読書の欠片ネタバレあり
11≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01
スポンサーサイト  [Edit]
-------- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
|
今年も  [Edit]
2006-12-31 Sun
 もうすぐ終りです。今年のことは振り返ってみても行き止まりの道があるばかりで、立ち竦んで途方にくれてしまう。近付くこともきちんと思い返すこともできそうにないから、なるべく振り返らないようにして今自分がいる足元だけを見失わないようにって、それだけ念じてきたけど。でも彰と野ブタ。のおかげかな、やっと力を抜くことができたのは。何度でも言うけど、それだけ会えたのは大きかったのだよ。

 ぎゅっと縮こまって丸くなってたのが息を吐くことができた。「できないことじゃない」って私にも思えたしね。それに幸せを祈れるやさしい気持ちになれた。ような気がする・笑。ありがとうね。あと、変わらずに自分の場所に立ってるあなたたちにもv

 さて、とりあえずのお楽しみは白虎隊(オイ)。それからまたひとつづつ好きなものを積み上げていこう。
memo | 野ブタ。
CM:0 | TB:0 |
きつねのはなし  [Edit]
2006-12-28 Thu
 気がつけば実に1ヶ月ぶりくらいの読書感想だわ(…)。実はこの本借りるの二回目なんですけど、なかなか読み進められなかったのよね。文体とか世界観にするっと入り込めなくて…。京都を舞台にした奇譚集だし、好きな系統のハズなんだけどな~。慌しくて気もそぞろな自分の状態のせいかもですが。

 読売の新刊書評か何かでおもしろそうと思った本。作者はファンタジーノベル大賞出身なのねー割と最近なのに全然知らなかったわ。小さな骨董品屋でバイトする学生が出会う、きつねのお面と天城さんにまつわる怪異「きつねのはなし」、古いアパートの一室で妄想を語る先輩の思い出を語った「果実の中の龍」、京の暗がりからするりとすべり出る胴の長いケモノと幼なじみの高校生たちのどこか密やかな関係を描いた「魔」、明治時代の琵琶湖疎水に端を発する樋口家に伝わる水と祖父の死にまつわる出来事「水神」の4編が収められてます。

 語り手も時代もわざとぼかしてあるような文体で、それぞれの話も重なっているのにどこか空間がズレているようなパラレルな感じで、捕まえようとしてもするりと掌から逃げていってしまうような印象なのね。出てくる人々もなかなか腹を割って自分を見せてくれなくて、性格が読み取りにくく掴みどころがない感じ。その辺がなかなかするっと入り込めなかった原因かもしれないのだけど、物語自体もその掴みどころのなさが売りかなという気がするので、まあ一貫してる…んだろうなあ。

 不可解な出来事やヒトと魔との契約の気配、通り物、見えない裏側に密やかに潜んでいるモノの息遣い…どの話にもそういう雰囲気は感じるのだけど、何かが起こってだからどうなった、って話じゃあないんですね。龍の根付とか妖しいものが出てきそうなからくり幻燈とか、節分祭に紛れ込んでるなにかとか、気になる小道具や舞台も繰り返し現れるけど、説明は一切なし。そういう現実と妄想が混じり合ったような曖昧さ、ふっと現実の隙間に開く穴に落っこちてしまったような不安定さに浸かってみるのも一興かもしれません。

 好みとしては妖話でももう少し輪郭のはっきりしてる方が好きだけどね。こういう話なので、納得のいく説明や結末がないのは全然構わないんだけど、表題からしてどこか民話的な匂いのする話を期待してたら、どっちかというと怪談だったみたいな。ああ、「心情」より「現象」だけに絞ったようなスタイルも怪談だなそういえば。そして私は怪談の肝の分からない人間なのであったっけ…。ぞっとする怖さではないけど、あんまりかわいらしさのない、魔や闇というものの持つ冷たさを感じる本だったですね。妖話にかわい気を求める私が間違ってるような気もしますが・笑。

きつねのはなし 森見登美彦(新潮社)
novel | 森見登美彦
CM:0 | TB:0 |
【ドラマ】のだめカンタービレ #11  [Edit]
2006-12-26 Tue
 マングースとOPテロップがクリスマスバージョンだ、かわいい~v…ってわけでメリークリスマスLast Lessenです。

 R☆Sオケのニューイヤーコンサートとエピソード入れ替えてまずはのだめin大川から。後半は割とオリジナルだったけどこの辺はほとんど漫画とおんなじですね~。扉のプリリンストラップまで…芸が細かい。のだめ復活も自己解決で原作どおりなんだけど、ドラマではもちょっときっかけが欲しかったかも。でも大川の景色とか空気感で心がほぐれたんだろうな~って感じ?復活したのだめのピアノに近所のみんながキモチ良さそうに聴き入ってるシーンが好きだったんだけど、おばあちゃんと大川弁でしゃべるのだめがかわいかったんでまあいいかなー。

 そして待ってましたー大川ハグ!…ハグ?……タックル??爆。あれ~身長差はー?!?なんで千秋そんなに必死にしがみついてるんだ?子泣きじじいかと思った…笑。いや確かに、のだめから「いつかコンチェルト」が聞けて私もちょっとじーんとしたけどね。千秋の苦労が報われたというか、千秋だってのだめのピアノのおかげでここまで来たんだもん。そりゃあ嬉しいだろうけど…やっぱり玉木千秋ってばセンチメンタル度高っ…なのにオチは白目・笑。ふたりでどっちが白目上手いか合戦でもやってるんでしょうかこの二人ってば。「じゃあキャンプ」「やってません」ののだめの白目が完璧だったのでこの勝負はのだめの勝ちってことで(?)

 ローマンチック度では龍&清良のが断然上でしたね~。龍のハグの方がいろんな思いがこもっててきゅ~んときたわ。龍はドラマ通してよかったな~。あと黒木くんのダッフル&マフラーがかわいかった!「春に会おうね」もvv菊池くんと黒木くんは後半からのキャラなのに好感度急上昇だったわ。龍と清良、桜ちゃん以外の生え抜きSオケメンバーがどうにもマンガっぽいだけだったんで、この二人の自然さは回を追う毎に際立っていったというか、ピンでも光ってたもん。向井理くんと福士誠治くんね、すっかり気に入りました、ちゃんと役者さんの名前覚えておこう・笑。

 後半はオリジナル挟んで千秋の日本最後の公演へ。Sオケ&R☆Sオケメンバーが語るシーン、二回ほどあったけど…どうも演出がベタでなあ。ミルヒーにのだめが本気宣言するとこもなんかこう学芸会ノリみたいな。この辺もーちょっと自然にやってくれたらよかったのになあ。いっそのだめと二人のシーンにしてくれてもよかったかも。「がんばれよ。パリで待ってる」だけじゃなくてさ~~知らないうちにパリに路線変更されててむしろホッとする(?)千秋とか、俺は俺のことをがんばるからお前も…みたいなしっとり(?)シーンとかさ。じゃないとのだめ主役の時間短すぎじゃ…ドラマ前半は千秋、後半はのだめ主役と思ってたのにぃ。

 サラサーテのレッスンから本番コンサートへ雪崩れ込むお馴染みの演出もこれがラスト、そしてベト7へ。玉木千秋やっぱり泣いてます…こーの感激やさんめ。目真っ赤ですよ。でも指揮姿は今までで一番カッコよかったかも。全身で歌ってるとこは本家千秋もこうかも…と思ったよ。本家もクールなだけじゃないからね。…で、なんでそこでジミヘンやるかな?ここでウケ取ってどうするー!(裏拳)…まあ最後はコミカルでカッコいいを象徴するようなSオケテイストで終わりたかったんだろうけどね。原作でも基本的に演奏シーンはマジですから…。最後のブラヴォーは峰パパじゃなくて観客から沸き上がって欲しかったなあ~演奏自体はすっごくよかったんで、どうせなら背中にぞくぞく来るような本格的な盛り上がりで〆てくれてもよかったんですが。つか、「やっぱり千秋カンタービレ」なのか!?のだめが観客席で終わりってそんなぁぁぁ…(フェイドアウト…)

