読書の欠片ネタバレあり
05≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07
スポンサーサイト  [Edit]
-------- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告
|
【ドラマ】白夜行6  [Edit]
2006-02-17 Fri
 松浦主役の6回目。つーか松浦で泣いたぞ…ひどいよリョウちゃん~~;「パチもんだったんだ、だからよかったんだ」じゃねー><。雪のためでも、今の自分のためでもなく、子供の時の自分がフラッシュバックしてやっちゃったんじゃないか…しかも半分は勘違いだし;;一番言われたくない言葉をよりによって亮に言われて、それでも松浦なりにどこか亮を守ってやろうとしたようだったのが切なかったー…「こいつ俺に似てると思ったんだ…ニセモノだってキレイだろ」…お前は悪くない、白夜だって捨てたもんじゃないだから怖がるな…そんな風に言いたかったのかなーとかね。まあ半分は自分に言ってるわけだが、でもやっぱり一人で白夜の下を歩くのはさみしかったんでしょう。だから誰か一緒に歩いてくれる人が欲しかったわけで、松浦にとってはそれが亮ちゃんだったわけね…(すげ一方的だが<不器用)。それが響かなかったハズはないのに心閉ざしちゃって見ないフリするなよ~;

 原作は…まあそんな甘い想像が入る余地あんまりなさそ気ですが、しかしドラマ版松浦の、屈折してわっかりにくい亮への執着やさみしがりなとこはなかなかだったんではないかと。

 んで雪と亮。松浦の一件で再びよりを戻した二人だけど、その想いのベクトルは微妙に別の方向向いてるような気がしないでもない…。亮がいるからこそ他の人にときめくことができた?それって亮に話してあげて喜んでくれるだろーか(^_^;。「傷つけた分優しくしてあげなきゃ」ってのも亮が言ったとも思えないんで、これは雪→亮なのかなあ?雪が亮にあげられる精一杯のものが、非恋人宣言…自分の闇に亮を引き込まないこと、光の下に返してあげることなんだね。しかしやっぱ感覚がフツーの人とズレてるような…だって亮がそれを望むかどうかは考えてないんだもんな。大体結果はそれと逆方向なわけだから(亮が闇で雪が光)…ってこれも計算だったり?!(だったらどうしよ…爆)

 亮はと言えば、本当は松浦の何かを受け入れかけてたのに結果的に雪と関係なくやっちゃって、でも雪には自分のためにやってくれたと勘違いされて、さらにやったのは私とまで言われて…泣いてないでしっかりしろ;うーむ、これで雪が言うのとは逆に、自分が雪のために白夜を歩く決心したってのは、分かるような分からんような。雪の、自分が全部引き受けるからっていう不器用な愛情を分かった上でだったら、まあ理解できるんだけど…ただ縋って泣いてたようにも見えたしな;。亮は取りあえず松浦の事から目を背けないで、その上で白夜を歩く覚悟を決めないとな。でないとニセモノばっかりの中にホンモノを見つけることはできない…と思う。

 今回ちょい集中力が足りなかったんでいろいろ抜けてそうですが…松浦の死体って消えてたんだっけ?じゃああの後二人で運んだってことなのかな…あと睡眠薬は何に使うんだ?

 ああでも風呂はしっかり見たけど…掴むなよ(笑)



media mix | 東野圭吾
CM:0 | TB:0 |
<<働きマン 1~2巻 | 日々是好日 | バガボンド 4~10巻>>



Comment
コメントの投稿
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

Trackback
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 日々是好日 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。