読書の欠片ネタバレあり
10≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12
スポンサーサイト  [Edit]
-------- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
|
天と地の守り人 全3巻  [Edit]
2007-04-13 Fri
 「守り人」「旅人」両シリーズがこれで完結。ずーっと待ってた人もいるのに、わたしは去年読み始めてとんとん拍子に来ちゃいました、すみません・笑。

 30才の女用心棒バルサの生き方と、この世界と重なって存在するもうひとつの世界ナユグ、そしてその影響に翻弄されるチャグムやアスラたちを描いた「守り人」シリーズと、皇子としてチャグムが国と国との関わりや民の幸せを探す「旅人」シリーズ、大きく広がっていった二つのシリーズが本当にこの三部作で交わって終わるのか?と思ってたんだけど、いやー見事でした。今までの両方のシリーズで語られていたことがすべて意味を持ち、大きな世界の物語がひとつになっていく。読み終わった今思い返しても、よくたった3冊でこれだけの物語を語り尽くせたなあ~~と感心してしまいます。すごい。そして本当に両シリーズの完結にふさわしい面白さでした!

 チャグムが生きていることを知らされたバルサは、彼を探しにロタへと向かう。南の大国タルシュが新ヨゴを攻める準備を着々と進めている中、時間との勝負で同盟を結ぶべくチャグムはロタのイーハン王子の元へ、そしてカンバルへ。一方チャグムの父である新ヨゴ皇国の帝は、鎖国して兵を集め、民を犠牲にしても「国」と「王の神性」を守ろうとし、タンダたちは草兵として戦いの最前線へと駆り立てられていくー

 まずは1作目以降交わることのない道を歩いていたバルサとチャグムがようやく再び会うことができてよかったー。もちろんそれはチャグムが皇子のままであれば決して交わらなかったはずで、流浪の果てに海に飛び込むという無茶をやったからですが。あまりに先が見えない中を孤独に泳いでいってしまったので心配してたんだけど、最初は11才だったチャグムももう16才。世界を見てしまった今、国に縛られナユグを夢みていた彼はもはや、自分が穏やかに平民として暮らしたいとは思っていない。やっぱり少し痛々しくはあるけど、大人になりつつあるんだよね。

 とにかくそれぞれの国の話が平行して語られるんだけど、これがもうファンタジーで括るにはリアルなのよね…戦いの描写の容赦のなさったら銀英伝を彷彿とさせるし、ただ各国の思惑を俯瞰するだけじゃなく、王や民それぞれが背負っている思いが丁寧に描かれてる。単純に善悪に分けられず、それぞれに矛盾も抱えつつ生きるしかないから…重いです。そしていくつもの流れが交わったところから別の話へとつながっていく展開がすばらしくて目が離せなかったす。

 こちらの世界の国の動きや思惑も読み応えたっぷりで、特に前作「蒼路」で最も気になる人物だったヒュウゴは、今回本当に物語の核の部分を担ってましたね~。タルシュに滅ぼされたヨゴの民でありながら、タルシュの密偵となっていずれは宰相になるべく動き、チャグムを攫い新ヨゴを攻める足がかりを作りながら、本当は誰よりも大きな絵を描いている。帝国と言えどただ果てしなく攻め取るだけではやがて終わりが来る。帝国にとっても枝国にとっても、北の国々にとっても最も幸いな未来が来るように。

 反対にバルサはもともと国なんてどうなっても民が生きていければいいわけで、そのバルサから見た物語も別の側面を見せてくれるし。国の物語とは別に、人を助けるために人を殺す用心棒としてしか生きられないバルサの人生も、もいちどゆっくり振り返れたり。「だけどさ、こんな人生だってかなしみしかないわけじゃない」 落ち着いて平穏に暮らすことができないせいで微妙だったタンダとの関係も大きな転機を迎えるしね。いやーすげぇ愛でした…(平伏)