・・・・・・・・・Fin♪
コメントを読む(5)
  by まき
私、ラストはパリかそこらでツーショットで終わると信じていました。演奏で終わりなのはちょっとあらら、でしたね。
でも、ほんとに素敵な演奏でした。
いいドラマでしたね~♪
菊池くんと黒木くんは私もお気に入りですv
個人的に、多賀谷サイコはちょこまかと出てきていたのに、彼女の見せ場の歌が無かったのが残念でした。
ではでは。
少し早いですが、良いお年を~v
  by 瑛里
そうなんですよ!
なんで、こんなに身長差が無いの?
と思いました<ハグ(笑)
てか、こなきじじいって。。。(爆笑)
でもこんなに毎回楽しみに見たドラマは久々でした、ぶらぼー。
龍は、原作を越えてよかったキャラでしたね。バイオリンの弾き方も上手かったし、
瑛太、すごいです。
  by banri
>まきさん
ねー、最後はツーショで〆て欲しかったですよね。せっかくのだめが本気になったんだから、二人で世界へ飛び出る一歩手前みたいなとこで終わってくれると信じてました・笑。
でも千秋の演奏シーンはホントに力入っててよかったですよね~ドラマ通して満足っした♪

サイコ(と書くとホラーな感じ・笑)の歌シーンカットされちゃってて私も残念でしたね。「私には歌がある」のところ好きだったし。
ちょっと便利キャラにされちゃってましたもんね。
菊池くんはなんかほんとに菊池くん!って感じ。出てくると場がパッと華やかになるというか、キラキラしててよかったよね~・笑。
そしてそれに並んでも意外と負けてない黒木くんも原作同様段々カッコかわいく見えてきて、いい収穫だったわv

>瑛里さん
あんまりにも千秋ががしっっとしがみついてたんで、テレビ見ながら思わず声に出してたんだよ…<こなきじじい<殴
あんだけあるハズの身長差が消えるって、一体どんな体重の掛け方してたんでしょうね、千秋。
何かチガウ…と爆笑した時点でローマンチックは消えました…
おかしいなあ、このシーンはこんなハズじゃなかったのに・笑

そうか、瑛里さんは弾き方とかそういうとこにも目がいくよね~^^
龍太郎、最初の試験の時はそうでもなかったのに段々上手くなってってスゴイ!と私も思ってました。
ドラマとしても彼がいたから漫画じゃなく本物っぽくなったとこありますよねーv

ではでは、お二人ともよいお年をお過ごしくださいませ~♪
乗り遅れてますが……  by いわし
菊池君は私は「坊主じゃない……」と思っちゃいましたが(笑)軟派でよかったですね。
菊池君・黒木君(の役者さん)のブログがあったんですけど、菊池君の方が武士、までは行かないけど男っぽくて、黒木君はピンク色って感じでした……。
瑛太とかあのあたりみんな若くて、玉木宏のお肌はお兄さん過ぎ……と思いつつ、楽しく見ました!<どこ見てんだ!

いや、演奏よかった! 指揮もうまくなって。

あと監修の方のブログもちょこっと見たんですが、ピアノコンクールで真澄ちゃんたちがドヤドヤ入ってくるシーンをカットしてもらったとか書いてあって、そういうところに気を使ってるのもよかったなと思いました。実際のシーンであったような、音楽に合わせて揺れたり、ちょっと会話したり程度でも、本当にやられたらムカつくけど(笑)、まぁドラマなら許容範囲だったかなぁ、と。
あけましてv  by banri
ハイビジョンはシビアだからねえ~<肌(オイ
いやいや、でもホントラストの指揮はよかったよねv千秋サイドの演奏はどれも聴かせてくれて満足だったし、いいドラマだったわ。
観客側のコメントとかも極力少なくしてくれてたよね~(ラストはさすがにあったけど)そうか、さすがに原作から関わってるだけにきちんと気を配ってくれたのね。
つか、観客視点なのがさすがいわしさんだと・笑

菊池&黒木ブログ、私も見てみよーっと。ピンク色の黒木くん…爆笑。
菊池くんはそうなの軟派で画面が華やか~になって、坊主じゃないけど菊池!って感じだったのよね~二人ともお気に入りですv
media mix | 二ノ宮知子
CM:5 | TB:0 |
めりくりでした(過去形)  [Edit]
2006-12-25 Mon
 ほとんどPC前に座れない一週間でしたー。でも大掃除はほぼ終わった…消耗が激しいため回復までしばらくお待ちください<読書。

 基本的に活字>映像で、たまにドラマや映画観てもキャストよりはドラマ重視だったんですが、やっぱり東京でいろいろ話してきた影響ですかね?役者さんの演技を観るのが楽しいです~。普段割と役者さんを個別認識しない方だったんですけどようやくいろいろと顔と名前が一致しました…というわけで映像強化週間続行中で「スウィングガールズ」と「誰も知らない」を観る。最近は原作が漫画か小説でキャラや物語がかっちりしたのばかりだったので、こーいう曖昧な感じの日本「映画」はどこか懐かしい。

 「スウィングガールズ」はファンタジーというか、中古楽器が町工場で再生したり、ブランド品売ったお金で新品の楽器が揃ったりのすっ飛び感もありながら、やっぱり演奏シーンは気持ちよかったです。線路の上を歩く夏も青春な感じだったけど、雪の中で演奏する冬のシーンがよかったな。今年はまだそこまで寒くないけど雪国の吐く息の寒さや手の冷たさを思い出した。本仮屋ユイカちゃんが印象的だったかな。あとネズミ?の人形がかわいかった・笑。上野樹里ちゃんはやっぱりのだめを演ってから普段ものだめっぽくなったのね(←スマスマ)

 「誰も知らない」は、冒頭の、(その時は分からなかったけど妹が入ってる)スーツケースを汚れた指がなぞるシーンを見て、あーこれ観るの辛いかも…と思った、ら、やっぱり辛かった…。隠れ住みながらも4人の子供たちはそれなりに幸せな日々を送っていたというけれど、その幸せはこんなにも母親の存在だけに頼って成り立っているものなのだ。それなのに…。希望をもたないように感情を押し殺した表情も、たまに子供らしく笑ったりするところさえも却って見てるのが苦しかったす;
 柳楽くんは才能がどうとかよりとにかくあの目力に圧倒されちゃいますねーかわいいってよりすでにかっこいい…でも子供だということを強く訴えかけるあの存在感。大人になった彼が見たいですねー「風味絶佳」も観るか。あと韓英恵ちゃんもすごい印象的で気になる子だわ~。
 あら、カセリョーが出てる。気付かなかった…是枝監督作品連投ですね<「花よりも」


 平行して「カバチタレ」と「少年は鳥になった」を観る。あら、どちらもちょうど同じ年?

☆「カバチタレ」(2001/CX)

 癒し?オアシス?常盤貴子よりいろいろ乾いてそうな深津絵里の気持ちがわかるわ~~いっしょにごはん食べてるだけで潤うよね!肉買っていきたくなるよね!!「4才の時にした、姉ちゃんと結婚して家を建ててやるという約束は守らなくても罪に問われない」って例え話をしてるのに「嘘じゃないし。建ててあげるし」と真顔で言ってしまう子がかわいすぎです。そりゃニョニャンの相が出るに決まってます。あと幼稚園児の名札みたいなちょうちょの缶切り。実用品でかつかわいいという姉のツボを押さえたプレゼントによろり…。

 実のある恋愛が全くない(…)という年頃の女二人を尻目に一人で青春も謳歌してた彼ですが、その存在意義には潤いを求める女のドリー夢がニョジツに反映されてたかと・笑。1話以外本筋には全然絡まないのに必需品みたいな。役がいっつもやさしい男の子でたまに殴り愛ケンカシーンがあったりするのも、そういう癒し(?)が求められてんのね~なんて。でもこの頃はさすがにまだ求められてる通りに演ってるというかほとんど素みたいな気もするけど、最近のドラマじゃ彼自身の意思みたいなものを感じますね、うん。つかいくら弟でも全裸で飛び出すなーっ………はあ、癒されました(いやケツにではなく)

