、修二の原型に名残があるのと、修二転落のきっかけくらいかな。他人との距離感…遠すぎたらさみしいけど近すぎたらうっとうしい、ガッコにいる間うまく付き合っていければ自分をさらけ出す必要なんかないという高校生像は確かに原作から刺激を受けた部分でしょう。だけどそこに見てるもの、そこから語りかけてくるものが全然違うんだね。原作はただその世代のある一面をそのまま映し出しただけ、そこに現代の高校生像がリアルに描かれていようが私的にはだからどうした?って感じですねー底が浅くて薄っぺらい…としか言えんなあ。まあ文○賞はここずっと低年齢化してて全体的にこんなレベルなのかもだけど(どれも読んでないけど)。「(笑)」も最後まで許せなかったよ…どう考えても小説にはいらねーだろ…文章で書けよ;

 一番違うのは転落してからか。いやそもそも「他人と深く付き合うのはヤだ」というとこは同じでも根っこは結構違う人間だったから当たり前と言えば当たり前なんだけどね。ドラマの修二はこんなラヴラヴ家庭で育ってなんでそんな冷めてんの?てなとこあったし。でも共感できたのはドラマの方。多かれ少なかれそういう部分は私もあるし、駄々をこねない手のかからない子供って案外執着とか情とか薄くなることあるのわかる。それでも冷めた部分と同時に人間スキーなとこがあるのも。

 かたや原作修二は自分を演出することができなくなって他人を拒絶、そのくせ内心で何で今までうまく盛り上げてきてやった俺を賞賛しないんだとプライド高いままだったり、自分がプロデュースした野ブタ。っていう結果がある限り、誰も知らなくても自分が創った世界でみんな生きてんだと暗い自意識抱えてたり、何にも分かってないねコイツ…と。まして野ブタくん、自分をプロデュースしてくれたことを皆に言えば分かってくれるんじゃって、それで分かるのって、皆を自分の掌で転がそうとしてた=対等と思ってなかったってことですから。そこはもし我が身を振り返って後悔してたら恥ずかしくて言えないところよ。

 そういう過去の自分と向き合って、自分のしてきたこととその結果を引き受けてたドラマ版とは全く別のベクトル向いてたなあ。挙げ句転校しても全然懲りてねえし。リセットしてやりなおしってゲームじゃないんだからさ…。同じ転校でも「俺たちはどこででも生きていける」というドラマの境地とは遠く遠く隔たったところに着地。「人生はきっとそういうゲームだ」という最終回の言葉も、一回目の「人生はゲームだ」とは違う意味で使われてて深かったんだけどね…こんだけ最初と最後で進歩も成長もない青春物語(?)って逆にすごいかもね(誉めてないけど)

 まあ底が浅いというよりはきっと原作はそういう成長物語を描く気はそもそもなかったんでしょう。若い作家ってうそくさく感じるのかなそーいうの。人間てそんなに簡単に変われないし、救いなんか待っててもこないんだって? …でも私は信じる。そして信じさせてくれる物語が好きだよ。

 うーむ全然原作の感想じゃなくなったが…私的にはドラマに完全に軍配が上がってスッキリした。これで何度目?てなくらいリピートしてますが、どの話にも好きなシーンや言葉がいっぱいあって、書き留めておきたくなって困る…彰のかわいいシーンもね!

野ブタ。をプロデュース 白岩玄(河出書房新社)
novel | 野ブタ。
CM:0 | TB:0 |
えいがダヴィンチ・コードとか  [Edit]
2006-11-14 Tue
 DVDで【映画】ダヴィンチ・コード観ました。んー…つまらんかった(ぼそ)。まあ原作がすでに映像化されてるみたいな文章だったからねえ…ただそれをそのまま起こしました、みたいな?なんか誰からも紙の上以上の人間味が感じられなかったんすけど…。暗号もあれじゃ単なる記号、ソニエールが暗号に込めた気持ちが描かれなかったりラストを変えちゃったりしたら意味ないような気がする。オプス・デイ側とシオン修道会側もそれぞれ何をしたかったのかイマイチ分からず。一応原作の知識で補ってたけど映画ん中でちゃんと描かれてたっけ?…ってそれはちゃんと観てなかったからかもしれないが。とにかく映画の肝がどこにあったのか、見終わってもこう心に残る部分がなかったというか…うーむ。結局メインはキリスト教の秘密ってことかな。でもそれだけなら本で読んじゃったんで、おおー!という驚きもないしなあ。やっぱりそれはあくまで背景であって、人間メインじゃないとね。

