読書の欠片ネタバレあり
10≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12
スポンサーサイト  [Edit]
-------- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
|
風邪でした  [Edit]
2005-11-29 Tue
 ひいちゃいけない時に限ってひいちゃう罠。咽が痛いですがさっさと医者に行って寝倒したので何とかピークは過ぎました…むしろ谷間の休みでよかったと言うべきか。でも実家から大量に届いた漬け物用の白菜は根性で漬けた(笑)

 しばらく本が読み進められなかったんだけど、気が付いたら感想が溜まってる…あれえ?取りあえずメモ…;
 「鋼12巻」、「サンネンイチゴ」(笹生陽子)、「The MANZAI」(あさのあつこ)、「バガボンド 1~3」、「ナルニア4 銀のいす」、「シェーラひめのぼうけん」ようやく帰ってきたので最後まで。あうー細々とした用事もあるけど返却日までには何とか…(希望)

 ちなみに明後日は相方と落語を聴きにいきまっす。地元出身の志の輔。生で聴くのは初めてなので楽しみっすー。
memo
CM:0 | TB:0 |
バスケがしたいです!  [Edit]
2005-11-20 Sun
 ば~いミッチーv

 …てわけで週末土日、ついでに今度の祝日も試合続きで(バスケに非ず)休みなしのためヨレってますが毎日TSUTAYAとGEOに通いつめてようやくDVD5巻。待ち遠しかったわ短髪ミッチーがv。原作読んだ時からうすうすそうかなと思ってたんですが、私三井がメロツボかもです…>師匠。顔も好きだしガタイも好きだし(いやバランスとか!笑)きゅんきゅんするというか目が追っちゃうというか。三馬鹿なところもアニキなとこも男連中に絶大な人気を誇ってるとこもラヴい…。ハーこれからしばらくこれで潤えると思ってガンバロー(何を)。7・8巻は確保してあるので早めに6巻を捕まえないとな。落ち着いて本も読めやしない。

 あああ…他にいくつかやりたいこともあるんですが…寝不足がたたって今日はもうダメー。また明日…
 
memo
CM:0 | TB:0 |
まんげつのよるに  [Edit]
2005-11-18 Fri
 まさか続きが出るとは思ってなかった最終巻(?)。春になり、約束のみどりのもりで、ガブを思ってやせ細りながら歩き回るしかできないメイの元に届いた狼の噂…ガブが生きていた?

 …と進んでもまだ本当に生きていたとは全然思ってなかったらしい自分。てっきり別狼(べつじん)かと…。「ふぶきのあした」は確かにハッピーエンドじゃなくって、本来物語はハッピーエンドのが断然好みの私的にはガブはきっと生きてると信じることであのラストを納得してもおかしくなかったと思うんだけど、でも自分的には「あれしかなかった」ラストだったんだよね…ぼろぼろ泣いてしまったのは悲しかったからじゃなく、「命をかけられる友達」に掛け値無く本当に命を掛けた、その想いの強さにだったので。

 毎回毎回、食べたいけど友達、友達なのにおいしそう…その動物の本能との葛藤でドキドキさせてくれたこのシリーズ。それでも一緒にいたい、もう話せなくなる方がずっとつらいという想いでその本能を越えて行くのにめちゃめちゃ感動させてくれたのでした。もちろん、それはあのふぶきの日がなければずっと続いていく関係だと思ってたわけで、だからこの「まんげつのよるに」はもしあのふぶきに会わずに約束の森に辿り着いていたら、一緒に月を見れていたら、最終的にはこうなっただろうな~~と思わせてくれたわけなんですが。でもね~~それ以上に究極の「想い」をもう見ちゃったからな…あの段階でもう二匹(ふたり)とも本能を越えた…!(号泣)と思うわけで、だからまた最初からドキドキ…ってのはなくっても私はオウケイだったというわけ。だと思う。

 でももし今続けて読んでたら、つまり最初からこれを最終巻だと思って読んでたら、また違ったかな。これはこれでハッピーエンド好き魂が満足したんじゃないかと。ラストの約束の月を見るところは「ふぶき」では叶わなかったんで、それはやっぱりよかったね…!!という気持ちで^^