 「なにわ金融道」で女二人主人公はありえないだろうと思ったけど、やっぱり原作漫画とは設定からして大分変わってたのね。常盤さんと深津さんの、女の友情ってより夫婦(めおと)な感じも珍しいコンビだったし、依頼人次第で正義にも悪にもなる法律家の葛藤もなかなかおもしろいドラマでありました。篠原涼子が結構お気に入り。ひとつひとつのエピソードは必ずしも終わってないというか、法律としては決着ついてもその後の人生はどうなったのかしらと気になるところもあるんだけどね。一番気になるのは一話で砂堀り船に売られた保坂…笑。いやでも、あのラストが一番好きだったけどね。


☆「少年は鳥になった」(2001/TBS)

 普段だったらまず見ない実話系のドラマですが、一応。心臓に先天的疾患を抱えて16まで生きた男の子の話。「自分を大事にしてとにかく生きてほしい」という母の気持ちももちろんよく分かるんだけど、ただ安静にしてるだじゃ生きている実感は湧かないよね。周囲の願いが重々分かってるだけに、何かを為したいという自分の気持ちの行き場をなくしてぽっかりと空っぽになるのがかわいそうだなと思ったり。それにしても母親の存在感でかすぎ…

 身体の弱い美少年役も似合うっちゃ似合うけど、今の路線のがやっぱり好きだわ。彰が私にとって特別な存在だということを、いろいろ見てますます強く思う今日この頃。上手いと言えば友達役の風間のが自然で上手かったけど、そんな過去もみんな彰に繋がると思えば愛しいから不思議です・笑。
media mix | 山P
CM:0 | TB:0 |
【ドラマ】のだめカンタービレ #10  [Edit]
2006-12-19 Tue
 ラスト2。今回は龍&清良…に素で呆然とする千秋さまがニヴくって愛。うそうそ、原作でも好きだった龍と清良のこのシーン、ドラマの二人もよかったです~龍、漢だね。その漢気に千秋の目も潤みがち。…割といつも潤みがちで目のふち赤いけどね、玉木・笑。
 
 ビジュアルで選ばれた菊地くんと黒木くん。黒木くんフォーマル似合うねー派手な顔立ちの菊池くんと並んでも負けてないよ!こう、清廉な色気がむあむあと…私服ん時よりキラキラしてましたv

 めまぐるしく進化中ののだめのピアノ。ドビュッシーの前に恋するオトメモードに入る何かあるハズと思ったけど、何だ客席の千秋を見つけただけか・がく。ドビュッシーはちょっと好きなのでキラキラっぷりが楽しみだったんだけど、メインはその後の本選だからしゃーないか。通電してシューマンの極意を会得するのだめ、そしてブラックアウト…「かおりーっ!」と叫んだハリセンがちょっとカッコよかったーv(オイ)

 本選のシューマンとストラビンスキー、今回はじっくり長く魅せるいつもとは違い、さすがにストーリー重視になったかな。千秋との待遇の差が…笑。あーでもでも今日の料理の即興は笑った~。原作ののだめ妄想を見せてくれてもよかったけどこれもインパクトあったわ。ところでオクレール先生いい雰囲気ですね。やっぱシュトレーゼマンも本物の外国人の方がよかったのでは(でもエロ演技は無理か…)

 さて来週はとうとうラスト。原作どおり海を越えてのだめに会いに行く千秋ですが、やっぱり自前で立ち直ってくれるかのだめ?折しもクリスマス、背中ハグにプラスαはあるか?親父は出るのか?乞うご期待デスv

 おまけ1。高橋くん、ひげ剃り跡?あご割?がちょいと気になって…。でも名言「君のお家はどこですか?」があって嬉し。千秋の寸止めはそりゃ叫びたくもなるよね~笑。

 おまけ2。今日の佐久間さん。「Hi,佐久間です」がナチュラルすぎ…愛。原作の暑苦しさはみじんもないのになんっか佐久間さんなんだよね…。
media mix | 二ノ宮知子
CM:0 | TB:0 |
ドラドラドラ  [Edit]
2006-12-14 Thu
 麻雀ではなく。最近夜は読書はお休み、ドラマや映画ばっかり観ています。昨夜は録画してあった「NANA」。原作は読んでないんだけど、これ映画の「1」だけだとヤマもオチもないような気がするのは気のせい?笑。観る前は中島美嘉の歌とキャラのはまりっぷりに注目してたんですが、観てみたら宮崎あおいが貫禄で上手かったわ。男子はあんまりロッカーっぽく見えない成宮が一番よかった~あと出番は少ないながら松山くんがvv唇ピアスもジャンクな色のクリームソーダか何か飲んでたのもかわいくて・笑。松田龍平はちょっとぽちゃっとしたおなかまわりが微妙に気になったんですけど「2」に出ないのは別にそのせいじゃないよね?<殴。玉山はかっこいいひとなのかどうなのかよくわからなかったわ。…そんなところで(終了)

 Pの過去ドラマの旅(そんなのしてたのか…)は「クロサギ」観終わって「カバチタレ」借りてきたとこ。まだ続きそうなので(…)中間報告がわりにめもめも~。


☆「ドラゴン桜」(2005/TBS)

 野ブタ。のたった1クール前?うそーなんかすごく華奢に見えるんですけども・笑。阿部ちゃんがガタイいいからかな。それにしてもなんなのこの金髪の美人さんは。OPの体育館なんて掃き溜めにツル状態だよヤヴァイ~~~(←ヤヴァイのは自分)。いやいやいや、私はばいーんとした胸の彰ラヴですけども、矢島の美人さんっぷりにもかなり墜ちたぞ。ペット吹く姿も美しいわ~~v

 やまぴーはヤンキなんだけどこれも親思い友達思いのやさしいコの役だったね。バンドやってて彼女もいるのにおくてだし・笑。他にはマイ☆ボスの新垣結衣にのだめのサエコ、セーラー服の長澤まさみ、最近観たドラマでは優等生でお嬢な役やってたコが軒並みおバカでヤンキな役で出てるのも楽しかった。同じくセーラー服に出てた中尾は、なんかこっちもこの後えらくきたえたみたいね…脱いだらすごいんです2になってたよ?<セーラー服。小池徹平だけはごくせんの時とキャラが全く同じだったっ・笑。

 これも原作は読んでませんー。でも漫画が原作の割にキャラがちゃんと人間くさくて面白いドラマだったわ~。これはやっぱ阿部ちゃんの力かも。他の先生たちはさすがに漫画っぽいとこもあったけど(そしてはせきょんは私的には割とどうでもよかったけど)阿部ちゃんと生徒、生徒同士のからみは真摯で丁寧だったし。恋愛色もほのか~でかわいらしく、自分のために勉強するってどういうことかっていう本筋を見失わなかったのがよかったよね。卓球リターンが楽しかったー(あれで割り算できませんっ)


☆「っポイ!」(1999/NTV)

 Jr.によるJr.のためのドラマ。学芸会の劇みたいな感じ(笑)で、ストーリー的にも原作の「負けたくない・追いつきたい・追い越したい」「少しでも高く・強く・速く」…ってな男の子同士の関係より初恋の甘酸っぱさの方に傾いてはいたけど、チビPに加えかつん赤西や中丸が出てたりして意外なとこで楽しかったり。実際中学生くらいかな、いや~みんなここからビジュアルもぐんぐん成長して…って、毎回前説で出てくる滝沢、今と全然変わってないやん!?ミラクルすぎ!おそろしい子!!(←美内すずえ風味の白目で)(ところでタッキーってばホントにやまぴー大好きなのね…笑)

 しかしそれにしても平だもんなーーーちっちゃいもんなーーーセーラー服だって着るし。大きくなったんだねえ…(母か)。つっても今もそんなに背はでかいわけじゃあないのか?細い亀と並んでたからでかく見えただけかも~。でもなんていうか、このこすごいがんばりやかもと思ったよ。主役もらったくらいだから当時から同年代の中では抜きん出たところあったんだろうけど(それともやっぱりちっちゃくて女の子みたいにかわいかったからか?)、そんなに器用そうに見えなかったもんね。人一倍レッスンとかしたんだろうな~と…(やっぱり母目線?)。頑固なとこもありそうで自分で決めて周りに流されないコだなと(欲目?)