 そして、前々からちらちら出てたもうひとつの世界の異変、何百年かに一度来ると言われてる「ナユグの春」がこうつながるのか!とすっごくカタルシス。あちらの世界ってのが作者の持ち味の土着な世界観ですごく好きなんだけど、精霊たちの王の婚礼の季節がこちらの世界にも多大な影響を与えるというのはファンタジーというより自然の姿や古い信仰に近く、なんかこう敬虔で壮大な気持ちになります。人間界と自然界ってこういう風に相互につながってるよなって。

 とにかくいろんな物語に満足でした。こんな風にこの先も世界が続き、生きてくんだろうなって信じられて物語が終わるのってすばらしいですね…。ね、主上…<え

天と地の守り人〈第1部〉 天と地の守り人 第2部 (2) 天と地の守り人 第3部 (3) 上橋菜穂子(偕成社)
novel | 上橋菜穂子
CM:0 | TB:0 |
獣の奏者 I 闘蛇編/II 王獣編  [Edit]
2007-04-10 Tue
 闘蛇を操って王国を守る闘蛇衆の村で育った少女エリン。厳しい戒律を守り森を渡り住む「霧の民」でありながら、かつてエリンの父と一緒になった母は、類稀れな獣ノ医術を持つ優れた闘蛇衆だったが、ある日世話をしていた闘蛇全てが死んでしまった咎で残酷な刑に処せられる…。それを救おうとしたエリンもまた闘蛇の群れにまかれたのを見て、母はとうとう「禁じられた操者の技」を使ってしまうのだった。そうして母を失い流されたエリンは、やがて自分自身でその禁じられた技に辿り着き、国の秘密に関わる数奇な運命に巻き込まれることになるー

 去年出た「守り人シリーズ」ではない新作、ようやく読めました~。こちらもファンタジーだけどどこか土着な世界観、アボリジニの言葉なのかそれを基にしたオリジナルなのかわからないけど独特な読みの言葉たちにまずはぐいぐい引き込まれますね。闘蛇のビジュアルが懐かしのスケバン刑事のあの蛇に直結したせいか、岩場で闘蛇を飼い育てる闘蛇衆の小さな村のイメージはなぜか梁山泊・笑。

 「魔がさした子」として身内からもどこか距離を置かれていたエリンが、娘の命と戒律との間で一瞬迷いを見せた母の最期の態度にも傷つきながら、蜂飼いのジョウンに育てられて、自然の姿を学んでいく前半が何といっても生き生きしてて面白かったな~。蜂を夢中で観察するところとか、ひとりでぶつぶつと考え、考えるだけじゃなくつい行動に出ちゃうところとか。エリンの知識欲や不思議を考える力が、ジョウンと暮らして一気に開花していくのがなんともたくましい。

 なんとなく上橋菜穂子の文章から想起される女の子は、例えば小野さんのサヴァサヴァした女子と比べるともっと「少女」っぽいイメージがあるんだけど(野生育ちゆえの純粋さみたいな)、これが意外と中身は一筋縄じゃいかないのよね(やっぱりバルサを生んだひとだわ~)。エリンも一見内気そうなのに、頑固で決してただ流されていかないような、硬いものを内に秘めてるところに何度もハッとさせられました。そして、だからこそこの物語は後半ああいう方向に進んだんだな…って。

 幼い頃に出会い惹かれてやまない「野生の王獣」と、王国で飼われている「真王の王獣」との違い。それを知るエリンが一頭の傷ついた王獣と心を通わせ、本来の姿を取り戻させたことで王国に争いを呼び起こす。ただ生き物を野生のまま在るように存在させたいエリンの願いが、国に失われていた何かを取り戻し幸せになれるんだったら全く違う爽快な話になっただろうけど、段々暗雲立ち込めてくるので苦しくなってきたよ…。だって、段々明らかになってくるのは、どんな道を通っても結局我欲から滅びへと向かってしまう人間というものへの絶望と虚無感だから。一方、通じ合えたと言っても根本的に生物としての在り方が違う、人と獣の相容れなさだったり、厳しいけれど確かにそれが自然界であり人間なんだ、と粛然とするのよね~~こういうことをとことん突き詰めて描くってすごいよ…。