 作者も言ってるとおり、これはまあ「恋愛」ともとれるわけですが、私的にはやっぱり「友情」なのですよ。てゆっか、「恋愛」だったら面白くない(笑)。私見だけど、恋愛はどうしても相手よりも自分の恋心を大事にする気持ちが大きくなってしまうので。依存でも束縛でもなく、対等に並んで立てるっていうとやっぱり友情なのよね~。恋愛も、その友情がベースにあるのが好きね、うん。そういう意味では、今までは友情とも恋愛ともどちらともとれるスタンスできたこのシリーズだったけど、最終巻はやや恋愛寄りになったかな?という感じ。か?(いや、でも、誰かさんも記憶喪失になったよなそう言えば…<誰も分からんだろ…爆)。これ、映画のラストはどっちなんでしょうね~。

 蛇足ですが、今回「ともだちなのにおいしそう」を検索したところ(単に「だけど」だっけ?「なのに」だっけ?と思ったから)、引っ掛かったのがBL系ばかりという…腐女子魂に訴えるキャッチコピーらしいです(笑)

まんげつのよるに 木村裕一(講談社)
コメントを読む(4)
はじめまして  by ちょび
まんげつのよるに。。
更に続きが出るとは思ってもみなくて、驚きました。ネットで情報を得ただけでまだ読んでないのですが、最終巻だけでも買っちゃおうかな?と思ってます。いい本は手元に置いておきたいし。
映画、どうなるんでしょうね。楽しみです^^
トラバ送りますね。
>ちょびさん  by banri
はじめまして、コメントありがとうございます。レス遅くなってスミマセン;
もう読まれたでしょうか?私も続きが出るとは全く思ってなかったのでびっくりしましたが、相変わらずハラハラさせてくれました。
映画のラストがどっちなのかとっても気になります~。
こんにちは。  by ごましお
こんにちは!TBさせていただきました。よろしくお願いします。
最初から最後まで「友情」のつもりで読んでいたので、小説版などが「恋愛」として描かれていると聞いてびっくりしました。やっぱり「友情」よね!と思って映画も見てきました。
>ごましおさん  by banri
はじめまして、コメントどうもありがとうございますー。
というか、どこを見ても「恋愛」としてとらえてるところが多かったので「友情」派として嬉しいです(笑)
映画は結局見なかったのですが、DVD出たら見たいな~と思ってます。
novel | 木村裕一
CM:4 | TB:2 |
おんみつ蜜姫  [Edit]
2005-11-18 Fri
 初米山圭伍。何となく「しゃばけ」みたいな感じの軽め爽やか系時代ものなのかと想像してたんですが、割と血生臭いので意外でしたー。軽めは軽めなんだけどね、とぼけた語り口とは裏腹に結構容赦なく死ぬのね、ははは;

 江戸中期、十年以上経った将軍吉宗の世は天下太平ながら、江戸から遠く離れた小藩では参勤交代や天候不順による不作で苦しい経営を強いられている。そんな時ふとしたことから吉宗の弱みを握った豊後の温水藩藩主は、起死回生のアイディアで将軍と取引しようとしたところ何者かに命を狙われる。温水藩の暴れ姫こと蜜姫は、自ら隠密となって黒幕を突き止めようと旅に出るのだったー

 とは言え、その出立はどこかのんびりした雰囲気が漂ってるし、道中もなかなか進まないんだなあこれが…まあ半分は途中他のことに気が移ってなかなか読み進められなかった自分のせいですが(殴)。刺客も返り討ちにする忍び猫に謎の忍者、船乗りに元海賊に冷や飯食いと、仲間を増やしながら豊後→讃岐→岡山→京→尾張→江戸に行きかけて諏訪…こうして見ると長いわけだよ…諸国股にかけてますねえ。話も吉宗の隠し子騒動から尾張徳川家と紀伊徳川家とのお家騒動、果ては(何故か)武田信玄の息子勝頼が残した軍用金の謎へと大きくなっていくんだけど、あんまりおおっという驚きはなくどっか庶民的なのよね~~。それがこの本の味でもあり、ちょっと物足りなかったところでもあるかな。歴史に関わる謎や将軍吉宗と人間吉宗との立場の違いといったドラマよりも、江戸時代の風物とか風俗とかの方が面白かったような。洒落の効いた描写がそこかしこにあって思わずにやりとしたりとかね。あっけらかんとした庶民の生活がたくましいというか…あ、あとおとめ組には笑ってしまいましたが(笑)