 ちなみにDVDにもビデオにもなってないので某所にて…。今まで必要感じたことなかったんだが・笑。


☆「クロサギ」(2006/TBS)

 なんで裸にサスペンダー?しかも二話も同じOPだから毎回お約束なんですか?!とちょっと取り乱してしまったわ・笑。原作漫画は読んでないんだけど、奪ったヤツから奪い返す爽快感みたいなのをもっと前面に出してるんでしょうかね。ドラマでも毎回似合ってるんだか似合ってないんだか分からないけどミョーにかわいくて笑える変装と、コンゲーム要素は軽妙で楽しいのに、つららが出てくると途端に暗くなる…お、重い。

 キツかったのは毎回挿入される黒崎の過去でも、独りだと突きつけられる現実でもなく、ひとえにつららの正論のせい;本気で言ってるからって許されるのかあれが…もうやめてやれ~~つらら退場!と何回心で叫んだか(爆)。ほとんど暴力的なやさしさだよあれは…傷口に手を突っ込んで腫瘍を取り除くみたいな。生きていくために捨ててきたものを目の前に並べてみせるような。ああいう台詞は、もちょっと時間かけて心に入り込んでこそ沁み込むってもんで、あれじゃ苦しいだけだわ…そりゃ泣くよ。だからまあ、ゆかりの言ってることはある意味正しいんだけど、だからってゆかりが分かってるかと言うとこれが全然分かってないんだよなあ…あんたたちそのイタイ一人プレイはどっか他所でやんなさい。

 あ、黒崎はよかったよ、ひいき目じゃなく。元々守ってくれる人がいる幸せとやさしさを知ってて、でもそれを捨てて生きるために努力して作った自分も今じゃ本物で、すっかりカギかけて仕舞ったと思い込んでた箱むりやり開けられて苦しむ心理がよく分かったもん。だけど周りがイマイチ噛み合ってなかったつか、ホントに分かってくれる人はいないのかーみたいな。その役をつららに振ったってのがちょっと納得いかない・笑。むしろ白石との方が立場は違っても分かり合えるだろうし、ゲストだったけど白川さんみたいなおばーちゃんに「幸せなんてそんな大層なもんじゃない」って言ってもらった方がよっぽど沁みたと思うわ…。無理矢理引き出すんじゃなくて自然にね。

 あと神志名は何でそんなに黒崎に拘るのかよく分からん~ゲーム感覚の若造が嫌いだって言ってたけど、そんなん違うことくらい少し関われば分かるはずだし。桂木はさすがの存在感なんだけど、最後うォい詐欺かよみたいな。単なる悪ふざけじゃ面白くないなあ。早瀬さんは毎回いいな~このひとのこの雰囲気と思ってみてたんだけど、結局実の父より桂木を慕ってたってのと桂木と早瀬両親の関係と、それをはめたって事実(?)がうまく繋がらなくて最後ちぐはぐな印象に。もちょっと黒崎とうまく絡めてくれたらな~。最終回も黒崎的には辛い展開だっただけに、騙された…みたいな。ゆうこ先輩もレギュラーの割に薄い役だった…

 まあドラマの作り的にはツッコミどころも多かったけど、重ねて言うけど黒崎はよかったです。花火でさ~ホントあそこのつららはCIK(ちょっとイタイ子)だし何であそこで黒崎が気を許しちゃうのかってのはあるんだけど、その気を許したカオがかわいい掘北真希ちゃんよりかわいいってDoなのよ・笑。あれ素でしょ…赤西とラヴラヴな手紙読み合いっこした時と同じカオなんですけど(でもそこだけリピートするヤツ<殴)。あーあと、野ブタ。ん時も思ってたけど、やっぱこのコ学ラン似合うわ…v
media mix | 山P
CM:0 | TB:0 |
一番バトン  [Edit]
2006-12-13 Wed
 続けてうさぎさんからいただいた「一番バトン」


1.動物→マングース(オイ)
2.お菓子→一番衝撃度が高かったのは99%カカオ
3.料理→オムライス
4.缶ジュース→あんまり飲まない
5.インスタント食品→ラザニア
6.寿司ネタ→鯵
7.パン→胚芽パン
8.丼→ソースじゃないカツ丼
9.お酒→ワイン
10.TV番組→今聞かれたら…野ブタ。笑
11.邦楽→今年一番聴いたのはスピッツ
12.洋楽→めったに聴かない
13.芸能人→今聞かれたら…Pでしょう!?笑
14.歴史上の人物→いない
15.作家→一番ハマったのは小野不由美
16.言葉→惰眠
17.雑誌→ダ・ヴィンチくらい。最近読んでないけど
18.漫画→完結記念でフルバ
20.お店→本屋
21.洋服→パーカー
22.靴→なし
23.香水→なし
24アウトドアスポーツ→サッカー(観る専門)
25.インドアスポーツ→最近もっぱら剣道(檄専門)
26.装飾品→ピアス
27.季節→春先。アレさえなければ…
28.落ち着く場所→自分のPC前
29.旅行先→温泉
30.インターネット→スタートページはApple×Excite
31.必ず名指しで1~5名へ回す→まきさん、いわしさん、瑛里さん、スルー可でお時間あればどぞ。(も一つの方がよければそっち持っていってもらってもいいですYO☆)
コメントを読む(2)
  by 兎に角うさぎ
受け取っていただきありがとうございました~
そして次なるバトンもありがとうございます(笑)
忙しい時期が終わったら、考えてみます……
ジーブスはまだ図書館に入ってきてないです。
早く来~い。
>うさぎさん  by banri
ええ、取りあえず年末までがんばってね、ジーヴス本v(違)
私もさすがに気ぜわしくなってきました…まだ雪降ってないだけマシかしらね・笑。
んではおヒマが出来たらよろしくです~。
blog | バトン
CM:2 | TB:0 |
好きなバトン  [Edit]
2006-12-13 Wed
 バトンが2本回ってきたので久々にいってみましょう。最初はまきさんからいただいた「好きなバトン」


1.自分が「オタクだなぁ」と認識した瞬間は?
・元ネタを知らなくても大体話についていけるとき
  
2.SM、受け攻めだと自分は何ですか?
・受じゃないけどM

3.多分病気だと思うこと
・鞄に本が入っていないと落ち着かない

4.最近自分の周りで起こった笑えたことを教えて下さい
・思いつかない

5.貴方の殿堂入りセリフ(漫画)ベスト3は?
・じゃあ私は少女漫画から…と思ったけど、少年漫画に比べると短くてビシィッと決まる台詞ってあんまりないものですね・笑。むしろモノローグ?

☆「だけどおれ 年とるのってさ 嫌いじゃないよ」
 「年とともに自由になるって わたしの友人も言ってました」
 __(ジェル&セレム「エイリアン通り」)
★基本ですかね

☆「 いつか時がきてー すべてが変わると信じていた
 この人々にーーー 会いたかった ーーー会いたかった ………会いたかった」
 __(ジェームス「星の歴史」)
★この後のカーターの「彼と出会えたのは幸運だった」「失くしたものが戻って来た」とセットで

☆「私は生きてない では「私」とは何です 教えてください」「生きるーー」
 「生きたいと願う精神がある限り それは生命体だ」
 __(19&ムトー「OZ」)
★「機械に宿る心」に弱いです。多紀@アーシアンとかジャック@メタルと花嫁でもよかったけど今回はOZから

6.貴方が好きな色は?
・グレイッシュなトーンが落ち着く

7.初めて泣いた漫画は?
・「リングにかけろ」「ファミリー」「スケ番刑事」それぞれ最終回あたり?ぼろっぼろに泣いた最初はバナナ外伝の「光の庭」

8.眼鏡とスーツとどちら派?
・どちらでもない。強いて言えばガクラン派(聞いてない)