 過去の悲劇が最期まで隠されてることや、時々全てが終わってしまってから振り返っているような視点が混じるのも、悲劇が先に待ってるような冷やっとする感触があってね…読みながらドキドキしたよ~だってエリンの心が段々冷えていくのが分かるし。ど、どうなるの…?と…。終章直前のエリンの心の寒いこと暗いこと…

 悲劇を繰り返さないために過去の人々が選んだ道と、娘の命を救うことを躊躇わせる戒律や自然の姿を歪めて獣を縛ることを憎むエリンと、どちらが最善なのか簡単に答えがでることじゃないし、結局ただその人の信じたように生きるしかないよなと思う。知りたかった「生き物の性」の果てにあるのは、唯一の真理なんかじゃきっとないんでしょう。エリンも結局いろんな想いに引き裂かれつつ最後の選択をしたわけで。その図もまた描いた希望に比べてあまりに凄惨ではありますが、虚しさだけじゃないものが残ってホッとしましたです。人と獣であれ、人同士であれ、完全に分かり合えることなどあるはずがなく。だからこそこういう何かが通じたと思える瞬間が大事なのだ。それで十分じゃん…て気がします。はい。

 これ下界の混乱が急速に遠くなったけど、シリーズ化…じゃないよね?多分。なんかこのままひっそり人知れぬ土地に行ってしまったような気がします。下界では神が人になって新しい時代がはじまるし、やがて神話になってしまいそうなラストだなーと思うのですがどうでしょうね。

 それにしても、最初は王獣舎の先輩トムラ、次は王の盾のイアルと、いい感じvの男子もいたのに全然恋愛になりませんでしたね~~。

獣の奏者 I 闘蛇編 獣の奏者 II 王獣編 上橋菜穂子(講談社)
novel | 上橋菜穂子
CM:0 | TB:0 |
図書館危機  [Edit]
2007-03-08 Thu
 3作目にしてラストひとつ手前になるのかな。常習変質者捕獲作戦、昇任試験、「床屋」訴訟とジャブをいくつか繰り出したところで茨城県展の大闘争へ。良化委員会、ひいてはメディア良化法を真っ向から否定した作品が県展の大賞を取ったことで、警護のため人手を送った関東図書隊は、良化委員会がこの地で「無抵抗主義」を標榜する市民団体を使い、現地図書隊の実質的権限を大幅に削いでいたことを知るー

 日野の悪夢再来かというようなかなり生々しい戦闘だったわ…; そして結構いやーな感じにあとひく一戦ですねー。この結果が一体どんな状況を招くのか想像つかないけど…う~む、「転」っちゃ「転」だけどこれ次で決着つくのか?! 何を持って決着というのかにもよるけどさ。メディア良化法の瓦解まで至るにも時間が足りない、郁の成長も追いつかないのでは。手塚兄の組織にとっては乗っ取りの最好機?民意を操作されると弱い武装組織なだけに、揺るがない信念の象徴がいなくなることで相当ぐらつくことが予想されます…。思想合戦になるともやもやっとしちゃうので、それをぱあっと晴らして希望を示してくれる展開になるといいっすね。

 見かけは突飛なシチュエーションでも、どこにでもあるジュブナイル要素をリアルに描いてくれるのもこの作者の持ち味。郁の母娘問題と女子寮内のヒエラルキー、手塚兄弟のすれ違いとかね。一度歪んでしまった関係はそう簡単には元に戻せないという現実をちゃんと踏まえつつ、そうなってしまった時の心の持ちようみたいなものをちょっとだけ年上の視点で示してくれてると思う。おそらく年代が近いせいか、この辺の考え方には結構近いものを感じますね~。未熟でいろいろうまくいかないのは当たり前、それを段々上手くやれるようになるのは妥協や諦めじゃなく。年取ると許せることが多くなってくるもんです・笑。