 ミステリ映画は前も原作先に読んでいったら寝ちゃった(…)ってことがあったんで、案外読んでなかったらもっと楽しめた…のかもしんない。わかんないけど。つーかもしかして問題なのは今自分の脳内野ブタ。漬けってとこで、アレより面白くないと自動的に却下されるようになってんのかも…。

 野ブタ。見終わったのがさみしいんでリピートして流してます、マジ。なんかねえ~見れば見るほど思うんだけど綺麗なドラマだね、これ。映像も綺麗だけど作り方が。中身が。気持ちが綺麗だなと思う。だからすごく癒される…浄化されるような気がすんのかな。ああそれにつけても彰かわいいやつ…(←浄化?)。まだまだまだまだ見ていたい…のでうっかりクロサギ借りてきてしまいそうな、そんな危険な状態ですよ今の私。誰か助けて~~笑。
コメントを読む(2)
  by まき
バンリさんこんにちはv
ダヴィンチコード映画は私もがっかりした覚えがあります。笑 映画館で見たので、美術館が実際に映像で見られたのが良かったなあ、くらいで。
それより(失礼)リピーターになってる!!笑
わかります・・・彰かわいいですからvv
勢いでクロサギはリアルタイムで見ていたのですが、暗すぎて私は途中すごく見るのがつらくなったんですよ。だから野ブタ。ほどの満足感は得られないかも?でも逆にクールダウンになっていいかもしれないですね。笑
ドラゴン桜はごらんになりましたか?Pがありえないくらい美しいです。最も美しかった時期です・・・!
と、引き止めるどころか誘惑のささやきを残しておきます。笑
  by banri
助けてくれるどころか突き落としてくれるのは誰ですか?笑
もうね、演技とか表情とかがどうのじゃなく、存在がかわいいですから…!分かりました、こうなったら覚悟を決めましょう。お嫁においでv(錯乱中) クロサギもどんと恋~~。

>ドラゴン桜
かしこまリィ♪(もちろん指鳴らしつつ)早速借りてきましたよ~。ありがとうございますv
media mix | ダン・ブラウン | 野ブタ。 | 山P
CM:2 | TB:0 |
【ドラマ】野ブタ。をプロデュース  [Edit]
2006-11-12 Sun
 一年前のドラマですがすみません。再放送ですっかりハマっております彰に…。一週間に3話しかやってない&声が聞こえない(←仕事中…)のに業を煮やして、週末DVD一気観。彰ラーヴ!そして思ってたよりずっといいドラマでした。起伏の大きな展開やぼろぼろ泣けるドラマチックさはないんだけど、一人ひとりの感情の描き方がすごく丁寧で、なんかすごいフツーの高校生してるの。演技って感じじゃない素の表情や高校生ライフがよかったな~。なんであんなムダに楽しそうなんだ<「バイバイセコー」笑。主役3人以外の生徒たちも、個性的な先生や本屋のオヤジも、かわいい親兄弟も(オヤジたちがホントみんなかわいいんだv)、みんなが自然にそこにいたって感じ。

 このドラマ作りのうまさはマイ☆ボスの仕掛人ってことで納得!と思ったんだけど、映像もきれいだったなー。昼休みの学校の屋上、夜のベランダ、夕焼けのススキ野原、てのひらに握りしめられた花びら、つながった3つの輪、幸せを願ったクリスマスプレゼント…。きれいで楽しいばかりじゃない学校生活だったのに、あとから思い出すとそんなことばかりが残っててもう一度観たくなったり。なんてことない場面でも何でか特別な感じがすることがよくあって、うまいなーと思ってました。小道具の使い方にもほっとさせてくれるやさしさがあったし、大事なことは声高に言わず底に流して、ありのままの姿から気づかせてくれる脚本と、一貫して抑えた演出に気が付いたらすっかり見入ってましたねえ。一番は彰だけど、実は彰だけじゃなかったのでした。

 以下長いので続きから。

...More

 彰。最初に「こいつって…」と思ったのは文化祭、それまで見せたことのなかった真剣でしかも泣きそうな顔を見てから気になって気になって。改めて最初から見直したら、やっぱりこいつっておバカでかわいくてやさしい~大好きだ~。立ち上がったり歩いたりする度にどこかに手足ぶつけるクセも、ドゥーなしゃべり方も、万札とアイスのアタリ棒を輪ゴムで留めて手帳に挟んでるお金持ちかつ庶民的なとこも、サムい独り笑いもchu!コンコンも、実はケンカ強いとこも凹んでるとこも人の話は聞いてないけど姿はいつもちゃんと見てるとこも、絶対ひとを責めたりしないとこもたまに見せてくれるマジな顔も書ききれないくらいメモリーに残ってるわ。山Pって顔の輪郭キレイだよね~~…でかい身体とあの髪型と、犬みたいに懐くとこもウザがられてもめげない好意の示し方も、なんかツボ…デジャヴ。