9.明らかに無理だけど出来るなら人生で一度は言ってみたい(やってみたい)コト
・漫画家

10.好きなプレイは?
・ちったあ落ち着け系

11.初めて自費で買った漫画は?
・C翼かなあ。少女漫画はエイリアン通りかも

12.漫画の中で一番思い入れのあるキャラクターは?
・たくさんいるが…じゃあHNをもらった日下万里(@っポイ!)で。最近だと夾(@フルバ)

13.貴方の中で今までで一番ヒットした漫画はなんですか?
・殿堂入りがいくつもあって順位つけられない

14あなたの持っている漫画は全部で何メートルありますか?
・以前2000冊と答えたので、フツーのコミックスサイズに換算すると積んで30mくらい?横に並べれば200mくらいか…意外と低い(短い)っすね

15.一日だけ入れ替わってみたい相手は?
・すかちゃんと入れ替わって光流先輩と忍先輩にいじられる

16.今まで回答してきた中で必要ないと思った問いを一つ外し、欠番になった番号に自分で考えた問いを入れて次の人に回して下さい
・特にないのでそのままで

17.バトンを回す5人
・いつもは行き止まりにするんですが、ひととおりみんなからもらったのでたまにはリターン。うさぎさん、たっきー、おむらさん、ともぴさん、お時間あればどうぞ(あきらかに今時間なさそうな方が何人か・笑。スルー可、もひとつの方持っていってもらってもいーですよ)
コメントを読む(11)
バトン?  by おむらよしえ
ほへ~とぼけ~と読んでいたら、わ、わたしですか!?
ブログじゃないのにバトンもらってもいいのかなあ……初めてもらいました。
やってみます~。(^_^)
おお!  by まき
答えてくださってありがとうございますv
いろいろかぶってるので嬉しいv
セレム大好きなんですよ~!19も・・・。
すごく懐かしくて、でもほんとに基本ですよね。笑 ちゃんと心の底にある気がします。
光流と忍も基本。笑
光の庭も泣きました、思い出しても泣きそう。
2000冊置ける場所があるのがうらやましいです。笑 私も処分せずためていればなあと思うものがたくさん・・・。
ではではありがとうございました。
一番バトンももらっていきます~v
バトンリレー  by banri
>おむらさん
突然指名ですみません・笑
おお、やってくださいますか~ありがとですv
どんな回答か楽しみにしてますー♪

>まきさん
うっかり考え込んでしまったのもありましたが、そしていろいろ読み返したりしてしまいましたが楽しかったです~。
最近のにもよかった台詞とかあるんですけど、やっぱり昔から思い入れのあるものにしちゃいました。
エイリアン~は私も自分のベースになってると思うわ。
でも一番は決められない~~(@_@)
あ、あと「バスケがしたいです…!」(ば~いミッチー)は私も入れたかった!
こちらこそどもありがとですv
書いてみました  by おむらよしえ
こんにちは。一応やってみました。トラックバックはしていないのでここで連絡(笑)。
banriさん、なんで200mも……私の10倍ですヨ!
ではまたです。
わ~い  by banri
おむらさん、お答えありがとうです♪
台詞と思い入れのあるキャラ・漫画なにかな~と楽しみにしてましたー。
おおー「So What?」私も好きでした!棚にこの頃のわかつきめぐみあるハズ!
それに「蛍火」には私もずがんときた覚えがーーー
ホントに少女マンガはモノローグですね~。
私も昔は涙腺固くてじわっとくるくらいでしたねー大野潤子「しずくの風景」には共感するものがあったくらい。
でも年とともにぼろぼろ泣けるようになりました…笑

200mは横に並べた時ですよ~10センチ×2000計算で。積んだらそんなにないです・笑
個人的におむらさんとこにはきっと書庫がありそうでこれも気になってましたー機会があれば拝見させてください<殴
ボコる?  by おむらよしえ
いや、ボコらないっすから(笑)。
東京にいらしたときはよければいらして、書庫見学というか漫画喫茶?していってください。
泊まりもおっけーですよ~。
昔は涙腺かなりがまんしていたのですが、最近は弱くなりましたね~。なんでだろ。
よ、横にならべる……?想像もしていませんでした(笑)。
私は縦にしてしまった……。
漫画喫茶  by banri
いいですね~うっとり♪
やっぱりマイハウスには書庫ですよね~私もまだまだ夢の途中ですが。
また東京行き画策した暁にはゼヒ漫画喫茶コース入れさせてください(言質v<殴)

>なんでだろ
年とってからの方が素直になってるとこって結構ありますね、私も(低年齢化してるとも言う・笑)
遅くなっ…  by ともぴ
てごめんなさい(菩薩)。です。
どうもいつもお世話になってますー。バトン受け取りましたー。
ア ン カ ー で す が 。(殴)
すみません。

グリーンウッド懐かしいです。
私はすか兄が好きだったんですけど、1巻の1ページ目くらいで既に失恋したというちょっ早記憶が今も胸に痛いです。
ではではー。
【友】←菩薩<殴  by banri
ともぴさん、こんばんはーです。
予告なしで渡しちゃったのに受け取ってくださってありがとうございますー!
私もいつもはアンカーなんですが・笑

やっぱりスラダンが基本なんですね~v
テツオになって…は私もちょっと、あ、それいいかも…と思いました<殴
そしてやっぱりともぴさんて硬派だなあって思いましたですv(意味不)
私の中では師匠なんです、いろいろと。笑

あ、今日届いたケーブルの番組表に無事新番組の予告載ってましたー龍龍。
サイトで見るよりいい感じの主でしたよーちょっと華奢いけど。
…出だし結構楽しみです・笑
龍龍  by ともぴ
どうも度々こんばんはー。
龍麻ぽややんキャラだそうですー・笑
声優さんのインタビューで、そう書いてあったです。兄め意図TVのサイトで見てきたですー。
バンリさんのあにめれぽ楽しみにしておりますv
blog | バトン
CM:11 | TB:0 |
【ドラマ】のだめカンタービレ #9  [Edit]
2006-12-12 Tue
 ちょっと別の(しかも1年遅れの)ドラマにハマっていたので久々の感想ですが、毎週ダッシュで帰ってきてちゃんとリアルタイムで楽しんでます。先週のR☆Sオケも圧巻でしたが今週はついにのだめが主役!シューベルト良かったとです~~v

 まずは#6~8までちょっとおさらい。#6、千秋のラフマで目覚めたのだめがようやく後半の主役になるか?と思ったけど、原作どおり「まだまだ千秋カンタービレ」でしたね・笑。前回お預けだったミッチーのポエム、というかダンスも炸裂!千秋でさえ白目剥いたりしてマンガにビジュアル似せようとしてるのに、全然そうしなくてもミッチー佐久間は完璧だわvv

 #7、それまでR☆Sオケの情報は全然なかったので黒木くんたち出るのかな~そんな時間ないかな?と心配してましたが、いや~あっさりと勢ぞろいしてくれました。しかもすごい雰囲気あるある。菊地くんと沙悟浄そっくりすぎ~~いいね菊地くん策士な感じが好みだわ・笑。黒木くんも原作の方がかわいさでは上ですが、彼もなかなか武士の雰囲気あっていいと思います。この回の見所はなんと言っても龍と清良のケッコーンリコーン!かわいい二人が◎。千秋の壁追いつめも捨てがたかったですが。ハリセン江藤はフェンス挟まれでコメディ路線吹っ切れましたね多分。

 #8、おなら体操…これで新境地開くかもしれません彼は・笑。原作をかなりはしょりつつ、千秋の過去への扉とか催眠術とかなかなか自然に持っていきましたねー。黒木くんのピンクのモーツァルトにR☆Sオケメンバーのコンクール、菊池くんの三又までよく一話に入ったな~なところに本番のオーボエ協奏曲と大トリのブラームス。圧巻でした~~聴き入っちゃった。のだめが千秋の苦悩と望みを感じ取って涙し、このままじゃ一緒にいられないという言葉をはじめて重く受け止めるところも。このドラマはただマンガちっくなだけじゃなくてこーいうとこがホントにいいですね。

