FC2ブログ
読書の欠片ネタバレあり
04≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06
スポンサーサイト  [Edit]
-------- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告
|
【ドラマ】野ブタ。をプロデュース  [Edit]
2006-11-12 Sun
 一年前のドラマですがすみません。再放送ですっかりハマっております彰に…。一週間に3話しかやってない&声が聞こえない(←仕事中…)のに業を煮やして、週末DVD一気観。彰ラーヴ!そして思ってたよりずっといいドラマでした。起伏の大きな展開やぼろぼろ泣けるドラマチックさはないんだけど、一人ひとりの感情の描き方がすごく丁寧で、なんかすごいフツーの高校生してるの。演技って感じじゃない素の表情や高校生ライフがよかったな~。なんであんなムダに楽しそうなんだ<「バイバイセコー」笑。主役3人以外の生徒たちも、個性的な先生や本屋のオヤジも、かわいい親兄弟も(オヤジたちがホントみんなかわいいんだv)、みんなが自然にそこにいたって感じ。

 このドラマ作りのうまさはマイ☆ボスの仕掛人ってことで納得!と思ったんだけど、映像もきれいだったなー。昼休みの学校の屋上、夜のベランダ、夕焼けのススキ野原、てのひらに握りしめられた花びら、つながった3つの輪、幸せを願ったクリスマスプレゼント…。きれいで楽しいばかりじゃない学校生活だったのに、あとから思い出すとそんなことばかりが残っててもう一度観たくなったり。なんてことない場面でも何でか特別な感じがすることがよくあって、うまいなーと思ってました。小道具の使い方にもほっとさせてくれるやさしさがあったし、大事なことは声高に言わず底に流して、ありのままの姿から気づかせてくれる脚本と、一貫して抑えた演出に気が付いたらすっかり見入ってましたねえ。一番は彰だけど、実は彰だけじゃなかったのでした。

 以下長いので続きから。



 彰。最初に「こいつって…」と思ったのは文化祭、それまで見せたことのなかった真剣でしかも泣きそうな顔を見てから気になって気になって。改めて最初から見直したら、やっぱりこいつっておバカでかわいくてやさしい~大好きだ~。立ち上がったり歩いたりする度にどこかに手足ぶつけるクセも、ドゥーなしゃべり方も、万札とアイスのアタリ棒を輪ゴムで留めて手帳に挟んでるお金持ちかつ庶民的なとこも、サムい独り笑いもchu!コンコンも、実はケンカ強いとこも凹んでるとこも人の話は聞いてないけど姿はいつもちゃんと見てるとこも、絶対ひとを責めたりしないとこもたまに見せてくれるマジな顔も書ききれないくらいメモリーに残ってるわ。山Pって顔の輪郭キレイだよね~~…でかい身体とあの髪型と、犬みたいに懐くとこもウザがられてもめげない好意の示し方も、なんかツボ…デジャヴ。

 修二と彰は最初っからマブダチなのかと思ってたけど、最初は彰の一方通行だったんだね。でも段々愛情友情が伝わって…よかったねえ、どっちもね。彰にとっても修二がはじめての友達なんじゃないかと思うすよ。あの調子でずっと浮いてただろうし。「一番したいのは…ケッコン」があんまりかわいかったので野ブタは彰にあげたかったけど、まあそれはそれ。やっぱりあのラストでよかったです。…ヘリコプターって!!学ランも似合うねv…なんかまだまだいろいろ言いたいことあるんですがありすぎてまとまりません…笑

 修二。最初に出て来た時は、ああ確かに原作もこんなキャラだったな(10Pしか読んでないけど)と。でもこいつも文化祭ん時にちょっと違うぞ?と。あっちでもこっちでも役目引き受けるハメになっちゃって、でも要領よく適当に済ませないでちゃんとやってしまうところが…「兄ちゃんいいやつだよ、約束は絶対守るし」なのよねえ。下手したら今どきのありがちなキャラになるところが、すごく人間くさいいいやつだった。そりゃあんなラブラブ家族で育ってるしね…(彰んとこも多分ラブラブだと思う…)。何度も何度も、花が出るまでやりなおしたあみだくじが好きだったなー。人気者の地位から落ちていく時も、元々の修二がニセモノでしかなかったらメッキが剥がれたら後には何も残らないけど、やっぱり土台があると違うね。原作にもちゃんとそんな土台があるんでしょうか。

 野ブタ。最後まで野ブタは野ブタだったのがよかったすね、へたに変身しなくて。声も低いままで。ラストまで笑顔封印したのも○。義父親との話もあれっきりでまだおとうさんと呼べないままだったけど、あれで十分この先の関係修復を予感させるものになってましたねー。ここでも彰だし、そういや前半は絶対彰のが野ブタに対してポイント稼いでたのに…不憫なやつめ。

 まり子。ミサミサかわいかったーええ子でしたねホント。かわいいだけじゃなくて甘えないし頭もよさそうだし、随所に芯の強いとこが見えてね。高校生の女の子が、あれを乗り越えて「できないことじゃないから」と笑ってみせるのはできすぎかもしんないけど、凛々しくてけなげでした。がんばれ。

 大人たち。修二父と彰父とおっちゃんはかわいさ対決しても甲乙つけがたい。キャサリン深すぎ。デルフィーヌ京極堂かと思った…そう言えば店名も似てるね。みんなさり気に含蓄あるのよねー。

 あといろいろいたりあったりしますが、ひとまず割愛。とにかく細かいとこまで行き届いたすごく丁寧なドラマでした。網五(アミーゴ)高校って…オチマイ☆ボスとおんなじかい!
 あああーDVD見終わってさみしい…彰~~!

野ブタ。をプロデュース DVD-BOX
media mix | 野ブタ。 | 山P
CM:0 | TB:0 |
<<DEATH NOTE 全12+1巻 | 日々是好日 | シェイクスピアを代筆せよ!>>



Comment
コメントの投稿
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

Trackback
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 日々是好日 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。