FC2ブログ
読書の欠片ネタバレあり
08≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10
スポンサーサイト  [Edit]
-------- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告
|
少女探偵サミー・キーズと小さな逃亡者  [Edit]
2005-10-21 Fri
 4作目はクリスマス。犬の誘拐事件の責任を被せられ、しかも脅されて危険な探索をしないといけなくなるわ、家出少女を拾って送り迎えをすることになるわ、グレイビルさんの思わぬ秘密に触れることになるわ、ヘザーには邪悪な笑みを送らないといけないわ相変わらず大忙し。あ、クリスマスプレゼントも用意しないと…ヒー私だったら頭がわやになりそう(笑)。それに何より心を乱す母親のこともある。わずか13才でこれだけのことを抱えるのは本当に重いと思うんだけど、でもこれにひとつひとつ向かっていくことで、サミーの中に渦巻いてた感情が整理され、やらなきゃいけないことやなりたい自分が見えてくるのが分かるだよね~。痛快な楽しさの中に今回も人間の心理がなかなかに深く描かれてて思わず唸ってしまいます。

 一つは「許す」ということについて。ひとを許せず、恨むことを原動力にして人生を無駄にしてしまった何人かの大人たちの姿はリアルですねえ。それがどんな強い原動力になり得るか、一度そこに入り込んだら出るのがどれだけ難しいかはきっと子供にも想像がつくと思う。人の感情のままならなさに触れ、でも子供だからこそそこで間違わず正しく生かしていこうとする気持ちが響いてほろっときたよ…。ああしろこうしろとは言わないけど大事なことを教えてくれるハドソンの存在も大きいよなあ~…「それはきみしだい」「激流を遡ることに決めたなら、岩の間をぬっていけ」。必要以上に手を出さず自分で考えさせようとするハドソンと、拠り所にしながらも頼らず自分の意思で決めようとするサミーがいいのです。ラストのクリスマスプレゼントの章には泣かされたしな…涙を越えた先に力強さと光があって、ラストの一文がまたぐぐっと来るのよねえ~><

 もう一つは子供が「死」を乗り越えることについて。父親の死という概念を触れさせないようにしてる周りの大人たちの様子と、逆にそれ故に心の拠り所を見つけられなくて家出を繰り返すエリサの話は、さり気なく描かれてるけどこれまたなかなか深いですー。

 許しとか死とか、なんだかえらく宗教的で心理学っぽい話みたいだけど(笑)、やそんな押付けがましさは全然ないです。読んでて子供たちの心の成長がするっと入り込んでくるのよねえ。大人が思ってるよりずっと物事を深く感じとって考えてるってこと。越えようとする力が備わってるってことを素直ーに感じさせてくれて好きだなあ。あくまで13才のサミーの日常と(たまに非日常と)感覚がベースなのよね^^

 学校でのクリスマスのプレゼント交換は楽しそうだったわー。町をあげてのクリスマスパレードもそうだけど、クラスでお互いがサンタになってこっそりプレゼントを贈り休み前の最終日のパーティでに正体を明かすなーんて日本にはない習慣とか、英米児童文学の楽しい部分だと思う♪これがヘザーにいっぱい食わせるのにも一役買い、「あたたかくて、幸せで、平和な気分」にも一役買うんだから上手いわ~。ボーシュ巡査へのクリスマスプレゼントも効いてるしね。あちこちまあるく収まり満ち足りた気分になったところで、パーティの後の静けさと淋しさが、そしてまたささやかなあたたかさがやってきて余韻が残る。とってもクリスマスに相応しいお話でした~^^

少女探偵サミー・キーズと小さな逃亡者 ウェンデリン.V.ドラーネン(集英社)



novel | ウェンデリン.V.ドラーネン
CM:3 | TB:0 |
<<少女探偵サミー・キーズと消えたゴブレット | 日々是好日 | 文鳥様と私 7巻>>



Comment
★ サミー・キーズ
読み始めました!サミー・キーズ。
お勧めどおり面白いですね~。早く次の巻が読みたいです。
いまどきのこどもでありながら、とんがりすぎてないところがよかったです。
2005-10-24 Mon 20:21 URL | おむらよしえ [ edit] |
★ 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2005-10-24 Mon 20:22 | [ edit] |
★ >おむらさん
おむらさん、こんばんはー^^
これから読もうとしてた児童書は全然違うやつだったんですが、たまたま手に取ったのが面白かったものでつい長々書いてしまいました(笑)
気に入ってもらえました?嬉しいです~

>とんがりすぎてない
そうそう、そんな感じ。好奇心だけで突っ走るスーパー少女探偵じゃないとこもいい感じっす。状況や感情も少しずつ変化していってるので次の巻も楽しみです♪

>P.S.
こちらこそありがとうございました~v
2005-10-24 Mon 22:34 URL | banri [ edit] |
コメントの投稿
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

Trackback
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 日々是好日 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。