 さてようやく今回の#9。本気で海外に行く千秋の音楽についていく気になって特訓モードです。合宿です。主役です。ついでにハリセンを捨てた(でも心のハリセンは捨てない)江藤がめっちゃいいトコ持っていってます。えせ関西弁もはまってきてます。千秋と電波で交信しながら楽譜と取り組むところから予選まで一気に聴かせたシュベルト、こんな曲だったのですかよか曲ばいねえ。

 「千秋と一緒にいたいから」「一緒にヨーロッパに行きたいから」言葉で言えばそうなるんだけど、そこにあるのは恋する乙女モードじゃなくて音楽でついて行きたい、同じ世界でただ自分が楽しいだけじゃない音楽をやっていたいっていうキモチ。それがちゃーんと伝わってくる作り方だったな。告白もさらっと流されるし、千秋の「メシ作ってやってもいいぞ」もゴメンナサイ?だし、全然月9じゃないですが、ちゃんとそゆとこ描いてくれて嬉しいな~。

 一方千秋は原作と違った路線を辿ってますが、のだめの喝&本気の演奏で迷いを吹っ切る千秋というのも十分アリでしょう。クリスマスinパリの喝がここに来るとは思ってませんでしたが・笑。原作じゃそのクリスマスも飛び蹴りvs払い腰だったけど、こっちじゃクリスマスに向けて多少はあへーな何かがあるんでしょうね。二次のドビュッシーってこの後すぐなのかな。恋しちゃってルンルンな演奏楽しみにしてるんですが、そのためには何かないとね!笑

 あ、北海道への道連れが龍だったのがなんか嬉しかった~ドラマじゃあちこち飛ばされた千秋と龍の仲良しさんっぷりが見れて。真澄ちゃんからの携帯を切ったのは電磁波のせいじゃなくて、急用で龍が帰ってしまうのを恐れたんだとナチュラルに思いました…。原作でもかに以外にもいっぱい抱えてたけど、そうかあれも洗脳だったのか。

 ところで瀬川、いくら原作に似せてもあの頭はムリがあろう…子供時代はかわいかったのに…。そして最近見たドラマの子供時代がことごとくまるこなのはナゼ…(玉木がさくらももこファンだかららしい…)
media mix | 二ノ宮知子
CM:0 | TB:0 |
大奥 2巻  [Edit]
2006-12-07 Thu
 女の将軍に美男三千人の逆転大奥。1巻でその設定にぶっ飛びつつそこに見え隠れする歴史の奥深さと人間の愛憎に、大きな話になりそう~とわくわくした「大奥」の続きが登場。前巻で八代将軍吉宗が紐解いた大奥誕生の秘密ひいてはこの国の抱える秘密…それは(表の歴史と同じなら)遡ること70数年前の三代将軍家光の時代にあったー。ううう今回もすごいです~思わず息止めて読んでしまったよ…

 若い男子ばかりが死に至る原因不明の奇病によって男子の人口は激減、そして江戸城でも当年29の家光が世継のないままに逝去した…それは徳川の世の終りと再びの戦国乱世到来を意味する。乳母でありながら江戸城で絶対的権勢をふるっている春日局は、溺愛した家光の血を唯一引く少女を「家光」として育て、家光に世継を作らせるために女たちを集めた大奥に今度は男を集めたのだった。京都で新院主となった万里小路有功は、その美しさ故に春日局の強引なやり方で還俗を余儀なくされ大奥へと上がることになる。これが御歳16の「名前のない上様」と「お万の方」との出会いだったー

 いやー………髪を伸ばした有功がかっこいいんですけど…!!とりあえずそこは叫んでおかねばなるまい・笑。ま、そこでオチたのは間違いないんだけども、しかしそこに至るまでの展開からも目が話せなかったわ~。時代が下ると公方さまにのみ許された贅沢と位置付けられ、吉宗からは真っ先にリストラ対象になった大奥も、最初は切実な願いと全て奪われ尽くした人々の悲しみに満ちていた場所だったのだね…。なんというか人間の哀しさがこれでもかと描かれておりました。

 病で失われる命もあれば、人を支配するため秘密を守るために無残に奪われる命もあり。春日局に抑えつけられている家光も我が子を顧みずに家光を溺愛する春日局も、幼い頃から奪われ踏みにじられて今上様としてある少女も、秘密を知っているために死ぬまで大奥から出られない人々も皆修羅の道に踏み込んだ哀しいひとばかり。同じ苦界に落ちながらたったひとり救うべきひとを見つけた有功とこの上様はこれからどういう運命を辿るのでしょうかねえ。

 吉宗の時代にも「お万の方」の名は伝わってましたね。そして事実はとても悲しい出来事が元になっていながら、後にはそれが形骸化してしきたりとして残っていたり、1巻を読み返してもいろいろ発見があって面白い。鎖国とキリシタンの排除とか表の史実に絡んでくるのも面白い。男女逆転現象もギャグじゃなくて歴史の必然として描かれていくのですよ、面白いなあ~~。

 まだこのふたりの話は続くみたいだけど、世継が生まれて無事育ったら不幸な結末が待ってるとか…ないといいなあ。1巻の水野もハッピーエンドだったしね。吉宗の時代には将軍が女なのも大奥が男の園なのも国内的には秘密じゃなくなってるわけだし、この時代にその基礎になるような何かがまだあるんだと思うけど。春日局が遺したという「滅日記」…春日でさえ男系社会の存続を諦めるほどのどん底がまだあり、そこからどんな一大意識・構造改革があって男女逆転社会に転換したのかなあとかいろいろ気になります。その後また吉宗の時代に戻るのかなあ?あの上様とその周りに集まりつつある才気実力兼ね備えた人たちなら、終焉に向かっているこの国をどこかには引っ張ってってくれそうな…それがどういう方向に行くのかが予想できなくて楽しみです。

大奥 2 (2) よしながふみ(JETS)
comic | よしながふみ
CM:0 | TB:0 |
ONE PIECE 44巻  [Edit]
2006-12-05 Tue
 vsCP9ついに決着…ですが、この巻の主役はメリーでしょうやっぱり~~~~!正直、ルフィが何をどうやってルッチに勝ったのかはあんまり分かってないんだけど(コラ)、ラスト3話ですべてはDoでもよくなったよ…あのバスターコールを正義だと言う海軍のことも、青キジの思惑も、よく分からなかったルッチの過去も(これはさらにあの背中の過去があるってこと?)、どんどん扱いが粗末になっていくスパンダのことも。あでもジュゴン人魚だけはどうでもよくないけど…あの見開きはスゲかった…

 W7から突き落とされたGM号がきっと鍵になる、でも一味のために最後の力振り絞ってそれこそバラッバラになっちゃうんじゃないか…と思ってたメリー。その絵を見たらどんなに辛い気持ちになるだろうと想像してたのに、ぎりぎりまで頑張ってくれたメリーがアイスバーグを確認してホッとしたように後を託したのを見て、静かに受け入れることができたような気がする。こんな見事な生き様を見せられちゃ、漢になるしかないじゃナイ。「決別の時は来る。男の別れだ。涙の一つもあってはいけない」…でも泣けるよやっぱりこんな追憶の淡雪見せられたらさああああ…!!本当に楽しい日々だったね。こんなにはっきりと別れを見たのに、これから先GM号がいないなんてまだ全然実感湧かないよ…だから何だかお別れの言葉が出てこない。

 ギア3。ゴム人間は骨もゴムでできている…という理解でいいのか?まあそれなら膨らむし縮むかもね…???…ま、いっか(オイ)。しかしこの先彼らの前に立ちはだかる相手がもし比例直線で強くなったらどうなるんだ。ゴム人間も鉄を斬る剣士も壁を蹴り破るコックも最初から人間離れしてると言えばそれまでだけど、これ以上遠くへ行かないで~笑。

 ロビンちゃんおかえり~~v。ありがとうと言いかけたルフィの口を押さえて、これだけは自分から言いたかったんだよね。W7に来る前までの、皆から一歩引いてた時とは違う自分になったから。大人なんだけどなんだか可愛い。これからはコーヒー以外も欲しいと言えるようになるといいね。サンジも張り切るよ・笑。しかしサンジには可哀想だけど(つか最初っから相手にはされてないが…)フランキーが大人でお似合いなんだよねえこれが。アニキはどうすんのかなーこれから。

 ウソップせっかく帰ってきたのにまた行っちゃった…こっちもそろそろ決着付けないとね~もちろん残る方向でひとつ。憧れのエルバフがいるからちょっと心配なんですけども。何につけ決別の時ってのは来るものだけど、ここでウソが別の道を行く理由はないよね?ね?

