読書の欠片ネタバレあり
10≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12
スポンサーサイト  [Edit]
-------- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告
|
蜜月 「火宵の月」外伝  [Edit]
2007-03-12 Mon
 本編でいまひとつハッキリ分かってなかった有匡さまと火月の行き先…えええ~別の次元だったんですかああ?!過去に戻ったんだと思ってたよ…火月のいない琥龍とか有匡さまがいない文観とか考えられなひ。鎌倉はどうなるんだ~?

 …とかちょっと思いましたが、なんだそれぞれそれなりにうまくやってるみたいですね、ちっ・笑。

 琥珀×禍蛇、「蜜月」。アオ○かい…ま、獣だからね・笑。変化期迎えた禍蛇は予想通りキレイっしたv それでもまだ余裕ぶっこいてる琥龍もらしくってよかったす(空気読め!笑) 相変わらず現代感覚バリバリの会話やギャグを盛り込んでるのに、それでも異世界の空気があるのがやっぱりすごい。鎌倉と唐土、どちらの空気感も大好きでした。

 神官×文観(逆にあらず)、「雨夜月」。今回の3(バ)カップルの中で一番萌えるのがこの二人。他人を拒み、誰にも心の内を見せないように生きてきた二人のはじめての恋は、なんともヒリヒリして中毒性があるのですねー。児…どっちに似ても性格悪そう…。ところで文観は自分が有匡さまと義兄弟になったこと、おまけに妖狐の血を引く息子の親になったことをどう思ってるんでしょう。うーん有匡さまカムバック。気まずい二人が見たいです・笑。

 有匡さま×火月、「朧月」。雛ちゃん仁ちゃんかわいい~~~vv(そこか) 「母親」になってしまった火月に凹んでしまうあたり、やっぱり有匡さまも「放っておくとのたれ死ぬ」フツーの男なのよね。本編では結局知ることができないままだった妖狐の母親の想いが語られて、これで本当に有匡さまが縛られてたものから開放されたなーと満足。おとーたんがんばれ~v

蜜月~「火宵の月」外伝 平井摩利(花とゆめ)



comic | 平井摩利
CM:0 | TB:1 |
<<TUKKOMI for Nメン | 日々是好日 | えいとネタ?(でもタグはNで)>>



Comment
コメントの投稿
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

Trackback
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
FA企画【舞台部門】さくらさくらカンパニー 第9回公演 「歌舞綺fantasy 火宵の月 ~Unlimited Edition~」 原作 「火宵の月」平井 摩利(白泉社) 脚本・演出 中野 圭子 2008年10月12日(日) 14:00/19:00    10月13日(月祝)13:00/17:00 ?... …
2008-07-16 Wed 23:07 酒と桜と泪と芝居
| 日々是好日 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。