読書の欠片ネタバレあり
04≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06
スポンサーサイト  [Edit]
-------- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告
|
大奥 2巻  [Edit]
2006-12-07 Thu
 女の将軍に美男三千人の逆転大奥。1巻でその設定にぶっ飛びつつそこに見え隠れする歴史の奥深さと人間の愛憎に、大きな話になりそう~とわくわくした「大奥」の続きが登場。前巻で八代将軍吉宗が紐解いた大奥誕生の秘密ひいてはこの国の抱える秘密…それは(表の歴史と同じなら)遡ること70数年前の三代将軍家光の時代にあったー。ううう今回もすごいです~思わず息止めて読んでしまったよ…

 若い男子ばかりが死に至る原因不明の奇病によって男子の人口は激減、そして江戸城でも当年29の家光が世継のないままに逝去した…それは徳川の世の終りと再びの戦国乱世到来を意味する。乳母でありながら江戸城で絶対的権勢をふるっている春日局は、溺愛した家光の血を唯一引く少女を「家光」として育て、家光に世継を作らせるために女たちを集めた大奥に今度は男を集めたのだった。京都で新院主となった万里小路有功は、その美しさ故に春日局の強引なやり方で還俗を余儀なくされ大奥へと上がることになる。これが御歳16の「名前のない上様」と「お万の方」との出会いだったー

 いやー………髪を伸ばした有功がかっこいいんですけど…!!とりあえずそこは叫んでおかねばなるまい・笑。ま、そこでオチたのは間違いないんだけども、しかしそこに至るまでの展開からも目が話せなかったわ~。時代が下ると公方さまにのみ許された贅沢と位置付けられ、吉宗からは真っ先にリストラ対象になった大奥も、最初は切実な願いと全て奪われ尽くした人々の悲しみに満ちていた場所だったのだね…。なんというか人間の哀しさがこれでもかと描かれておりました。

 病で失われる命もあれば、人を支配するため秘密を守るために無残に奪われる命もあり。春日局に抑えつけられている家光も我が子を顧みずに家光を溺愛する春日局も、幼い頃から奪われ踏みにじられて今上様としてある少女も、秘密を知っているために死ぬまで大奥から出られない人々も皆修羅の道に踏み込んだ哀しいひとばかり。同じ苦界に落ちながらたったひとり救うべきひとを見つけた有功とこの上様はこれからどういう運命を辿るのでしょうかねえ。

 吉宗の時代にも「お万の方」の名は伝わってましたね。そして事実はとても悲しい出来事が元になっていながら、後にはそれが形骸化してしきたりとして残っていたり、1巻を読み返してもいろいろ発見があって面白い。鎖国とキリシタンの排除とか表の史実に絡んでくるのも面白い。男女逆転現象もギャグじゃなくて歴史の必然として描かれていくのですよ、面白いなあ~~。

 まだこのふたりの話は続くみたいだけど、世継が生まれて無事育ったら不幸な結末が待ってるとか…ないといいなあ。1巻の水野もハッピーエンドだったしね。吉宗の時代には将軍が女なのも大奥が男の園なのも国内的には秘密じゃなくなってるわけだし、この時代にその基礎になるような何かがまだあるんだと思うけど。春日局が遺したという「滅日記」…春日でさえ男系社会の存続を諦めるほどのどん底がまだあり、そこからどんな一大意識・構造改革があって男女逆転社会に転換したのかなあとかいろいろ気になります。その後また吉宗の時代に戻るのかなあ?あの上様とその周りに集まりつつある才気実力兼ね備えた人たちなら、終焉に向かっているこの国をどこかには引っ張ってってくれそうな…それがどういう方向に行くのかが予想できなくて楽しみです。

大奥 2 (2) よしながふみ(JETS)



comic | よしながふみ
CM:0 | TB:0 |
<<ONE PIECE 44巻 | 日々是好日 | 【ドラマ】のだめカンタービレ #9>>



Comment
コメントの投稿
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

Trackback
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 日々是好日 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。