 青キジはホントにロビンちゃん以外は全滅させるつもりだったのかなあ~一体何を考えてるんでしょう。どこまで政府寄りなのかがイマイチ分からず…独自の基準で動いていそうなのに、まだ自分なりの正義は見つかりませんか?

 さて一段落着いたとこで、何やら懐かしい顔ぶれがこの後続々だとか…楽しみですなあ~~~v

ONE PIECE 巻44 (44) 尾田栄一郎(WJ)
comic | 尾田栄一郎
CM:0 | TB:1 |
BLEACH 25巻  [Edit]
2006-12-05 Tue
 なんか全然進んでないような気がするんですけども。気のせいですか?そうですか。仮面組一気にごちゃっと現れたけど、誰ーにも引っ掛からない…名前も覚える気にならないのは問題っすか?そうですか。藍染の目的知りつつ対抗して動いてるみたいですがイマイチこう、気分的に盛り上がらんのは画面的に華がないからかしら(多分違)

 えーと白一護は内なる虚なのね。虚化することは理性を捨てること、ただ戦うという本能を解放させること。そして虚化を制御するのは理性で本能を抑え込むのではなく、本能を認め・受け入れ・その上で支配すること?…うーむよくわからんが、ま結果オーライってことで(?)。強くなったっつーカタルシスは全然ないんだけども…。藍染組と戦うのに必要なんだろうけど、じゃあ死神組とか今修行してる現世組はどうなんの?こっち動かしてやればいいのになあ、暗いカオばっかりさせてないでさ。死神たちの過去バナとか意外なとこでつながってる関係とか好きだったんですけども。そんなの入る余地がないー。

 アランカルも仮面組も割とどうでもいいってのに今度は王か…王ねえ。死神世界の王ってことは閻魔大王?(違) ルキア奪還みたいな分かりやすい話の後だけに、鍋の底でぐるぐるとぐろ巻いてるような今の状態(のだめシチュー状態?)がキモチわるいよ~~。早く出口つか方向見定めて~~じゃないと動けないしね。動きが停滞するとキモチももやっとするからな~。

BLEACH 25 (25) 久保帯人(WJ)
comic | 久保帯人
CM:0 | TB:0 |
帰宅しました  [Edit]
2006-12-03 Sun
 オンでもオフでも出不精の私ですが、思い立って出掛けてきました。最初に空港に降りた時はさみしいなあと思ってね。せっかく一人旅で出掛けてきたけど、連れてきてやれば喜ぶだろなー今度はやっぱやつらと一緒に来よ…とか思ったものですが、終わってみれば二日間のオフをめいっぱい楽しんで満足しきって帰ってきましたよ・笑。

 最初の某オフ会は60人からの大所帯で、初参加だった私は一体どなたとお話したのかすらあやふやで。何人か印象に残った方々もいらっしゃったのですがきっとあちらは覚えてないだろうなあ。一方的にみなさまの芸達者ぶりを楽しませていただいてきましたね。特に男性陣。DVDとか。あとはやっぱり初期メンバで今も運営続けてくださってる方々、ファンサイト置いてくれてる方々、盛り上げてくれてる方々からは愛情感じて嬉しかったな。個人的にお会いしてみたかったお二人とはお話できたんで一応目的は達したんですが、私も本日一発目だったのでまだ調子が出ず(?)久闊を叙してるところに長々入り込むのもなと遠慮も働き、気が付いたらタイムリミットでああっもちょっとお話したかった!とそこだけがちと心残り…Oさん次回があればゼヒご近所ツアーを…!

 そこが解散になったところで、効率的にビル一つ二つ離れただけの場所で第二弾へ。せっかく上京する機会だしってんでお声掛けたところ、私のネット歴ではもっともおつきあいの長いとこにいらっしゃるIさん、Mさん、Eさんを一網打尽にすることができました~感謝ですv関西から駆けつけてくれたMさん、旅行帰りに大荷物なのに寄ってくれたEさんありがと~。初対面4人だったけどすごく楽しくて、あっという間の4時間半。思い切って誘ってみてよかったー。リアルでもピーピー言っててゴメンね!(でもまだ語れるYO・笑)カバチタレ観るから~つか今日まで100円だったから早速寄ったのに貸出し中だった死!クロサギも全滅だった死!あ、カセリョーもね!笑

 翌日お会いしたTさんとは二回目だったこともあり結構ひんぱんにやりとりしてることもあり、すっかりくだけてフツーに遊んできたって感じv。下北はすごくいい街だった~こういう街は観光じゃなくてよく知ってる人と歩くとすごく楽しいね。散居村をウリにしてるとこに住んでる身には東京のビル群て実はすごく疲れる。圧倒されるというかニガテ意識というかむしろ腹が立つというか・笑。今回、ビル以外の東京を見れたのはすごく嬉しかったな。細い路地に小さなお店がいっぱい並んでて、お洒落なのに生活感があって。金沢にもよく似てる感じの場所があるけど、そこよりもっと解放されてて気軽にひょいっと覗ける雰囲気があったよ。人も多かったのにそれが全然苦痛じゃない、古いところも手作り感のあるリフォームで暖かみのある建物が多くてすごく居心地よかったv。あんまり居心地よくてすっかり本性が…笑。よし今度は嶽本野ばらを読もう(×それは下妻。○は石田衣良…でも気分は嶽本野ばらになっちゃったんだもん)

 というわけで、楽しい気持ちばかりたくさん抱えて無事帰宅。
帰りの飛行機はちょうど日暮れで、
地平線に長く長くオレンジのグラデーションが帯になっていたのを
飽きもせずずーっと眺めてました。
最後も綺麗なもので〆られて、最初から最後までついてたな。
人も街も思い出に残るいい旅でした~v
また行きたいな~v(オイ)
コメントを読む(8)
楽しめたようで何よりです。  by おむらよしえ
こんにちは、おむらよしえです。
某オフではあまりお相手できずに申し訳なかったです……終わりのほう、バンリさんを探してみたら、楽しそうにお話されていたので遠慮してしまいました(^_^;)
こういうよけいな遠慮がだめなんですよね>自分
最後、新井素子の話で意気投合できたのがちょっと嬉しかったです。
新井素子さんは中学生のときに思い切りはまっていたのですが、今コメントしてくれる人はあまりいないので(笑)。
今度機会があればぜひまたご一緒しましょう。
おつかれさまでした~  by Iさん(笑)
楽しかったです!
『カバチタレ』は面白かったんで、私ももう一回見たい!
あ、その前に『野ブタ。』も見なくっちゃ。でも『24』と『プリズンブレイク』と『LOST』も見たいのです……。

下北、道が入り組んでてわけわからなくなるので、意外と行った事ないです(笑)。今度じっくり歩いてみようかな。
いい一日でしたv  by banri
>おむらさん
おむらさんが行かれるならと初オフ参加を決めた私なので、行く前はぴったり張り付き(迷惑)くらいの気持ちでいたんですが、あの場に立ってみると私の方も妙に遠慮してしまいまして…しかもオフ慣れしてないので時間配分間違えた!!と…泣笑。
しかし濃いメンバがたくさんいらっしゃって、雰囲気はとっても楽しかったです~^^
次回はホントに例のあの公園とかご一緒してみたいものですv
ビルはホントもういいので下町とか図書館ツアーとか・笑。
いつかゆっくりお会いできたらゲームバナとかもゼヒv