 そして、地方が組めば幕府に対抗しうると気づかれた時が徳川の世の終わる時と、民に気づかれないことが肝心だったという見解にナルホドねーと納得…でも最後になって作者が出てくるのはどうなのとちょっと思ったり。面白くなかったわけではないんだけど、蜜姫が「凛として咲く」ところがもちょっと見れたらよかったかな。剣客として秘剣を習得するのが最終目標じゃないだろうからね~~。今のところまだまだ母上のが上手!って感じですが、蜜姫の旅(シリーズ)はまだ続くのかしら?もう一つの「たいくつ姫」シリーズとは全然別の話なのかな?

おんみつ蜜姫 米村圭伍(新潮社)
novel | 米村圭伍
CM:0 | TB:0 |
寒いですー  [Edit]
2005-11-15 Tue
 そろそろ雪降ってもおかしくないような冷え込みの日もあったり、ズズー。先週は家族にも風邪っぴきが出たしねー…自分も風邪ひいてるヒマはないんで気をつけねば。今年は予防接種どうしよ;<インフルエンザ

 そんなわけで週末まで半ネット落ちだったので昨日の休みはアレとコレやって…と思ってたんだけど、どこをどう間違ったか気が付いたら4つもネットゲームに登録してしまってました(あれ~?)。別に交流に飢えてるわけじゃあないんだけどねえ…?ていうかむしろむやみな交流なんぞしたくないんだが。でもなんか考え事とかするのにいい加減疲れて何にもしたくない波が時々あって、寝るより他にすることもなしってのもサミシイもので、無聊を慰めてくれるものがないかなーと思ってさ。まあ波が過ぎればまたそんなものなくてもやっていけるのは分かってるんだけど、昨日はどうにも思考放棄だった模様。どうせゲームやるならワンダとかバイオとかやりたい気はあるんだけど、買ってきてまでこってり腰据えてやる時間も気合いも足りない今日この頃なので、PC作業の合間に出来そうなのをチョイス。

 って言ってもそこはMac者なので、幸い大規模MMORPGで廃にならずには済みます(対応してない)。チャット主体でリアルタイムなのもパス。4つも登録したのはどれがしばらく遊べそうか分からなかったからだけど、1つは早くもワケわかんなさそう(笑)で、あと二つは登録はしたものの最初の更新が3日後(週2回更新)ってのんびりさで雰囲気さえ謎、残った1つは一回の行動回数が決まってるので取りあえず手頃そうかな。どうせならのんびり育て甲斐のあるのがいいなー。
memo
CM:0 | TB:0 |
ケータイMP化計画  [Edit]
2005-11-09 Wed
 前のが二年くらい経っていい加減外側傷だらけだったので(落としすぎ)、まーポイントとトントンくらいで機種変すっかーとvodafone shopまで出掛けてみた。ケータイの新機種にあんまり興味がなかったんでどれがいいかも分かんなかったんだけど、車のナビにもマイPC(mini)にもbluetoothついてるのに使ったことなかったんで(笑)それに対応してるのがいいかな~とコレにしてみた。3Gなのに手差し1500円くらいだったしv(機種変0円の3GもあったけどN○CよりSHARPでしょ…液晶キレイだし)。それに、最近の売れ筋のって液晶画面でかくてメールしようとしたら重いよアレ!片手で下の方のキー打ち込もうとすると落としそうでコワい;;TVも観ないだろうしそんな高画質のカメラもいらんしなあ。ただ従来種に比べると3G維持費があれこれちょっとずつ微妙に高;。あと、アンテナ自体が違うそうで先に家の中まで電波来てるか確認した方が無難だそーな。