 修二と彰は最初っからマブダチなのかと思ってたけど、最初は彰の一方通行だったんだね。でも段々愛情友情が伝わって…よかったねえ、どっちもね。彰にとっても修二がはじめての友達なんじゃないかと思うすよ。あの調子でずっと浮いてただろうし。「一番したいのは…ケッコン」があんまりかわいかったので野ブタは彰にあげたかったけど、まあそれはそれ。やっぱりあのラストでよかったです。…ヘリコプターって!!学ランも似合うねv…なんかまだまだいろいろ言いたいことあるんですがありすぎてまとまりません…笑

 修二。最初に出て来た時は、ああ確かに原作もこんなキャラだったな(10Pしか読んでないけど)と。でもこいつも文化祭ん時にちょっと違うぞ?と。あっちでもこっちでも役目引き受けるハメになっちゃって、でも要領よく適当に済ませないでちゃんとやってしまうところが…「兄ちゃんいいやつだよ、約束は絶対守るし」なのよねえ。下手したら今どきのありがちなキャラになるところが、すごく人間くさいいいやつだった。そりゃあんなラブラブ家族で育ってるしね…(彰んとこも多分ラブラブだと思う…)。何度も何度も、花が出るまでやりなおしたあみだくじが好きだったなー。人気者の地位から落ちていく時も、元々の修二がニセモノでしかなかったらメッキが剥がれたら後には何も残らないけど、やっぱり土台があると違うね。原作にもちゃんとそんな土台があるんでしょうか。

 野ブタ。最後まで野ブタは野ブタだったのがよかったすね、へたに変身しなくて。声も低いままで。ラストまで笑顔封印したのも○。義父親との話もあれっきりでまだおとうさんと呼べないままだったけど、あれで十分この先の関係修復を予感させるものになってましたねー。ここでも彰だし、そういや前半は絶対彰のが野ブタに対してポイント稼いでたのに…不憫なやつめ。

 まり子。ミサミサかわいかったーええ子でしたねホント。かわいいだけじゃなくて甘えないし頭もよさそうだし、随所に芯の強いとこが見えてね。高校生の女の子が、あれを乗り越えて「できないことじゃないから」と笑ってみせるのはできすぎかもしんないけど、凛々しくてけなげでした。がんばれ。

 大人たち。修二父と彰父とおっちゃんはかわいさ対決しても甲乙つけがたい。キャサリン深すぎ。デルフィーヌ京極堂かと思った…そう言えば店名も似てるね。みんなさり気に含蓄あるのよねー。

 あといろいろいたりあったりしますが、ひとまず割愛。とにかく細かいとこまで行き届いたすごく丁寧なドラマでした。網五(アミーゴ)高校って…オチマイ☆ボスとおんなじかい!
 あああーDVD見終わってさみしい…彰~~!

野ブタ。をプロデュース DVD-BOX
media mix | 野ブタ。 | 山P
CM:0 | TB:0 |
オーラソーマ  [Edit]
2006-11-06 Mon
 その前に限りなく私信に近い予告を。来月最初の土日に上京しまっすー。具体的な予定決まったら何人か声かけてみよっかなと思ってるんですが、もしカレンダー空いてたら迎撃してくださいなv

 んでオーラソーマ。週末実家でごろごろテレビ見てたらオセロの番組で相川七瀬がなかなかスルドイ分析をやってみせてました。夕方の番組だったから再放送かなと思いますが。占いとか自己分析にはほとんど興味がないし、やった先から忘れるのであんまり意味ないんだけど、キレイな色のボトルが並んでてちょっとウキウキしたのですよ。そんで家に帰った途端某所のエントリでWEB版があるのを見て思わずやってしまいました。…あれ?これ結構前に友達んとこでも見たな…結果しか出てなかったんで気がつかなかった。確かに彼女の本質突いてるかも…と思ったんでした。

 へええ~結構思い当たるところがないでもないな…。試みに選びそうにない色や順番を変えてみたりしたけど、そりゃ違うって感じだもんねえ。私の場合だから何ってわけじゃないんだけど、その人が選んだ色を見るだけでもなんだか楽しいなと思って。結果見たい方は続きからどぞ。

 再放送と言えば、今こっちでも夕方「野ブタ。」やってるんですが、彰がおバカだけどなんかすっごいいいやつでかわいいんすけど。つってもチラ見だし、声もあんまり聞こえないしでなかなかじっくり観てられないんだけど、途切れ途切れながらも「コイツ(彰)って………ラヴ」って思ってからは気になって仕方ない~~。最初あんま興味なかったんでちゃんと観てないし(原作10Pで投げたし…)再放送のくせに毎日じゃないしでDVD借りてくっかと思ってるとこっす。おまけにMさんとこでみたんだけど、マイ☆ボスのプロデューサーさんなんだって?なんか納得~。修二も原作とどうなのかわかんないけど、それまでの価値観がぐらついてるあたりが上手いなーと思ってしまった。あと修二弟と親父がかわいいぞ!!

