FC2ブログ
読書の欠片ネタバレあり
06≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08
スポンサーサイト  [Edit]
-------- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告
|
野ブタ。をプロデュース  [Edit]
2006-12-01 Fri
 去年ドラマ化の前に手に取った時は10ページで挫折したんですが、最近DVDで一気観したドラマがあまりにすんばらしい出来だったのでリベンジ。彰が出てこないことも(ココ重要)、話が大分違うことも知ってはいましたが、もしドラマの良さが少しでも原作から来てるのなら感謝しなきゃな、と思ってさ。それくらいこのドラマの綺麗さや、孤独と背中合わせのやさしさに慰められたので。しかし結果は改めて脚本の木皿泉氏やプロデューサーの河野英裕氏にリスペクトを捧げることに…まあ多分そうなるだろうと思ってたけどね<オイ。原作の良さ…綺麗だったところ…思いつかなひ…;

 共通する部分と言えば、修二の原型に名残があるのと、修二転落のきっかけくらいかな。他人との距離感…遠すぎたらさみしいけど近すぎたらうっとうしい、ガッコにいる間うまく付き合っていければ自分をさらけ出す必要なんかないという高校生像は確かに原作から刺激を受けた部分でしょう。だけどそこに見てるもの、そこから語りかけてくるものが全然違うんだね。原作はただその世代のある一面をそのまま映し出しただけ、そこに現代の高校生像がリアルに描かれていようが私的にはだからどうした?って感じですねー底が浅くて薄っぺらい…としか言えんなあ。まあ文○賞はここずっと低年齢化してて全体的にこんなレベルなのかもだけど(どれも読んでないけど)。「(笑)」も最後まで許せなかったよ…どう考えても小説にはいらねーだろ…文章で書けよ;

 一番違うのは転落してからか。いやそもそも「他人と深く付き合うのはヤだ」というとこは同じでも根っこは結構違う人間だったから当たり前と言えば当たり前なんだけどね。ドラマの修二はこんなラヴラヴ家庭で育ってなんでそんな冷めてんの?てなとこあったし。でも共感できたのはドラマの方。多かれ少なかれそういう部分は私もあるし、駄々をこねない手のかからない子供って案外執着とか情とか薄くなることあるのわかる。それでも冷めた部分と同時に人間スキーなとこがあるのも。

 かたや原作修二は自分を演出することができなくなって他人を拒絶、そのくせ内心で何で今までうまく盛り上げてきてやった俺を賞賛しないんだとプライド高いままだったり、自分がプロデュースした野ブタ。っていう結果がある限り、誰も知らなくても自分が創った世界でみんな生きてんだと暗い自意識抱えてたり、何にも分かってないねコイツ…と。まして野ブタくん、自分をプロデュースしてくれたことを皆に言えば分かってくれるんじゃって、それで分かるのって、皆を自分の掌で転がそうとしてた=対等と思ってなかったってことですから。そこはもし我が身を振り返って後悔してたら恥ずかしくて言えないところよ。

 そういう過去の自分と向き合って、自分のしてきたこととその結果を引き受けてたドラマ版とは全く別のベクトル向いてたなあ。挙げ句転校しても全然懲りてねえし。リセットしてやりなおしってゲームじゃないんだからさ…。同じ転校でも「俺たちはどこででも生きていける」というドラマの境地とは遠く遠く隔たったところに着地。「人生はきっとそういうゲームだ」という最終回の言葉も、一回目の「人生はゲームだ」とは違う意味で使われてて深かったんだけどね…こんだけ最初と最後で進歩も成長もない青春物語(?)って逆にすごいかもね(誉めてないけど)

 まあ底が浅いというよりはきっと原作はそういう成長物語を描く気はそもそもなかったんでしょう。若い作家ってうそくさく感じるのかなそーいうの。人間てそんなに簡単に変われないし、救いなんか待っててもこないんだって? …でも私は信じる。そして信じさせてくれる物語が好きだよ。

 うーむ全然原作の感想じゃなくなったが…私的にはドラマに完全に軍配が上がってスッキリした。これで何度目?てなくらいリピートしてますが、どの話にも好きなシーンや言葉がいっぱいあって、書き留めておきたくなって困る…彰のかわいいシーンもね!

野ブタ。をプロデュース 白岩玄(河出書房新社)



novel | 野ブタ。
CM:0 | TB:0 |
<<No.6 #5 | 日々是好日 | 帰宅しました>>



Comment
コメントの投稿
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

Trackback
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 日々是好日 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。