...More

 ところで3Gだと着うたフルに対応してるわけですが。iTMS派の私としてはひそかにライヴァル認定してたんです(笑)。つーのはいずれケータイがiPod並の機能を備えたらやっぱり直接ケータイで落とせた方が便利かなあと思って。持ち歩くのも一つで済むしさ。デジタル音楽配信のシェア的にあなどれんと思ってたんですが…パケ代たっかー!!てゆっか、すいません、未だにパケット通信の意味をよく把握してなくて、ケータイでのWEB閲覧も時間制だと信じてました(爆)。ハーそっかデータ量ね…今までのケータイだと表示するにもDLするにも大した情報量じゃなかったからほとんど基本料金で済んでたってわけ…。それが知らずに3Gでうっかり着うたフル一曲DLしようものならそれだけで3M。なんと一曲で5000円以上のパケ代がかかるってスンポー?!?ヒー信じられな~い><

 もちろんそのために定額割引とかあるんだけど、それでも1曲で最初の1000円ライン(約2M)越えるから。vodafoneのプランでは最大4000円だから約3曲分、それ以上にDLすればするほど一曲あたりのパケ代は減るわけだけど…そんなにDLしねーよ(笑)。てゆっか、音楽DLに曲の代金以外にそんなお金を掛ける気になれんよ…PCでDLすればパケ代なんて掛からないのに~~><。なので少なくとも私的には着うたフルはiTMSのライヴァルにはなり得ないことが判明…。もちろんお姉さんの定額割引の勧誘と、フルじゃなくても最初に何曲かショートバージョンの着うたとか画像(これも3G用だとデータ量が大きい)落とすんなら最初の月だけでも入っておいた方がいいですよーというアドバイスにも「落としませんから(にっこりv)」とお断りしてきましたとさ。ゲームも電子ブックもいいよ(笑)

 でもねー、家帰ってきてから思ったわけ。ひょっとしてbluetooth使ってPCに入ってる音楽データ移せるんじゃないの?と。そんで初めてPCの方でも設定触ってみてケータイとお互いにデバイス登録させてみたところ無事成功。ケータイ付属品のファイル転送ソフトはWINのみ対応だったけど(…)ちゃーんとMacOSXには最初から「bluetoothファイル交換」ってユーティリティがついてましたv。で、おそるおそる、大丈夫よね…パケ代掛かんないよね…と(←やっぱりよく分かってないのでは・爆)iTunesから一曲転送してみたところ、わ~~ちゃんと入ったーザマミロ着うたフル~~!(笑)や、もちろん新曲をDLしてすぐ聴けるのが着うたフルの強みでしょうが、私のだってこないだCDから移したばかりの新曲だもーん(そういう問題では)。あーただiTMSからDL購入した曲は保護されてるので転送不可っした。まー持ち運びはiPodか対応携帯でしかできないんだから当たり前っちゃ当たり前か。これから対応携帯も増えるかな?iTMSでソニーとかの楽曲扱うようになってケータイにも転送できるようになればホントばかばかしくて音楽DLにパケ代なんて払ってられないでしょ。

 ってわけで気をよくしまして、iTunesに入ってたクラシックやFFのMIDIを着メロ代わりに転送してみたり。そして音楽のAACデータ(4.3Mあった)は一曲で本体メモリの半分以上を占めてしまったので、どうせならメモリーカード買ってiPod代わりにミュージックプレイヤー化してしまえーvと、amazonで128MBのminiSD買ってみました(笑)。特価品で256MB3000円ちょいってのもあったけど所詮ケータイの電子音だし、そもそも通勤時間ってものが短いし50曲も入らなくていいかーと。どうせ買ったCDにしろ借りたCD焼くにしろ一回iTunesには落とすので大した手間じゃないしね。とにかく音楽も画像もPCにDLできるものの中からファイル転送、パケ代0vで行きたいと思いマス。