...More

オーラソーマリーディング

◇一本目 魂のボトル(あなたの本質を示します)

053.gif
本当の意味で、自分を知っている人。真実の探求者です。自分にとっての真実、自分の進むべき道を気づいています。記憶力や識別能力に優れており、あらゆる情報や世間の通説に惑わされることなく、魂が本当に求めること=正しい選択をしていくでしょう。何が自分にとって一番大切か、必要かを理解しています。常に自分の心に正直であり、誠実に生きていく人。あなたは、自分が望む生き方が宇宙の法則に従っていることを理解しているのです


◇ 二本目 チャレンジ&ギフトのボトル(あなたの過去と乗り越えるべき課題を示します)

053.gif
ハートの声に耳を傾けていません。自由な感覚で日々を楽しむことを放棄した状態。感情をコントロールして、それがうまくいっていると思っています。自分を上手にコントロールして表現することができると自画自賛するようなナルシスト的な面も持っている反面、実は感情に触れておらず、人と分かち合えていないのです。精神的なしなやかさに欠け、拒絶や問題を極端に受け止めがち。恐れを内に秘めていることを、認めていく必要があります。


◇三本目 「今ここ」のボトル(現在の状態と気づきを示します)

053.gif
あらゆるレベルで浄化されようとしています。あなたに今必要なのは、受け入れたり、取り入れたりすることより先に、自分の中に溜まっているものを流しだすことなのでしょう。自分の中に澱(おり)のように溜まった涙を流すことで、あるがままを受け入れられるようになるでしょう。そして、あなたの中にある虹を見出していくのです。あなたはあなたの魂の色に気づき、この世に生まれた意味と目的を知っていくでしょう。


◇四本目 未来のボトル(現在の状態からどう変わっていくか、未来の可能性を示します)

053.gif
深いレベルでの愛が目覚めています。理想的な思想を、現実的視点で実行に移すことのできる志の高い人です。人類の平等や平和について希求していきます。明確かつ建設的な仕事をするあなたは、着実に自分の目標を達成していきます。そして、その目標は高い志と深い愛に根ざしているのです。崇高な目的のためならば、自分の身を投げ出すことをもいとわないでしょう。良い意味で自分を犠牲にすることのできる深い愛を持った人なのです。


コメントを読む(2)
  by まき
バンリさんこんにちは~☆
ちょうど声をかけようと思っていたら、日記にイニシャルが出ていておどろきました!
全然別件なのですが、宮部作品を読みまして。はじめにレベル7を読んだのですが、おもしろかったので、すぐにバンリさんのブログを検索して、好きと挙げられていた「ステップファーザー・ステップ」と「龍は眠る」を読みましたvおもしろいですね、今まで避けてきたのが悔やまれます。笑
こういう時にバンリさんのブログが指針となってくださって感謝!です。ありがとうございました~。

野ブタ。の彰かわいいですよね!!私も彼がお気に入り。そして修二の父と弟もvv
マイボスと同じ仕掛け人ですよ、まんまとはめられています。

オーラソーマ、占い雑誌などに結構載っていますね。そういうの好きなので。笑 優柔不断だから、どれを選べばいいのか迷いますが、気まぐれに選んでも結構当たっていますよね。ご紹介されているサイトでもまた試してみますvではでは。
>まきさん  by banri
こんばんはですv
私も彰かわいいやつ…!と熱上がったところにタイミングよくまきさんが書いてらしたので、おおーっvと思ったのでした。
週末TSUTAYA半額で借りてくるつもりです~。

「レベル7」や「龍は眠る」は当時久々の夜更かし本だったですねー。「ステップ~」は理屈抜きで好きです・笑。
宮部さんは昔から少年とおじいちゃんがいいですね。
私もなんとなく読まないまま来て、もっと早く読めばよかったー!ってよくありますね…まあ、今が自分の読み時だったに違いないとすぐ開き直るけど。

オーラソーマ、ただボトルを並べてみたかっただけという…。結構その時の状態で気になる色も違うみたいだし、時間置いてまた眺めてみたいような気もしますー。
memo | オーラソーマ | 野ブタ。 | 山P
CM:2 | TB:0 |
| 日々是好日 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。