FC2ブログ
読書の欠片ネタバレあり
05≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07
スポンサーサイト  [Edit]
-------- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告
|
めりくりでした(過去形)  [Edit]
2006-12-25 Mon
 ほとんどPC前に座れない一週間でしたー。でも大掃除はほぼ終わった…消耗が激しいため回復までしばらくお待ちください<読書。

 基本的に活字>映像で、たまにドラマや映画観てもキャストよりはドラマ重視だったんですが、やっぱり東京でいろいろ話してきた影響ですかね?役者さんの演技を観るのが楽しいです~。普段割と役者さんを個別認識しない方だったんですけどようやくいろいろと顔と名前が一致しました…というわけで映像強化週間続行中で「スウィングガールズ」と「誰も知らない」を観る。最近は原作が漫画か小説でキャラや物語がかっちりしたのばかりだったので、こーいう曖昧な感じの日本「映画」はどこか懐かしい。

 「スウィングガールズ」はファンタジーというか、中古楽器が町工場で再生したり、ブランド品売ったお金で新品の楽器が揃ったりのすっ飛び感もありながら、やっぱり演奏シーンは気持ちよかったです。線路の上を歩く夏も青春な感じだったけど、雪の中で演奏する冬のシーンがよかったな。今年はまだそこまで寒くないけど雪国の吐く息の寒さや手の冷たさを思い出した。本仮屋ユイカちゃんが印象的だったかな。あとネズミ?の人形がかわいかった・笑。上野樹里ちゃんはやっぱりのだめを演ってから普段ものだめっぽくなったのね(←スマスマ)

 「誰も知らない」は、冒頭の、(その時は分からなかったけど妹が入ってる)スーツケースを汚れた指がなぞるシーンを見て、あーこれ観るの辛いかも…と思った、ら、やっぱり辛かった…。隠れ住みながらも4人の子供たちはそれなりに幸せな日々を送っていたというけれど、その幸せはこんなにも母親の存在だけに頼って成り立っているものなのだ。それなのに…。希望をもたないように感情を押し殺した表情も、たまに子供らしく笑ったりするところさえも却って見てるのが苦しかったす;
 柳楽くんは才能がどうとかよりとにかくあの目力に圧倒されちゃいますねーかわいいってよりすでにかっこいい…でも子供だということを強く訴えかけるあの存在感。大人になった彼が見たいですねー「風味絶佳」も観るか。あと韓英恵ちゃんもすごい印象的で気になる子だわ~。
 あら、カセリョーが出てる。気付かなかった…是枝監督作品連投ですね<「花よりも」


 平行して「カバチタレ」と「少年は鳥になった」を観る。あら、どちらもちょうど同じ年?

☆「カバチタレ」(2001/CX)

 癒し?オアシス?常盤貴子よりいろいろ乾いてそうな深津絵里の気持ちがわかるわ~~いっしょにごはん食べてるだけで潤うよね!肉買っていきたくなるよね!!「4才の時にした、姉ちゃんと結婚して家を建ててやるという約束は守らなくても罪に問われない」って例え話をしてるのに「嘘じゃないし。建ててあげるし」と真顔で言ってしまう子がかわいすぎです。そりゃニョニャンの相が出るに決まってます。あと幼稚園児の名札みたいなちょうちょの缶切り。実用品でかつかわいいという姉のツボを押さえたプレゼントによろり…。

 実のある恋愛が全くない(…)という年頃の女二人を尻目に一人で青春も謳歌してた彼ですが、その存在意義には潤いを求める女のドリー夢がニョジツに反映されてたかと・笑。1話以外本筋には全然絡まないのに必需品みたいな。役がいっつもやさしい男の子でたまに殴り愛ケンカシーンがあったりするのも、そういう癒し(?)が求められてんのね~なんて。でもこの頃はさすがにまだ求められてる通りに演ってるというかほとんど素みたいな気もするけど、最近のドラマじゃ彼自身の意思みたいなものを感じますね、うん。つかいくら弟でも全裸で飛び出すなーっ………はあ、癒されました(いやケツにではなく)

 「なにわ金融道」で女二人主人公はありえないだろうと思ったけど、やっぱり原作漫画とは設定からして大分変わってたのね。常盤さんと深津さんの、女の友情ってより夫婦(めおと)な感じも珍しいコンビだったし、依頼人次第で正義にも悪にもなる法律家の葛藤もなかなかおもしろいドラマでありました。篠原涼子が結構お気に入り。ひとつひとつのエピソードは必ずしも終わってないというか、法律としては決着ついてもその後の人生はどうなったのかしらと気になるところもあるんだけどね。一番気になるのは一話で砂堀り船に売られた保坂…笑。いやでも、あのラストが一番好きだったけどね。


☆「少年は鳥になった」(2001/TBS)

 普段だったらまず見ない実話系のドラマですが、一応。心臓に先天的疾患を抱えて16まで生きた男の子の話。「自分を大事にしてとにかく生きてほしい」という母の気持ちももちろんよく分かるんだけど、ただ安静にしてるだじゃ生きている実感は湧かないよね。周囲の願いが重々分かってるだけに、何かを為したいという自分の気持ちの行き場をなくしてぽっかりと空っぽになるのがかわいそうだなと思ったり。それにしても母親の存在感でかすぎ…

 身体の弱い美少年役も似合うっちゃ似合うけど、今の路線のがやっぱり好きだわ。彰が私にとって特別な存在だということを、いろいろ見てますます強く思う今日この頃。上手いと言えば友達役の風間のが自然で上手かったけど、そんな過去もみんな彰に繋がると思えば愛しいから不思議です・笑。



media mix | 山P
CM:0 | TB:0 |
<<【ドラマ】のだめカンタービレ #10 | 日々是好日 | 【ドラマ】のだめカンタービレ #11>>



Comment
コメントの投稿
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

Trackback
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 日々是好日 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。