 ま、それはそれとして、じれったい月9カップルは増加の一途を辿ってますね・笑。本命の二人は、堂上の方がバレたことを知らないだけにやたらスキンシップ度が上がってるような。郁もなんだかんだ言いながらちゃっかり手ぇ握ってもらったりしてるし、なんだかすでにバカップル? 小牧は相変わらずひとり別の世界を作ってるし、隊長と折口女史はいい大人同士だから口挟む筋合いじゃないし(わたしならちゃんちゃんこ着てからはイヤだが…笑)、こうなると今一番気になるのは手塚・柴崎だったりして。柴崎が簡単に認めるとは思えないんで、もし手塚が自覚してもなかなか厳しい道のりが待ってそうですが。…がんばれ・笑

図書館危機 有川浩(メディアワークス)
コメントを読む(2)
  by sonatine
はじめまして。こんばんは~。
私も郁の手をちゃっかり事件?にはなんだかんだいってすでにばかっぷる(笑)と思いました。
にやつきながら笑いました。
この本、ホント人前で読みたくないです。
絶対変な顔してるから。
TBさせてもらいました~。
>sonatineさん  by banri
はじめまして、こんばんは。
コメント・TBありがとうございます~。
今回接触多かったですよねー…というか堂上バレバレですから!!笑
郁に素性バレてることが分かったらフリーズするんだろうな~と思ってたのしかったです。
いざ自覚したら意外と郁のが上手取るかもしれないですね(?)
でもここは堂上にがんばって一本とってもらいたいですー。
次巻が楽しみですね。
novel | 有川浩
CM:2 | TB:2 |
クジラの彼  [Edit]
2007-03-07 Wed
 ベタ甘ラブロマオンリーの短編集。「レインツリー」みたいな感じならちょっとパスかなーと思ってたんですが、私の好きな「海の底」のスピンオフものが二つ入ってるというので借りてきました。

 全部で6編、うち「海の底」関係が2つ、「空の中」関係が1つ、残りの3つも自衛隊モノとなっております。やっぱこの人の自衛隊ものは好きですね。…しかーし、ベタ甘ラブロマにはわたしの中で微妙なラインが存在することがわかりました!

 ベタ好きなんですよ、基本的にわたしも。太一郎さんとあゆみちゃんは私だって好きだ!ギルバートとアンも、ジュディとペンデルトンさんだってベタ万歳だ。だけど、有川さんのベタ甘は時々活字じゃなくてとっても映像ちっくだぞ…?読んでる感よりもドラマを見てるような感じが強いのはどうも駄目みたいだよわたし…。

 有川さんは割と現実的なディティールを大事にするひとだということは分かってて、それ自体は好きなんですが、これがラブロマになると三次元的リアリティは気恥ずかしくってだめだ…!!どんなにリアリティ詰め込んだって所詮はつくりもの、それなら状況に多少少女マンガ的二次元フィルターかかってる方が気持ちよく浸れるみたい。恋愛モノTVドラマをそのまま紙の上でやられると裸足で逃げ出したくなります・笑。

 なので、せっかくの「海の底」番外だったけど、「クジラの彼」は萌えライン下。冬原はいわば「図書館シリーズ」の小牧に相当する役で、熱血な相方の横に配置されると喰えなさそうで奥深くってすごく魅力的なのに恋愛モノの主役になると揃っておもしろくない…どこにでもいるただの男になっちゃうわ~。カッコよくってやさしい男なんて全然フツーだよ!笑

 夏木カプのその後を描いた「有能な彼女」は、まだ夏のウカツさがかわいいのですが、やっぱりね~結婚への現実的なステップというか精神的な壁をどう超えるかってのはリアリティはあっても読んでてこうきゅ~んとくるものではなくて。「空の中」で唯一好きキャラだった高巳だけど、子供がいても飛ぶことをやめられない妻や心無い言葉に傷つく娘への愛情を語った「ファイターパイロットの君」も、同じく萌えラインの下…(ち~ん)

 が、逆にスピンオフじゃない3編はなかなか気に入りましたv。「かわいげなくて生意気で居丈高なくせに、たまに隙だらけでめちゃめちゃかわいいWAC(女性陸自官)」な「国防レンアイ」はベタベタですがTVドラマというよりどっちかというと少女マンガだし(ヒロインとしての限界を超えた台詞って…自分的には全然限界内だったのでわかりませんでした…汗)、「脱柵エレジー」はごく短い、駐屯地内警衛詰め所での1シーンなのに免許皆伝には思わずにんまり。これはわたしはやさぐれ清田よち吉川のがいいな、淡白なのにカワイくって。