 あーでも車の場合はどうなんだろー。ナビとbluetoohtで接続すればリアルタイムで交通情報流したりとかCDの曲名取得したりとかなんとか。それって絶対パケ代掛かるよね…そーいうのってデータ量としてはどうなんだろ。…定額プラン入ってないし怖くてできないわ~~><

【追記】
 ドリカムCMのやつは転送方法にiTunesが紹介してあったのでてっきりiTMSで買った曲にも対応してるのかと思ったらなんだ違うんじゃん…↑で自分がやったのと同じ、CDの曲が転送できるだけなのね。しかも付属miniSDが64MBだからAACだと10数曲しか入らないぞ。それなら703SHにminiSD買った方が断然安かったv
 iTMS対応ケータイが今後出るかどうかは微妙っぽいですね…iPod買えってことよね、そりゃそうか(笑)。でもまあいずれは…出てくる気がするんだけどね。
コメントを読む(2)
あっ。  by 瑛里
私も、機種変したくて、変えるならコレにしようかなと思ってたのです。
なにしろ今のは丸4年くらい使ってるんですよ(笑)すでに化石状態です。携帯カメラも7万画素(爆)の時代なんで全然使ってませんv
それにしても着うたってそんなに高いの!?びっくりデス!
ヒー><
>瑛里さん  by banri
わお偶然v瑛里さんもケータイの機能は最小限しか使ってない口ですね(笑)。4年ならポイントも貯まり放題使い放題では?最新機種でもいけそう…あっでもコレ可愛いし使い勝手も結構いいので気に入ってますv瑛里さんもゼヒおそろで(笑)
着うたはホント知らずにDLしてたらヤヴァイよね~~;PCに比べて通信費高過ぎるのでケータイには今まで通り本分を全うしてもらうつもり…ついでにCDの曲を転送して即席ミュージックプレイヤー化させて遊んでまーす。家事しながら聴くのにちょうどいいかも♪
memo | Mac
CM:2 | TB:0 |
スラダンアニメ  [Edit]
2005-11-09 Wed
 いつ行ってもDVD貸出中だったんだけどようやくvol.1と2を捕獲v。続きもタイミング逃すとなかなか会えないので何だか最近マメにTSUTAYA覗いております(笑)。一巻に6話も入ってるんで下手するとそれだけで一晩終わってしまったりしますが…。最初の方はまだ展開遅いけど、今度ようやく陵南戦かな。早く試合シーン観たい。そんで早くリョータとミッチー出てこないかな~v

 そんなわけでこないだっから米村圭伍「おんみつ密姫」を読んでたんだけど↑のせいでなかなか進まず、そのうち予約してた「憑神」「No.6」が回ってきたのでそっちを先に読了。ところで先に借りた本を差し置いて突発的に「おんみつ蜜姫」を借りたのはしょっぱなに吉宗が出てきたから…「大奥」(よしながふみ)つながり?と思ってつい。吉宗と大岡越前てセットなのね~(そうか?)そしてそれを横に置いて読んだ「憑神」にも吉宗が。妙に同じキーワードが続くことってあるのよねえ。吉宗の時代ってあんまりよく知らなかったんですが、まとめて読んだのでちょっとこの時代のイメージが固まりかけてきましたよ。こーいうことがあると今この本を手に取ったのも縁ねvと思ってしまいます。
memo
CM:0 | TB:0 |
No.6 #4  [Edit]
2005-11-09 Wed
 出来事よりも心理描写があさのさんの持ち味とは言えさすがにもうちょっと進んでもいいような…このレーベルは字も大きいし分量自体が少ないからしゃーないかもだけどあんまり長くなってもねえ?せめて10巻以内で(それでも長い・笑)。捕らえた高官への北風と太陽攻め、ネズミの体調の異変と紫苑の変化への予感、そして人狩りに紛れての施設突入まで。紫苑の目的は沙布の救出だけだけど、正直それはあんまり希望は持てないよ;沙布がどうあれ目的は変わって行かざるを得ないでしょう…ネズミが望んでいたように、No.6の崩壊へと。紫苑が何を見、そこにどんな未来が待ってるのかはまだ予感しかない(しかもあんまりよくない予感だよ…)。「紫苑がついに、一生涯忘れ去ることのできなかった色だ」…ネズミの瞳の色だけが唯一の記憶な未来予想図って;;