>Iさん(笑)さん
迎撃感謝v
いつも断片的にblogとかで拝見してるだけの演劇や舞台の話がリアルタイムで目の前で繰り広げられてて、しかも自分もその中にいて…ってすごく楽しかったです~~。
本ネタも多かったけど、舞台と役者ネタで盛り上がってたような気が…ああ、無情…
花よりも~は岡田目当てだったけど、絶対違うとこに目がいくと思う…そうそう古田新太もね!
下北は私もついて歩いてるだけだったけども・笑
でも狭い範囲にいろんなものがあるんで都内歩くより全然楽で楽しかった~~v
家族で行くとなかなかそーいうところには行けないけど、友達とまわる時はショッピングビル以外のとこに行こう!と思ったよ。
機会があればゼヒにまたv
時間できたら野ブタ。見てねv笑
公園(笑)  by おむらよしえ
>おむらさんが行かれるならと初オフ参加を決めた私なので、行く前はぴったり張り付き(迷惑)くらいの気持ちでいたんですが
いてもらえばよかったか(笑)

>しかし濃いメンバがたくさんいらっしゃって、雰囲気はとっても楽しかったです~^^
ならよかったです~。(^_^)

>次回はホントに例のあの公園とかご一緒してみたいものですv
あはは。いいですね。見学ツアー~。

>ビルはホントもういいので下町とか図書館ツアーとか・笑。
>いつかゆっくりお会いできたらゲームバナとかもゼヒv
 そうですね~ゲームの話もすればよかった……。
 下町勉強しておきます!(笑)
こちらこそ  by M@西の国から
声を掛けていただいてありがとうございました。とても楽しかったです!個人的に今旅行しておかないと、次はいつになるかわからないというタイミングだったので、いい想い出になりました。
ピー話(笑)もっとしたかったですねv
私はああ無情の完全版を読まなくては、と思いました。家なき子も惹かれますが。笑
皆さんに刺激を受けて、貴重なひとときをすごすことが出来ましたvまた機会がありましたら是非v
足りませんでしたね…!  by banri
>おむらさん
敗因(笑)を考えてたのですが、思い当たりました。むかし叩き込まれた「新人はひとつところに居座っちゃダメ」という体育会系飲み会体質のせいだわきっと…大人だからもうまったりすればよかったです…くくく(悔)

ツアー、例の公園とか某魔人スポットとかとか・笑
今度ANIMAXでアニメになるんですよね~ナゼか今頃。そしてキャラ絵でかなり不安になってはいるんですが、マイハニーの声が同じなので取りあえず録る気はまんまんなのです…!

>M@西の国からさん
ほんっとーに来てくれてありがとうでした~v
私も西の方が近いんで、じゃあ今度は西で・笑
いやもうほんとに…まだまだできますから、ピー話。
当分祭ってると思うんでまたおつきあいしてやってください~~。
とりあえず新春に向けてがんばりましょう!(何を)

刺激ね、うん、私も家なき子を勉強しなおさねば(そこか)
ホントいろんな話ができて楽しかったわ~。
あ、passは待ってれば解除?
解除されない時はご一報お待ちしてますv
楽しかったですv  by 某E(笑)
バンリさん、MさんIさん(笑)
そのせつはありがとうございました。
一時は、あきらめかけたので、ほんと
お会いできて嬉しかったです!
初対面な感じ、全然せず(笑)、楽しく
喋り倒して、時間があっというまでした。
野ブタ、かなり気になります!
もともと山P、チェックしてましたから(カバチタレの頃から。。。)
花よりもなほ もぜひ見ますねーー
また、会えますように!!
>某E(笑)さん  by banri
Eさんもわざわざありがとう~~。
うまく会えるといいな~と祈ってましたが、念願叶って嬉しかったですv
思えば私がbbs作ってすぐからでしたね…ようやく!って感じです・笑
ホントにあっという間だったんで、またゆっくりお会いしたいなー。
私、野ブタ。布教に行ったみたいだったですね・笑
私の方もいろいろと刺激受けて、これからしばらくの楽しみが増えたわ。
見たいものがいっぱい~♪
一人で見るより何倍も楽しめますよねv(こまかいところちぇ~っく♪)
memo
CM:8 | TB:0 |
野ブタ。をプロデュース  [Edit]
2006-12-01 Fri
 去年ドラマ化の前に手に取った時は10ページで挫折したんですが、最近DVDで一気観したドラマがあまりにすんばらしい出来だったのでリベンジ。彰が出てこないことも(ココ重要)、話が大分違うことも知ってはいましたが、もしドラマの良さが少しでも原作から来てるのなら感謝しなきゃな、と思ってさ。それくらいこのドラマの綺麗さや、孤独と背中合わせのやさしさに慰められたので。しかし結果は改めて脚本の木皿泉氏やプロデューサーの河野英裕氏にリスペクトを捧げることに…まあ多分そうなるだろうと思ってたけどね<オイ。原作の良さ…綺麗だったところ…思いつかなひ…;

 共通する部分と言えば、修二の原型に名残があるのと、修二転落のきっかけくらいかな。他人との距離感…遠すぎたらさみしいけど近すぎたらうっとうしい、ガッコにいる間うまく付き合っていければ自分をさらけ出す必要なんかないという高校生像は確かに原作から刺激を受けた部分でしょう。だけどそこに見てるもの、そこから語りかけてくるものが全然違うんだね。原作はただその世代のある一面をそのまま映し出しただけ、そこに現代の高校生像がリアルに描かれていようが私的にはだからどうした?って感じですねー底が浅くて薄っぺらい…としか言えんなあ。まあ文○賞はここずっと低年齢化してて全体的にこんなレベルなのかもだけど(どれも読んでないけど)。「(笑)」も最後まで許せなかったよ…どう考えても小説にはいらねーだろ…文章で書けよ;

 一番違うのは転落してからか。いやそもそも「他人と深く付き合うのはヤだ」というとこは同じでも根っこは結構違う人間だったから当たり前と言えば当たり前なんだけどね。ドラマの修二はこんなラヴラヴ家庭で育ってなんでそんな冷めてんの?てなとこあったし。でも共感できたのはドラマの方。多かれ少なかれそういう部分は私もあるし、駄々をこねない手のかからない子供って案外執着とか情とか薄くなることあるのわかる。それでも冷めた部分と同時に人間スキーなとこがあるのも。

 かたや原作修二は自分を演出することができなくなって他人を拒絶、そのくせ内心で何で今までうまく盛り上げてきてやった俺を賞賛しないんだとプライド高いままだったり、自分がプロデュースした野ブタ。っていう結果がある限り、誰も知らなくても自分が創った世界でみんな生きてんだと暗い自意識抱えてたり、何にも分かってないねコイツ…と。まして野ブタくん、自分をプロデュースしてくれたことを皆に言えば分かってくれるんじゃって、それで分かるのって、皆を自分の掌で転がそうとしてた=対等と思ってなかったってことですから。そこはもし我が身を振り返って後悔してたら恥ずかしくて言えないところよ。

 そういう過去の自分と向き合って、自分のしてきたこととその結果を引き受けてたドラマ版とは全く別のベクトル向いてたなあ。挙げ句転校しても全然懲りてねえし。リセットしてやりなおしってゲームじゃないんだからさ…。同じ転校でも「俺たちはどこででも生きていける」というドラマの境地とは遠く遠く隔たったところに着地。「人生はきっとそういうゲームだ」という最終回の言葉も、一回目の「人生はゲームだ」とは違う意味で使われてて深かったんだけどね…こんだけ最初と最後で進歩も成長もない青春物語(?)って逆にすごいかもね(誉めてないけど)

 まあ底が浅いというよりはきっと原作はそういう成長物語を描く気はそもそもなかったんでしょう。若い作家ってうそくさく感じるのかなそーいうの。人間てそんなに簡単に変われないし、救いなんか待っててもこないんだって? …でも私は信じる。そして信じさせてくれる物語が好きだよ。

 うーむ全然原作の感想じゃなくなったが…私的にはドラマに完全に軍配が上がってスッキリした。これで何度目?てなくらいリピートしてますが、どの話にも好きなシーンや言葉がいっぱいあって、書き留めておきたくなって困る…彰のかわいいシーンもね!

野ブタ。をプロデュース 白岩玄(河出書房新社)
novel | 野ブタ。
CM:0 | TB:0 |
| 日々是好日 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。