 で、一番のお気に入りはというとトイレトイレと連呼される「ロールアウト」かな。ヘンなリアリティがあるのは同じだけど(笑)自衛隊輸送機内という非日常感がこっ恥ずかしさを軽減してくれます(?)。これもやっぱり女子が一枚上手な感じがかわいいのかもしれません。

 …自分的ベタ甘ラインが微妙すぎとは思いますが、こんな感じでわかるでしょうか。要はあんまりリアル恋愛なのより少女マンガフィルターで覆ってある方がすきってことかな。ちなみに「図書館シリーズ」はあれは完全に少女マンガですから。正しく活字でベタ甘なんでぜんぜんおっけーです・笑

クジラの彼 有川浩(角川書店)
novel | 有川浩
CM:0 | TB:1 |
サンキュー、ジーヴス  [Edit]
2007-03-06 Tue
 7冊目ですが時系列的には最初の長編になるんでしょうか。しかしなんとのっけからジーヴスが辞表を提出するというスリリングな展開で幕を開けた「サンキュー、ジーヴス」。ジーヴスとバーティの関係もいろいろ乗り越えてあそこまでになったのねえ。

 バンジョレレという楽器がどういうものかはよく知らないが、バーティ歌はうまいのに楽器はよっぽどだめなのね…。ロンドンのフラットを追い出されジーヴスからもバンジョレレとの同行を拒否され、友人のチャッフィーが所領するチャフネル・レジスへと居を移したバーティを待っていたのはまたも友人の恋愛問題。しかしその相手がかつてアメリカで一瞬だけバーティと婚約していたストーカー嬢で、チャッフィーが彼女に結婚を申し込むのを阻んでいる大きいだけでやっかいものの屋敷と伯母さんを一度に片付ける鍵を握っているのが、バーティの宿敵グロソップ御大ときたら、おもしろくならないはずがない。

 しかしバーティの行動っていつも本人的にはやむを得ない感じで、むしろ周りの人たちの方が突飛で非常識だったりすることも多いのに、結果だけを見るといつもバーティが変に見えるってのが絶妙ですね。今回なんてめちゃめちゃ被害者だと思うのですが・笑。それでもどこかお人よしで友達思いで憎めないバーティ…「あなたには、頭のくるくるしたアヒルちゃんみたいな可愛らしさがある」ってのは言いえて妙だわ~~。わたしも彼のそういうとこがすきだわ・笑。

 いやー決して馬鹿じゃないですよね彼は…そして今回、ジーヴスの薀蓄や話し方が一番輝くのはバーティといる時だということもよーくわかりました。しかしその一番のポイントが「生まれついての独身者」なこととは、へぇ~~って感じです。一体どんな「職業上の感情」があるのか気になるところだけど、そういうことなら確かにバーティはジーヴスにとって理想的な主人なんだわ。バーティの余人の追随を許さないユーモア溢れる言い回しと(「頭のてっぺんから2センチ半飛び出して先っぽがくるんと丸まっていた神経」なんて)ジーヴスのどんな滑稽な状況も難しく言い換えてしまう掛け合いはホント最高です。

 前に解説で触れられてた「バーティとグロソップ御大が親友になる」のって、ひょっとしてこの話がきっかけなのかも。キ印の印象が変わっただろうと思うと私もうれしいわ・笑。だって今回のラスト、ほんとうにバーティって金のハートの持ち主なんだもん~~。ジーヴスの采配でバーティだけが貧乏くじを引くのもいつものこととはいえ、それも愛情ゆえと思える思えるジーヴスの一言にも大満足ですv

サンキュー、ジーヴス P.G.ウッドハウス(国書刊行会)
novel | P.G.ウッドハウス
CM:0 | TB:0 |
<<Prev | 日々是好日 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。