読書の欠片ネタバレあり
05≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07
スポンサーサイト  [Edit]
-------- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告
|
でかした、ジーヴス!  [Edit]
2006-09-02 Sat
 飛ぶ鳥落とす勢いで出ますね~5巻目は短編集です。まず最初の序文がおかしい…一人の作家が同じキャラクターのシリーズを長く続けることについての、非常に学術的かつ興味深い論述がされてるのですが、言われるままについふらふらと本屋に出かけて既刊を注文してしまいそうな(笑)、催眠術に近い効果がありますね、ウッドハウスの文章ってば。

 「この人はあんただけの時もこんなふうに話すの、バーティ?」とはダリアおばさんの言ですが、そうかやっぱりこの時代のイギリス上流階級にあってもフツーじゃなかったのね・笑。この主従の難解な(というか古風な?)やりとりが面白いのよねえ。他の人にはジーヴスが何を言ってるのか言い回しが難しすぎてよくわからないことも、バーティが阿吽の呼吸で翻訳してくれるし、バーティの思考が飛躍し過ぎてまたこのおバカさんは何を言い出すのかしらと周りが胡乱な目で見る時も、ジーヴスは完璧に主人の思考・行動を把握してるわけで。日常平和な時もさることながら、事が起こってのっぴきならない時もあくまでこのやりとりを続けてるのがおかしいのだ。状況に合わせてテンポが緩急するのよね。

 ジーヴスのつけるオチでバーティの世間的評判が下がるのはいつものことなんだけど、バーティ好きな私でさえそれもまたよしと思えるようになってきました…。そもそもバーティも今さら自分の評判が下がってもそんなに気にしないわけだし。それよりはガチガチな上流階級のしがらみやアガサ伯母さんから逃げて静かで平和な「人が人たりうる」ぼんくら生活が何より一番なわけで、ジーヴスは名を捨てて実を取り主人を幸福にしてくれてるのよね。だからバーティはいつも愛するファションやプライドを差し出してジーブスの灰色の脳細胞に報い、ジーヴスもまた満足すると。うーんパーフェクト!

 今回は頭脳作戦だけでなく力ワザも冴えてジーヴスの新たな一面も見れ、意外とバカンス好きというか鼻がぴくぴくしたり船乗りめいた眼差しになったりと(バーティ談)ジーヴスってかわいい…と思ってしまった・笑。おなじみの面々も健在で、その出来事が悲劇であればあるほどおかしいというのを今回もたっぷり味わえて満足です。

 ところで訳者あとがきで、世の執事ブームについて触れられてますが、例の執事カフェとかつくらはちょっと違うんじゃ…笑。斎藤教授の「執事力」はちょっと気になります。愛娘のエッセイと妻に宛てた書簡も作家ウッドハウスの為人がなんだかすごくよくわかって微笑ましかったわ~。

でかした、ジーヴス!?ウッドハウス・コレクション P.G.ウッドハウス(国書刊行会)



novel | P.G.ウッドハウス
CM:0 | TB:0 |
<<神の守り人 来訪編/帰還編 | 日々是好日 | ハチミツとクローバー 9巻>>



Comment
コメントの投稿
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

Trackback
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 日々是好日 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。