 ともあれ今回もまた紫苑とネズミの惹かれ合う魂についてはこれでもかと見せつけていただきました、ええ。天然紫苑の告白はともかく男同士のダンスに腰抱きは普通ですか?そうですか…もうちょっとほんのり風味程度でいいんですが(何が)。まあNo.6がどうなるかよりこの二人がどうなるかがメイン…なんだろうな~~あさのさん的にも。そして「きみという他者なしに、ぼくは生きられない」「離れるな」と散々言ってるにも関わらず逆に離れてしまうような予感中。

 以前に「あさのさんて男同士、女同士の関係を突き詰めたいんだろーなー」と書いたことがあるんだけど、違うな…二人の関係がどうなるかじゃーないんだよね。あくまで個人の問題なんだ。出逢ってしまった二人がもう一度独りになった時、知らなかった「自分」と正面から向かい合わなければならないような気がします。それはもうとことん突きつけられることでしょう…あさのさんだから。そして「普遍的な少年の成長」を描く気はきっとないのよね~~あさのさんだから(爆)。紫苑という一個の少年、ネズミという一個の少年限定で与えられる命題は何か、それを乗り越えた後に二人が求めるものは何か?それは同じ方向を向いてるだろうか…?こんなにお互いの絆(?)を見せつけてくれちゃってる二人なのに、何となく悲観的に考えてしまう私…なぜならあさのさん片想いが好きだから…多分(オイ)

 もう一つの紫苑の顔、今はネズミにしか分からない気配に過ぎない変化がこれから目に見えて出てくるのかなあ?…冷酷な紫苑てピンと来ないけどやっぱりハチの影響なんかなあ~。ネズミの戦闘能力の高さも何かのサンプルケース?みたいな気もするし。う~んホント謎だらけですねまだ;次巻はもうちょっと進むでしょうかー………?矯正施設に入った紫苑とネズミにはきっつい展開が待ってそうですが、外のイヌカシと力河、紫苑ママと楊眠のアクションが少しでも助けになったらいーすね。まあそれでも矯正施設でどん底まで落とされそうな二人の魂を救えるのはやっぱりお互いしかないかと。…ていうか、お願いですから救ってやってくださいね、あさのさん;

No.6 (#4) あさのあつこ(講談社YA! ENTERTAINMENT)
novel | あさのあつこ
CM:0 | TB:0 |
憑神  [Edit]
2005-11-08 Tue
 部屋住みの次男坊ながら文武に優れ誰よりも武士らしい人格を備えていた別所彦四郎は、御徒士の実家より大身の組頭井上家への養子入りが叶ったものの、義父に嵌められて離縁されてしまう。出戻りとして出役も居場所もなく鬱々と過ごす日々に、ふと打ち捨てられた祠を拝んでしまったところが、知らぬ間に貧乏神と契約を交わしてしまったのだった。しかもそこは出世祈願に霊験あらたかという三囲稲荷とは一字違いで大違いの三巡稲荷、貧乏神のみならず三柱の憑神を呼び寄せてしまうことにー

 幕末が舞台ということで読み始めどっしり骨太の時代ものかと思いきや、どっか俗っぽい貧乏神や疫病神とのやり取りや押し付け合いが割とあ・軽~いノリだったです(笑)。が、これがドタバタギャグやシュチュエーションコメディかというとそうでもなくて、実は武士が存在意義を失い徳川の世が内側から崩壊していくあの時代というもの、将軍の膝元でありながらすでに政治にも経済にも実がなくなってきていた江戸という場所、その時代と場所の境目で生きる人間の姿が浮き彫りになってるのですねえ~。憑神云々はともかくああ八百年続いた武士の世の終わりってこうだったんだろうなあとなかなか深く納得してしまった。新撰組や勤王の志士、勝先生や最後の徳川幕府を表舞台とするならば、とっくに世の中が代わっていこうとしていることに気が付いていた町人や最後まで徳川の臣であろうとした一人の男の、これは裏舞台の物語なのだ。

