FC2ブログ
読書の欠片ネタバレあり
10≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12
スポンサーサイト  [Edit]
-------- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告
|
魔法使いハウルと火の悪魔  [Edit]
2005-01-24 Mon
 ハウル原作、聞いてた通り映画とは全然別物でしたー。そして予想通りこっちのハウルのが断然好きっしたv。ハウル×ソフィも、え、もう?!な突飛なとこがなくて自然だったし、話もすごいスッキリしてたよ?もっと青春ぽいというか(笑)なので私的にはこっちの二人のが萌えーv

 まずはソフィ、映画だと冒頭の内気で引っ込み思案な感じとおばーさんになってからのフッ切れ方にギャップがあって、どーしても自分を誤魔化してる感が拭えなかったんだけど、これは時間が限られててしかも映像で印象が固定されちゃうからしょうがなかったのかな。原作だと最初から「どうせ長女は失敗する運命なのよ」などと諦めを口にしつつ、何かこう怒りのパワーがあるというか、つい世話やいてしまう長女気質というか待ちが苦手な攻め属性というか(笑)。なのでおばあさんになってからのソフィとに違和感がなかったです。そしてハウルに対するアクションも映画とは正反対!なんだね(笑)。放っておけば闇に落ちてしまいそうなへたれハウルを救ってあげなきゃと思うことで段々素でいられるようになっていく映画と、意識すればするほど「好きになんか絶対なるもんか!」とハウルの魔法さえ強力ブロックしてしまう意地っ張りさがカワイイ原作と。そこここで心臓が跳ね上がったりもやもや言葉では言えない気持ちになったりしてるのに必死で抵抗してんのがかわいいです、くすv

 カワイイ、と言えばハウル~<「ねえソフィ」連発(笑)風邪ひいてるんだけどね攻撃とか(それをパタパタ世話するマイケルがまたかわいいんだ・笑)、機嫌のすこぶる悪いソフィの顔見るなり「どうかお慈悲を!」とか。全然王子っぽくないんだけどなんかほのぼのしてて楽しそう。うん、段々ハウルが楽しそうになってくるんだよなーソフィといるようになってv。契約のせいで誰も愛せなくなってると思い込んでるハウルには恋愛はたいくつしのぎのゲームだったのに、ソフィといると予想はことごとくハズされるわ、呪いはどんどん成就するわで退屈してるヒマがない(笑)。ハウルにとって「人生が退屈じゃない」って教えてくれる存在ってのは何より大きいんじゃないかなあー。それは他人と関わらないと得られないもので、だからこそこれまでハウルの手には入らなかったものなんだよね。故郷でもどこか浮いてたハウルは素のままの自分を見せることが苦手だっただろうし…愛してるのにうまく伝わらない分かりあえないって経験は自然他人と距離を置かせてしまうから。縛られるのが嫌いなんだとマイケルは言ったけど、多分縛ることの方がもっと嫌なんじゃないかなあー…嫌というか、それを口にすることが出来ないんじゃないかと。だからこっそり窓を故郷に繋いで、マイケルもなし崩しに弟子にして、縛らず近くに置いておくことがハウルなりの愛情なんだよね…でもそれはやっぱりどこか孤独だし淋しい…

 そういうハウルが段々変わっていくのが嬉しいし、だから自分には原作ハウルの方が身近で愛しいんだろうなー。自分の心の闇と戦うっていうの、正直あんまり分からなかったので;。縛るのが苦手だったハウルが遠回しにソフィが出ていかないように手を打ってんのも微笑ましいし~壮大じゃなくても、確かに変わって行ってるってのが感じられて。映画のように「家族」ってのも嫌いじゃないけど(でもマルクルがそれだけに使われたのがちょっと寂しかったケドー)、他人を寄せ付けなかったハウルの周りがいつの間にか賑やかになり、いつの間にか素で走り回ってるハウルをそのまんま受け入れてるのが、なんかジュブナイルぽくていいなあとv

 ああそうそう、そういう孤独さを抱えてるハウルだけど、でもそれにどっぷり浸かって落ち込んではいないんだよね。孤独も自分の一部だとちゃんと知ってる。一方通行でも守りたいものもある。別にへたれ…てないよなあ?ただ正直じゃないだけで(笑)本当はいろいろ動いてるのに、でも表面上はあくまで女たらしのフリしつつ、のらくら躱しつつ、本当のことは言おうとしない曲者なとこが好きー。十分大人だと思うんだけど、そういう自分のペースが通用しないソフィ相手だと段々ガキなとこも見えてきたりねv

 原作マイケルもいい感じの男の子だったわ~♪気を許してくれてからはかわいいし、マーサともお似合いカプだしv。ハウルと一緒に実はソフィを心配してたりするとこや、段々ハウルとも心が通じるようになって師弟っぽくなるとこも。レティーは最終的にはサリマンなのよね?王子じゃなく。これ、原作は三姉妹ってのがいいなあと。ソフィの性格は「長女」ってことを抜きにして語れないくらい長女気質だし、三人それぞれに(母親とも誤解が解けて)初々しいカプ誕生なのが何ともまあるくて幸せ気分に。こういう気持ちでパタンと本を閉じれるのがやっぱり好きなんだよねえ~。

魔法使いハウルと火の悪魔 ダイアナ・ウィン・ジョーンズ(徳間書店)



novel | DWJ
CM:0 | TB:0 |
<<1/24と言えば | 日々是好日 | しろいやみのはてで>>



Comment
コメントの投稿
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

Trackback
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 日々是好日 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。