 「御家人である以前に、日本国民だとはなぜ思えねえんだい」…彦四郎の昔なじみにしてかの三囲稲荷に願って出世を果たしたという後の海軍奉行榎本さんのお言葉ですが。そっかー勝先生といい二人とも根っからの侍ではなかったからこそああやってすっぱり武士の世を終わらせて新しい世の中を造れたんだなあ。すでに名ばかりになった江戸の武士の矜持を見れば必然の流れでもあるし、この時代にはやっぱりこの人たちが必要だったんでしょう(あ~大河を思い出す…逆に武士は生きていけないのよねTT)。彦四郎は徳川の世と武士であることに拘っているけれど、人の気持ちも時代の流れも急速にズレはじめてて全編通して空回りしているところに何とも「幕末の武士の哀しさ」を感じてしまった…。世の中のことが見えてる彦四郎には、榎本の言う事も武士の世が内部から終わろうとしていることも分かりすぎるくらい分かっているのだけど、それでも武士としてしか生きられず、武士としての死に所を見つけるしかない。愚直と言うには自分でも建前なのか本心なのか分かってないようなとこもあって結構揺れてるし、それでもそこに辿り着くのが不器用に過ぎるけど、でも最後の負けっぷりが肝心ってのは悪くないと思った。「掉尾を飾る武士道が輝かしければ輝かしいほど、それを打ち壊して咲く新しい世は強くたくましくなる」…行為だけを見れば馬鹿げていても、その心意気はやっぱり天晴だ。

 幕末の武士の哀しさに添えられた、当世の若い鍛冶による刀がもう一つの悲哀を感じさせてねえ。「侍の権威が地に落ちているのに、刀ばかりは古刀の名手に迫る技倆が続々と現れる」…多分実際にそうだったんでしょうが、それだけの技倆と心を持つ若き刀鍛冶たちにはこれからの世は辛いだろうなー。「心技の限りを尽くす」…そこにも彦四郎と同じく、滅びる前に自分の本分を全うさせようとする覚悟が見て取れて、語られなかったもう一つの徒花の物語に思いを馳せたりしましたよ。

 まあ「壬生義士伝」ほど愚直でもなく、「プリズンホテル」ほど笑いとペーソスに満ちてもいなかったけど、あと肝心の(タイトルの)「憑神」との戦いの方はあんまり残らなかったけど、決して表舞台ではない、ごく一般庶民レベルの「幕末」の真実突いてるよなーと思いましたです。

憑神 浅田次郎(新潮社)
コメントを読む(2)
浅田次郎ファンです  by さり
TBさせていただきました。
「憑神」おもしろかったです。軽い部分と重い部分がバランスよく、さすがに上手いなと思うできでした。神様の中では、疫病神が一番個性的だったかも。あと、変にへこたれない兄上もよかったです。
彼のような武士が、実際いたのだと信じたいですね。
>さりさん  by banri
はじめまして、コメントありがとうございますー。週末レスできませんで遅くなってごめんなさいです。
「憑神」、普通は語られることのないこの時代の裏舞台の話という感じで、もうひとつの江戸末期の空気が哀しくもリアルで残りました。
さりさんの感想も読ませていただいて、引っかかるところが近いな~と嬉しかったです。
軽い中にも重い中にも随所に浅田節が唸ってましたね~
novel | 浅田次郎
CM:2 | TB:1 |
ONE PIECE 39巻  [Edit]
2005-11-05 Sat
 大盛りッ…つか人口密度高いっつか…変態密度高いっつか(笑)。まずはパッフィング・トム内、サンジ&フランキー&そげ様のニュー3バカコンビがいいコンビネーション見せてます。息ピッタリ~~。フランキー前半分がサイボーグって…ありえねーとか医学はどうなってんだとかいろいろ突っ込みどころはありますが、あの大怪我の直後どんな思いで自分を改造したんだろーとか思うと…今の飄々としたアニキっぷりにそれを微塵も見せないとこが却って泣かせるぜ、ククッ…とかちょっとね、思ったりもしましたが。でもケンタウロスはイヤ~~~ッ(笑)成長に合わせてきっとヴァージョンアップさせてったんだろうなあ。

 怒りのサンジ。新ワザもいろいろあったけど、それより冷静な中に秘めた静かな怒りがカッコいい~v。戦いや勝敗よりも仲間に対するアツい思いが前面に出て(メロリンもなく)顔がマジよマジ。二回も直接ロビンにフラれた拒絶されただけに、ルフィのようにただ「ブッ飛ばして取り戻す」だけじゃなく、ロビンが捕らわれてる過去からどうやったら解放してあげられるのか考えてんだろーなー…

 ロケットマン。ええ~~脱線しても走れんだ?!?蒸気船としても使えるってこと?それとも猛スピードで沈まないだけ??ゾロvsTボーンは…いいか(オイ)。久々に剣士として本気モードだったけどあっけなかったしな(笑)。天晴は天晴なんすけど元王国騎士はちょっと世間知らず?再会はあるかなあ~(その時は自分で正義か否か判断できるようになっててね~スモーカーくらいにさ)

 ロビンちゃ~~ん><。「ルフィを信じろ!」その言葉に揺れながらもそれ以上に重い悪夢をどーしても拭えないのは、バスターコール=オハラの事件が、つまりは自分の存在を消すためだけに仕組まれたものだということを知ってるからでしょうか?<「はじまりはたったそれだけの事」。あるいは、バスターコールこそなくてもそれ以後自分が身を寄せた組織が壊滅した理由も自分にあることを知ってるから?そして世間的には別の真実にすり替える力が政府にあることを知ってるからかなあ…それとも「20年間政府が捕まえようとして捕まえられなかった」のも建前で、オハラの事件以後アラバスタまでは政府の裏仕事をさせられてたって線もあるかもね…そこはロビンちゃんも政府を利用しつつ上手く立ち回りつつ何度も逃げようとしつつ…。フランキーと一緒にいることでいい目が出てくれるといいんだけど。今のロビンちゃんにとって「存在する事は罪にならねェ!」は何より根っこを揺さぶる言葉だろうから。「何でそう仲間同士で意地をはるのか!」がアニキだよ~~。そして「希望したってもう二度と元には戻らねェチーム」が切ない…!!ホントーに戻らないのかなあ…><

 CP9…長官と居残り組すげー雑魚そう…。何でアレが長官なのかイマイチすっきりしないんだけど、もしかしてアレが作ったとか?「オハラ」と同じように(?)どっかで特殊能力開発されてた子供たちでもいて、CP5時代から目えつけてたとかさー。や、後からきた名ばかりの長官をルッチたちが一応立ててんのが納得いかなくて…。年齢的にも皆ロビンちゃんくらいだし(??)、実は「六式」も古代の禁じられた技術だったりして葬られようとしてたとこにアレに「正義」の名を与えられていいように踊らされてるのかな~とかね。その場合「オハラ」の事件当時はCP9なんてなかった事になりますが~(でもバスターコールにCP9は必要なかろう)最近までもしロビンちゃんが政府と繋がりがあったんなら知っててもおかしくないかなーと。もちろんコジツケですが(爆)

 さてエニエス・ロビー到着、次は船長大暴れ…かな。誰一人途中リタイアすることなく(笑)辿り着けますよーに。そしてそげ様とルフィの邂逅やいかに?ウソもそれまでにロビンちゃんに言うだけでなく、自分がどうしたいのかちゃんと考えろよ~~?

ONE PIECE 巻39 (39) 尾田栄一郎(WJ)
comic | 尾田栄一郎
CM:0 | TB:0 |
| 日々是好日 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。